『父子でお出かけや旅をしよう!』
秋田市在住の親子鉄マスター。パパサークル代表。父子・親子で楽しめる鉄道スポット、乗り鉄情報など(主に秋田地区中心)
5月に秋田地区で急行津軽が運転!懐かしの写真をいくつか。

急行津軽

5月18日と19日の2日間、秋田県の湯沢駅と青森県の弘前の間を急行津軽が運転されます。今回はEL+12系6両と書いてあったので、ED75と高崎の12系の組み合わせになるのでしょうね。懐かしいですね、急行津軽。

僕が知ってる急行津軽は14系座席車の時代ですが、残念ですが写真が残ってません。

そこで探してみたところリバイバル津軽で運転された時の写真がありました。上野からの運転だったと記憶してますが?

車両は秋田車両センターの583系でした。

 

急行津軽

こちらは青森駅で出発を待つ、当時の583系急行津軽。僕は秋田までグリーン車に乗車した記憶があります。考えてみると14系座席車の他にも583系、485系、古くは10系客車の時代もあったと思います。

 

急行津軽

そしてこの写真。上野駅でのEF65-1019、初代レインボー機ですが、実はこれ僕が中学時代に乗った急行津軽81号?82号だった臨時列車の牽引機でした。客車は12系。後ろにちょっとだけ映ってるのがわかりますかね?

12系のボックスシートに座ったまま上野まで行ったのを覚えています。友達とだったしほとんど寝られなかった(笑)

 

急行津軽

こちらは高崎の12系ですが、この時の牽引はC61-20。電気機関車が牽くとまた違う雰囲気でしょうね。

 

急行津軽

1日1往復を2日間です。乗れるかなぁ?切符撮れるかなぁ?

弘前城の桜も終わったころだと思いますがきっと気持ちよく旅ができるでしょう。

ぜひ春に乗ったみたい列車のひとつですね。

 

【リンク】

JR東日本の春の臨時列車案内(PDFファイル)

 

【親子鉄】イベント情報など : comments(0) : - : 親子鉄マスター(父子旅):本田正博 :

鉄道コム

最後の青森485系が廃車回送。青森485系の思い出を。

485系

昨日元青森車両センターに留置されていた最後の485系青森車(6連)が廃車回送されました。郡山で解体になるのでしょうかね。夜の時間帯で見送りに行けなかったので過去に乗った485系青森車の写真を何枚か探してみました。

まずは2011年8月家族で函館に行ったときに乗った特急白鳥。新青森から函館まで。青函トンネルを140劼撚走する姿はかっこよかった。

 

 

485系

こちらは2013年ころでしょうか。青森駅に行ったときに入線してきた特急白鳥の回送と思われる485系。もはや汚れが目立ってきてますね・・・。

 

 

485系

こちらは特急つがるに転身した485系。秋田までは4両で運転されていました(現在はE751系が引き継いでいます)。試運転の時は6両で秋田まで来ていたんですけどね、結局4両のままです。それだけ需要がないので仕方がない・・・。

 

 

485系

秋田駅に着いたばかりの特急つがる。朝と晩の列車はそれなりに乗客もいたのですが、青森と秋田を通して乗車される方が少なかったようです。一時期(新青森まで新幹線が開通したころ)臨時特急つがるで青森と大館を結ぶのに485系が投入されましたが、需要喚起とはならずにその後なくなりました。秋田でも1編成解体が行われていましたが、もはやその姿もなく。

最後の1本も郡山にて解体。特急型485系最後の車両もなくなるんですね。寂しい限りです。

 

【リンク】

485系特急つがるの紹介

485系とE751系特急つがる乗り比べ

 

 

鉄道ニュース・写真(北海道・東北) : comments(0) : - : 親子鉄マスター(父子旅):本田正博 :

鉄道コム

秋田地区懐かしい冬の鉄道写真を

E3系こまち

4日前まではほとんど雪も消えていた秋田市ですが、この爆弾低気圧の影響でまた暴風雪です。今日いっぱい続くでしょうかね。交通事故や転んで怪我などしないよう気を付けましょう。というわけでネタがないのでまたまた過去帳から。

過去に1月に撮影した雪の中の列車たち。まずは秋田駅を出発する直前のE3系こまち。出発前なのに車体が凍ってますね。寒々しい・・・。

 

485系

こちらは2月初旬だったかもしれません。特急かもしかから引退した485系を使った臨時列車だったと思います。車体に雪はついてませんね。そしてテールランプもなぜかついていない?

 

特急いなほ

同じく485系ですが、こちらは新潟の特急いなほT編成。日本海の荒波をバックに雪の田畑とともに一枚。

本当に寒くて風の強い中列車を待っていた記憶があります(^^;
見るからに寒いですね。

 

キハ58

こちらも2月頭だったかもしれませんが国鉄時代の横手駅での1枚だと記憶しています。このあと団体臨時列車エレガンスアッキーが神宮寺駅付近で吹き溜まりに突っ込み立ち往生。奥羽本線が不通となり、僕らは横手から秋田市までタクシーで帰ってきました。

神宮寺付近では数年前に秋田新幹線も吹き溜まりにつっこみ脱線しましたね。その後フェンスができたりして風、雪対策がなされた箇所です。

 

 

特急秋田リレー号

こちらも今は亡き特急秋田リレー号。北上駅にて。

秋田新幹線の改軌工事の1年間だけ走ったキハ110系を利用した特急。今は普通車に改造された各地で活躍していますね。もっと写真を撮っておけばよかったなぁ。帰省の際に何度か乗った記憶だけが残っています。

 

こちらは年始の急行よねしろ(か快速になってからか定かではないのですが)。秋田駅にて。

出発前でもはやこの状態。北日本の車両たちはほんと雪の中よく走っていますね。

 

特急あけぼの

最後は臨時列車になってからの寝台特急あけぼの。土崎駅にて。

年始だったか年末だったか曖昧ですが、いずれこの年も雪は少なかったはず。

今年も暖冬といわれていますがやはり雪がないということはないんですね。今週末は大学入試センター試験。天候が回復して受験に影響が出ないことを祈ります。

 

 

鉄道ニュース・写真(北海道・東北) : comments(0) : - : 親子鉄マスター(父子旅):本田正博 :

鉄道コム

485系の夜行といえばムーンライトえちご以来かなぁ?

