『父子でお出かけや旅をしよう!』
秋田市在住の親子鉄マスター。パパサークル代表。父子・親子で楽しめる鉄道スポット、乗り鉄情報など(主に秋田地区中心)
秋田総合車両センターウォッチングで583系発見!

秋田総合車両センター

本当は秋田車両センターにいるらしい試運転中のGV-E400系を見に行ったのですが見つからず・・・、ところ変えて秋田総合車両センターウォッチング。DD51の置き場所が変わったと聞いてましたが、よく見ると奥にクハネ583の姿が!?

結構目立つところに動いてきましたね。719系は相変わらずです。今年のように雪がほとんどない冬だったらまだ走れたのかもしれません、ちょっと引退が早かったかも?そして手前は元高崎のDD51-897。

 

 

秋田総合車両センター

そしてこちらも元高崎のDD51-888、奥羽本線側へ移動していました。隣は先日入場したE231系?でしょうかね?こちらも武蔵野線への転用改造工事が行われるのでしょう。

 

 

秋田総合車両センター

そして踊り子号転用工事のE257系はまだ秋田にいます。さていつ出場するのかな?ダイヤ改正までには行くのでしょうか?奥にはマニ50、EF81、EF60-19の姿も見られます。これらは予算がついての解体なのでしょうかね。当面は見られるのかな。

 

 

秋田総合車両センター

ウォッチング中もひっきりなしに走る奥羽本線、ちょうどEF510-7牽引の貨物列車とEF510-3牽引のコンテナ貨物がちょうどすれ違い、その前後には701系、男鹿線のキハ40形なども。ちょうどこの時間帯は一番通りが多いのかもしれませんね。

 

 

秋田総合車両センター

別の角度からのE257系2000番台。暗いので明るく加工したら・・・。白飛びしてますね・・・。もっときれいでカッコいい車両なんですが。。。

 

秋田総合車両センター

最後に701系普通電車と高崎のDD51-888。この姿もいつまで見られるかな?

秋田総合車両センター : comments(0) : - : 親子鉄マスター:本田将大 :

鉄道コム

旧梅小路蒸気機関車館ウォッチング(京都鉄道博物館その3)

京都鉄道博物館

京都鉄道博物館の紹介その3は梅小路蒸気機関車館。ここは3度目の訪問だと思う(記憶があいまい・・・)のですが、なぜか過去の写真が1枚もなく。今回初めて写真を撮りました。それにしても全国でこれだけSLが勢ぞろいしているのはここだけですから迫力が違いますね。鉄道博物館から連絡通路を通っていくと扇形機関庫を上から眺めることができます。昔はこんな眺めはできなかった!

 

京都鉄道博物館

今でも全国の保存SLで活躍中、C11。梅小路のは生態保存なのでしょうか?ここにある蒸気機関車の状態は本当にいいですね。今にも走りだしそうな感じがします。

 

 

京都鉄道博物館

そしてこちら、形式はわかりませんが作業中のようでボイラーに火が入りいろいろとテストをしていました。弁慶号とかと同じ時期の古い機関車のように見えますね。

 

京都鉄道博物館

扇形機関庫とは別の建物の中にC57-1が修理?検査?をしている最中でした。結構バラバラになっていたので時間をかけてじっくりと修理するのでしょうかね。まだまだ現役で頑張ってほしい蒸気機関車の1つです。

 

京都鉄道博物館

そして構内を走るSLスチーム号用のC62-2号機。やはり煙を吐く姿はカッコいいですね。時間がなくて乗ることはかないませんでしたが、次は乗ってみたい。つばめのマークがまた素敵です!

 

京都鉄道博物館

C59はJR東海のリニア鉄道館にもありませんでしたかね?東海道線を高速で運転していたと聞いてます。この機関車もそうでしょうかね。それにしても綺麗。

 

京都鉄道博物館

C53は他に保存されているのでしょうか?京都以外で見たことがないような?独特の形をしている気がしますね。D51に慣れてるからでしょうか?

 

 

京都鉄道博物館

梅小路蒸気機関車館のSLたちは運転席まで見ることができるというのがいいですね。本当に中まで綺麗な状態で保管されていて機関車も本望でしょう。ファンとしてもとても嬉しい。運転してみたくなりますね。

実演してくれたら面白いでしょうね。やってるのかな?

