『父子でお出かけや旅をしよう!』
秋田市在住の親子鉄マスター。パパサークル代表。父子・親子で楽しめる鉄道スポット、乗り鉄情報など(主に秋田地区中心)
9/17 小坂鉄道レールパークでプラレール遊び開催!

小坂鉄道レールパーク

秋田県小坂町にある小坂鉄道レールパークでは毎月ボランティアで子どもたち向けのプラレール遊びを開催しています(僕が行ける日に限られますが)。

8月は酷暑のためお休みしていましたが(屋外遊びのため)、9月は17日(月・祝)と30日(日)の2回開催したいと思ってます!

うちの子ども(小坂駅の子ども駅長)は久しぶりにブルートレインあけぼのに泊まれると喜んでました。子どもにとっては約1年ぶりだからなぁ。

 

 

小坂鉄道レールパーク

雨天でない限りは決行します。ちょっと天気予報では微妙ですがなんとかもってほしいですね。プラレール車両点検も兼ねての実施になりますので動かない車両もあるかもしれません。その場合は修理後に動かしますので少しだけ待っていてくださいね。

 

 

小坂鉄道レールパーク

9月最初の3連休の最終日です。お近くの方はぜひ遊びにいらしてくださいね。

プラレール遊びは無料ですが、小坂鉄道レールパークの入館料はかかりますのでご承知おきください(大人500円/小人250円/幼児以下無料)。

 

【リンク】

小坂鉄道レールパーク公式ホームページ

 

【親子鉄】小坂鉄道レールパーク : comments(2) : - : 親子鉄マスター(父子旅):本田正博 :

鉄道コム

11月に快速「EL日本海庄内号」運転(EF81+ばんえつ物語12系)

EF81+ばんえつ物語

通常新津と会津若松を走るSLばんえつ物語の12系客車を使った臨時列車が11月10日と11日に新津〜酒田まで運転されることになりました。けん引するのはEF81。今年はC57-180が故障のためSLばんえつ物語ではなくDLばんえつ物語として運転されますが、今回はELバージョン。

ちなみに写真は2014年に秋田で運転された際の返却回送の様子です(秋田駅にて)

 

 

EF81+ばんえつ物語

運転日は、2018年11月10日(土)、11日(日)で10日が新津(9:09発)〜酒田(13:21着)、11日が酒田(10:10発)〜新津(13:13着)とのこと。1日で往復しないんですね。

編成は、EL+12系7両「ばんえつ物語」客車です。どのEF81が使われるのか楽しみですね。

希望は最近ローズピンクになり転属したEF81-97号機だといいなぁ。

 

EF81+ばんえつ物語

この豪華グリーン車に一度乗ってみたいものですね。本当はSLばんえつ物語として乗車したいですが、今年度は無理なので来年の運転に期待したいところ。

ちなみに同日には新潟と酒田間に快速きらきらうえつも走ってますので乗り比べしても面白いかもしれませんね。

 

レトロ大館号

ちなみにこちらは暗くとほとんどわからないと思いますが・・・。2014年10月下旬に秋田と大館を走ったED75+ばんえつ物語の快速レトロ大館号。多分ばんえつ物語の車両が秋田で運転されたのはこの時が最初で最後ではないでしょうかね?

また秋田でも運転してほしいなぁ。

 

【リンク】

JR東日本新潟支社のプレスリリース(PDFファイル)

 

 

【親子鉄】イベント情報など : comments(0) : - : 親子鉄マスター(父子旅):本田正博 :

鉄道コム

運用に入っていない?719系秋田色@秋田車両センター

719系秋田色

秋田に転属してから1日1運用をこなしている719系元赤べぇ編成。それが数日前から秋田車両センターの端っこに置かれたままで運用に入っていない様子です。どうしたのでしょうかね?検査待ちとかならいいのですがちょっと心配です。

こちらは今朝の様子。通常であればこの時間は運用に入っているので元気に走っているのですが。

 