 

きらきらうえつ

なんと!すでに発表されているのでご存知かもしれませんが、新潟車両センターのきらきらうえつを使用して直江津から秋田までの夜行列車が運転されるそうです。これは珍しい企画(団体列車)ですね。

出発が3月27日(木)で直江津を22時19分発、途中何度かドア扱いがあり秋田には7時15分着。

その後仕事に行ける時間帯ですね(笑)

 

座席夜行列車なんて久しぶり、しかも485系だなんて。僕は新宿から新潟まで運転されていたムーンライトえちごしか乗ったことがありません(急行津軽も一時期485系で運転されていましたね)

 

ムーンライトえちご

これが2012年に乗った時のムーンライトえちご。新潟車両センターのK1編成だったような気がします。

グリーン車で寝ましたが、まぁ座席が硬くてほとんど寝られなかった記憶が(笑)

今回のきらきらうえつ夜行列車の旅はどうでしょうかね?

まだ受付中のようですので興味のある方はぜひご乗車のほどを!

 

【リンク】

小田急トラベルの該当ページへ

 

【親子鉄】きらきらうえつ・特急いなほ : comments(0) : - : 親子鉄マスター(父子旅):本田正博 :

鉄道コム

きらきらうえつ最前列と特急いなほ豪華グリーン車の旅

きらきらうえつ

無計画の旅シリーズ(笑)。今年中の引退・廃車が決まっている485系「きらきらうえつ」。

もう何度か乗りたいなと思っていたのですが、たまたま最前列の席を取ることができたので鶴岡から酒田まで20分ですが堪能してきました。秋田からきらきらうえつを利用するのはやっぱり難しく(ダイヤ上、逆方向なので)、秋田延長運転の際にゆっくり乗ってみたいな。

 

きらきらうえつ

さすがに遠目で見るときらきらしてますが、近くでは汚れが目立ってきました。先に引退したNODOKAも最後のころはボロボロでしたもんね。

 

きらきらうえつ

ここが最前列の指定席。もちろんその前に展望室がありますが、この席でも十分に堪能できますね。

リゾートあすなろに続いて2回目です、最前列。たった20分しか乗れなかったのが残念・・・。

大人でももちろん子どもたちはここから見る風景は楽しいでしょうね。ずっと運転士さんの後ろから前を見ていた子もいましたよ。

 

特急いなほ

話が前後しますが、今回のもう一つの目的は特急いなほ豪華グリーン車に乗ること。

これまでも何度か乗ってますが、やっぱり1車両に18席しかないグリーン車は豪華ですよ。これにアテンダントさんがいればグランクラスみたいですよね。

 

 

特急いなほ

ちょっと暗いですが、一人用でもこんなに広いスペース。ゆっくり座ることもできるし、前後を気にすることはありません。

他の特急もこのグリーン車になれば乗車率が上がりそうな気がしますが。

 

特急いなほ

グリーン車にもちょっとした展望スペースがあります。なので座席に座ってるだけじゃなく、展望スペースから日本海や鳥海山などを見ることもできるんですよ。この空間は贅沢ですねぇ。

 

酒田駅

秋田を出発し、鶴岡で10分後に折り返し酒田へ。

さてここで時間が余ります。次の電車まで1時間50分あるのでお昼でも・・・と思ったけどなかなか見つからず、

 

八雲神社

まずは酒田駅近くの神社でお参りを。

その土地に来たらまずは挨拶と感謝、そしてこれからの良縁を祈願してご飯を食べに歩き出しました(でもなかなか見つからず1時間近くうろうろと・・・)。

 

酒田駅

酒田駅構内を見ると先ほど乗車してきたきらきらうえつ、特急いなほ(ハマナス色)そして陸羽西線のキハ110などなど。

秋田では見ることができない車両ばかりで新鮮な感じになりますね。

で、肝心のお昼ご飯は駅東口の三日月軒でワンタンメンを食べて、お腹を満たしました。酒田はラーメン屋さんが多いしはずれが少ないのでいいですね。

 

キハ110

帰りに見かけた羽越本線を走るキハ110。これも秋田では花輪線以外では見ることができませんね。

昨年夏に釜石線で快速はまゆりに乗って以来でした。羽越本線は電化されているのに普通列車の新潟方面行きはみな気動車なんですよね。不思議ですね。村上から直流になるから?

 

特急いなほ

この日の秋田方面行き特急いなほはすべてフルーツ牛乳色(とかってに呼んでますが)でした。

ハマナス(ピンク)か瑠璃色(青)だったらラッキーだったのになぁ。残念ですが、また機会に取っておきましょう。

でもこの乗車率の悪い酒田から秋田間の特急いなほ。いつまで走るんだろう?

特急つがるも然りですが・・・。

親子鉄じゃない乗り鉄 : comments(0) : - : 親子鉄マスター(父子旅):本田正博 :

鉄道コム