 

京都鉄道博物館

こちらもとても綺麗な姿のC51。お召し機ですね。金色が輝いてます!これも動き出しそうなくらい綺麗でした。

 

京都鉄道博物館

そしてC58-1とD50-140の並び、扇形機関庫にいる機関車は全て動態保存じゃないと思えるくらい綺麗ですし、状態がものすごくいい。地方の公園に置かれている蒸気機関車とは大違い。

 

 

京都鉄道博物館

よくみるとみなトップナンバーですね。C62、C55、C58。C55も保存されてるのは少ないと聞いています。あれ?秋田市土崎の秋田総合車両センターでもC55のカットモデルがあったような?あ、C51の誤りですね、失礼しました。

 

京都鉄道博物館

こちらは9600、D51とB20。D51のトップナンバーもこちらに保存されているんですね。キューロクとデゴイチの組み合わせは真岡鉄道みたいですね。そしてB20のかわいいことかわいいこと(*^^*)

 

京都鉄道博物館

隅っこではSLやまぐち号として復活したD51-200が反対向きで置かれていました。冬の期間はこちらで検査なのでしょうかね?冬の間はSLやまぐち号は運転しないのか。

 

京都鉄道博物館

嵯峨野観光鉄道のDE10もいましたが、これは常駐なのですか?それとも検査のためなのでしょうか。と思って調べてみたらこちらはJR西日本の機関車で嵯峨野観光鉄道の予備機的存在なんですね。カラーリングを合わせているのか、なるほど。

 

京都鉄道博物館

旧二条駅の駅舎を使っている建物の中にSLの模型とその紹介文がありました。全部読む時間があればよかったなぁ。やはりこれだけの広さと車両がある京都鉄道博物館、とても数時間では周れませんね。今度は半日くらいかけてゆっくりと見に来たいと思います。

でも子どもたちは飽きるだろうなぁ・・・、やっぱり一人で行くしかないか(笑)

 

 

【こちらも参考にご覧ください】

【親子鉄】鉄道博物館やおススメ公園 : comments(0) : - : 親子鉄マスター:本田将大 :

鉄道コム

宮原総合運転所を初ウォッチング!

宮原総合車両所

新大阪で資格試験があったのですが、その間に時間があったので新大阪駅近くの宮原総合運転所(現在は網干総合車両所宮原支所)の周りをぐるっと見てきました。ネットではよく見ていましたが、ここにサロンカーなにわ、あすか、トワイライトエクスプレス、特急雷鳥、サンダーバードなどJR西日本を代表する名車がたくさんいたことはみなさんもご存知なはず。

でもそれらも次々と引退し今残っているのは???と思って出かけてきました。

 

 

宮原総合車両所

ここですよね、有名な場所。新大阪駅すぐ近くのこ線橋から見えます。で、よく見てみるとサロンカーなにわはいますが、あとはキハ189系(特急はまかぜ)と12系客車だけですね。残念だなぁ。もっと早くくればよかった。そして望遠レンズをもってくればよかったと後悔・・・。奥にはクモルですかね?事業用車両も見えました。

 

宮原総合車両所

線路沿いに歩いてみます。近郊型電車がひっきりなしに出入りする中、サロンカーなにわ、キハ189、12系客車はお休み中。そういえば10年前にキハ181系時代のはまかぜには乗ったことがありますが、キハ189系はありませんね。いつかこれに乗ってまた豊岡に行ってみたいなぁ。

 

 

宮原総合車両所

改めて思ったのですが14系客車の現役ってもうほとんどないんですね、サロンカーなにわと東武鉄道SL大樹の客車だけ?大井川鉄道にもJR北海道から移籍しましたっけ。急行津軽時代はよく乗っていたのに。

 

 

宮原総合車両所

ところ変わって新大阪駅にて。東海道新幹線もなかなか乗る機会がないので近くでじっくりと観察。N700系Aのマークも近くで見たのは初めてですが、よく見るとロゴの中にも新幹線が走ってるんですね。知らなかった。

 

 

宮原総合車両所

東京発博多行きののぞみ号がひっきりなしに入線してきます。当然新大阪止まりののぞみも。ホント本数が多いですね。しかも16両編成でどれも満席。大都市を結ぶ新幹線ってすごいなぁ。普段秋田新幹線しか見てませんからホームの長さ、人の多さに驚きます。そりゃ駅の中で迷子にもなりますよ(笑)

 

宮原総合車両所

次に東海道新幹線を見るときは乗車してみたいものです。2年前に新大阪から岡山まで500系Type Evaに乗って以来ですが、あれはN700系じゃないので。N700系って乗車した記憶がないかも???

新横浜に住んでいた時はよく新幹線を利用していましたが、当時はまだ300系が主力、500系がたまに、700系も初代のものでしたからね。

 

宮原総合車両所

最後に鹿児島中央駅行きのみずほ。九州にも行ってみたいですね。九州新幹線も乗ったことがないなぁ。いつか行く機会があるかな?順番が前後しますが、次回はまた京都鉄道博物館の続き、梅小路蒸気機関車館の紹介をしたいと思います。

 

【リンク】

Wikipediaの宮原総合車両所のページへ

 

鉄道ニュース・写真(西日本) : comments(0) : - : 親子鉄マスター:本田将大 :

鉄道コム

京都鉄道博物館を初体験!展示車両編その2

京都鉄道博物館

京都鉄道博物館のレポート第2弾です。まだまだ本館?というんですかね?の展示車両を。まずは全回もちらっとありましたが、キハ81系気動車。元々特急くろしおで活躍して引退したのですが、元をたどれば特急つばさでも使われていたので秋田にも縁があるんですよね。他にも特急はつかりのキハ81系は有名だと思います。愛称はブルドッグ。そのままです(^^;

日本でこの車両が残っているのはここだけでしょうか?