719系秋田色

こちらは昨日の夕方の様子。雨の中パンタも下げて留置中です。

先日の大曲花火臨でも使用されていたということでつい先日まで走っていたのですが。

どなたかわかる方がおりましたら教えてください。

 

 

719系秋田色

せっかく鉄道模型にもなった719系秋田色。これからも異色を放ちつつ活躍してほしいですね。

 

【追記】

Twitterで情報をいただきました。先日の山形県の豪雨のため奥羽南線の線路の状態がよくなれば(復旧すれば)運用に入るとのことで、現在は701系4連で代走してるようです。故障じゃなくてよかったですが、一日も早い復旧を祈りたいですね。

 

 

秋田車両センター : comments(0) : - : 親子鉄マスター(父子旅):本田正博 :

鉄道コム

EF64-1001がいる?秋田総合車両センターウォッチング9/8

秋田総合車両センター

何気なく秋田総合車両センターウォッチングをしていたら奥の奥にEF64の姿が。正直番号までは見えなかったのであとから拡大したら1001号機のようでした。まだ出場していなかったんですね。先日の秋田総合車両センター一般公開でも置かれていたのでそろそろ帰ったのかなと思ってました。

 

 

秋田総合車両センター

一方こちらEF81-137だと思われる機関車。置かれてる場所が変わりましたね。ナンバーをはじめ、パンタグラフや一部のガラスなども取られていますがそれ以外はまだ手を付けていないのでしょうか。EF81もどんどんと姿を消しています。京都鉄道博物館ではトワイライトカラーが保存されていますがそれ以外はありませんよね、小坂でブルートレインあけぼのと一緒に置いてくれたらファンは喜ぶでしょう。運ぶお金がないけど・・・。

 

秋田総合車両センター

さらに奥にサハ209ですかね?先日は6両くらいいた気がしたのですが今は2両になりました。

こちらは先頭車等への改造待ちでしょうか?それとも廃車?

 

 

秋田総合車両センター

最後に珍しいのがいるなと思ったらE653系いなほ編成が入場中。

このEC整備室では7両は入りきらないようで必ず頭が出ます。先日青森改造センターから元総武線の車両が来たようですからまた何か動きがあるのでしょう。最近なかなか来られない秋田総合車両センター。

今年はいろんな動きがありますね。

 

 

秋田総合車両センター : comments(2) : - : 親子鉄マスター(父子旅):本田正博 :

鉄道コム

海外譲渡がなくなった24系ももうすぐ3年・・・

24系客車

2015年11月に青森車両センター(当時)から「あけぼの」等で利用された車両27両が海外譲渡のために秋田臨海鉄道の秋田港駅に運ばれてきてもうすぐ3年。今でも大浜ふ頭でその27両が輸出されずに置かれています。

そしていよいよですが錆が目立つようになってきました。ご覧のオハネフ(白帯)も錆びてきてますね。

 

 

24系客車

こちらのオハネフ(金帯)も錆が帯に係ってきてるのがわかるでしょうか。

日に日に劣化していってます。正直見てるのが辛い。でも現在完全に宙に浮いている状態のようなので誰も手が出せない24系たち。救いたくても所有者がはっきりしないので手も出せないし税関の敷地にあるし。このまま朽ちていくのを待つのでしょうか・・・。

 

 

コキ車

一方秋田港駅に置かれたままの下JR貨物のコキ車とDE10たち。これらももう動かせないでしょうね。

特にディーゼル機関車はエンジンもかけていないので。車輪は回ったとしても機関車としては機能しないのでは?

 

コキ車

運ばれてきた当時は秋田港から輸出して海外で活躍することを願っていましたが、まさか3年もここに置かれたままになるとは。

川崎や室蘭、新潟からも鉄道車両の輸出がありますがそちらでは順調にいってるのでしょうかね?

秋田も最初の取り組みがこれですからこの先どうなる事やら・・・。

 

鉄道ニュース・写真(北海道・東北) : comments(3) : - : 親子鉄マスター(父子旅):本田正博 :

鉄道コム