 

 

京都鉄道博物館

こちらは151系特急電車だと思います。運転席まで入ることができましたが、僕の時はちょっと混雑していて中までは・・・。今度はゆっくりとみてみたいものです。特急こだまのヘッドマークが凛々しいですね。大宮の鉄道博物館にあるのは181系でしたかね?やはり形が違いますね。昭和を代表する特急です。今は新幹線にその名を譲っていますね。

 

京都鉄道博物館

前回書いた大阪環状線仕様に変わった103系のトップナンバー、クハ103-1ですが、

 

京都鉄道博物館

ちょうど10年前の2010年に和歌山駅で見かけたときの写真がこれ。全く同じ車両ですね。この時は阪和線で使用されていたのかな?10年ぶりの再会で嬉しくなりました。いつまでも京都の地で親しまれてほしいですね。ちなみにこの後JR奈良線に乗ったら現役の103系に乗ることができました。その様子も後日!

 

京都鉄道博物館

JR西日本といえばトワイライトエクスプレスですよね。大阪と札幌をついこの前まで走っていたと思うのですがもう博物館入り。そしてトワイライトコーナーも充実しています。が、車内が見られないのが残念。豪華な車内にも入ってみたかった・・・。

こちらはカニ(電源車)です。

 

京都鉄道博物館

そして一番人気だったスイート?のある先頭車両。これに乗ってみたいですよね。ホームの反対側にはEF65のトップナンバーが。これも西日本で保管されていたんですね。

 

京都鉄道博物館

トワイライトコーナーには専用であったEF81もいれば隣にはEF58の姿も!JRになったころはまだ現役だったと記憶していますが、それも30年も前ですからね。大宮のガード下で保管されていたEF58も解体されたようですし、これだけ綺麗な姿を保っているのはもう少ないのでしょう。今にも動き出しそうですが。

 

京都鉄道博物館

お馴染み?の旧型客車もいました。こちらは高崎にも現役車両がいるので何とも思わずほぼ素通り(笑)

 

京都鉄道博物館

そして順番が前後しますが新幹線100系の姿も。カッコいいですね、今にしてみればサメのような顔つきですね。

これにはよく乗った記憶があります。東北新幹線の200系も一部同じ顔の車両がいましたね。

 

京都鉄道博物館

室内展示編最後は阪和線で最後に活躍をしていたEF52。これも1号機が展示されていました。いろいろと見てきましたがトップナンバーの車両が多いですね。よくぞ綺麗な姿に復元して展示してくれてるものです。

次回は梅小路蒸気機関車館を紹介しましょう。

 

 

【リンク】

京都鉄道博物館を初体験!その1 (01/20)もあわせてご覧ください。

【親子鉄】鉄道博物館やおススメ公園 : comments(0) : - : 親子鉄マスター:本田将大 :

鉄道コム

6月に特急鳥海が復活運転!

特急鳥海

今年のJR秋田支社の目玉?列車になるでしょうか。懐かしい特急鳥海が復活運転されることになりました。6月13、14日の2日間です。詳しい内容はこちら。

 

6月13日(土)と14日(日)には、羽越本線の羽後亀田〜秋田間開通100周年と、奥羽本線の鷹ノ巣〜青森間開通120周年を記念して、新潟〜秋田〜青森間で特急「鳥海」の運転が予定されています。うち1本は夜行列車です。運転時刻は次のとおり。

●6月13日(土)
・1号:秋田10時36分発→青森14時18分着
・2号:青森17時45分発→新潟翌7時03着
●6月14日(日)
・3号:新潟13時37分発→青森21時10分着

 列車は全車指定席です。車両はE653系特急形電車の国鉄色編成(7両)が使われます。

「鳥海」は、かつて上野〜秋田間を東北本線・奥羽本線経由で、また、上野〜秋田・青森間を羽越本線経由で結んでいた急行、特急と同じ列車名です。

特急鳥海

使用されるのは485系電車がもうないので、国鉄色に塗り替えられた水戸所属のE653系。通常秋田と新潟を結ぶ特急いなほで使用されている車両ですね。で、注目なのは青森から新潟まで夜行列車としても運転されるということです!

初日13日は秋田から青森まで、そして夜に青森を出発、翌朝14日に新潟に到着、また新潟から青森へ運転されるということ。久しぶりに長距離を走る特急が走るということですね。辛そうだけどファンにとってはたまらないでしょう。

 

 

特急鳥海

ちなみに小学校時代に撮った485系特急鳥海。このころは秋田と上野を結んでいたと思います。その後寝台特急となり青森と上野を走っていました(その時に乗車経験あり)。下記のリンクに特急鳥海について紹介していますのでご覧ください。

 

 

【リンク】

乗り物ニュースへ

 

 

特急鳥海
特急鳥海(廃止)

鉄道ニュース・写真(北海道・東北) : comments(0) : - : 親子鉄マスター:本田将大 :

鉄道コム