『父子でお出かけや旅をしよう!』
秋田市在住の親子鉄マスター。パパサークル代表。父子・親子で楽しめる鉄道スポット、乗り鉄情報など(主に秋田地区中心)
2019年も大井川鉄道できかんしゃトーマス運転決定!

きかんしゃトーマス

2014年から大井川鉄道(静岡県)で走り続けているきかんしゃトーマス(リアル版?)ですが、無事に著作権元との契約が結ばれ来年2019年も走ってくれることが決定しました!

我が家はきかんしゃジェームスが走り始めて2015年に乗りに行きましたねぇ。暑かったぁ、あの日は・・・。

徹夜明けで仕事してその夜に秋田を車で出発し翌朝まで運転しっぱなし。最高に疲れた記憶だけはあります(笑)

 

 

きかんしゃジェームス

きかんしゃトーマスはなかなか切符が取れなかったのであえてジェームスが走る夏休みの平日に行きました。

 

 

客車

この日ほど旧型客車に冷房が欲しいと思ったことはなかったですね。外気は38度。おそらく車内は40度超え。

冷凍ミカンのおいしかったことおいしかったこと。詳しくは下記の乗車記をご覧ください。

いずれにしても来年もトーマスがみられてよかった!これは大人も驚くリアルさですよ。まだの方はぜひ!

 

 

大井川鉄道のプレスリリース

 

 

【リンク】

きかんしゃジェームス 
大井川鉄道きかんしゃジェームス号に乗っていく大井川鉄道満喫の旅(2015年)

 

大井川鐡道公式ホームページ

 

【親子鉄】第3セクター・私鉄 : comments(0) : - : 親子鉄マスター(父子旅):本田正博 :

鉄道コム

キハ48元うみねこ編成解体中ほか@秋田総合車両センターウォッチング

キハ48うみねこ編成

ちょっと衝撃的な光景でした。秋田総合車両センターでは冬は解体作業が遅くなる(特に雪が降ると)と思っていたところにキハ48元うみねこ編成が潰されている途中で・・・。奥にはKenjiのキハ58やキハ28の姿も。これまで485系の解体などは建屋内でやっていたので外でやってるとは思いもよりませんでした。

 

 

秋田総合車両センター

本当は先日入場したE257系とか209系を探しに行ったのですが、こちらにはキハ48の元八戸線の車両も。こちらも解体待ちですね。その隣にはサハ209の姿も。手前の雪山に置かれている扉はどの車両のものでしょう?

 

 

209系

そしてサハ209の廃車車両もたくさん置かれていて、扉も開きっぱなし。すべてが連結されていなかったので1両ずつ解体置き場へ送っているのでしょうかね。

 

 

209系

真冬なのに扉も開きっぱなし。秋田にいる209系は寒々と見えますね・・・。

 

209系

こちらのサハも扉が開きっぱなし。冬になってもどんどん解体が進んでいるので意外と早く鉄くずになってしまうのかもしれません。そういえば先日動かされていたモハネ582はどうなったのでしょうかね?

新たに改造をしてる車両もあればこのように解体されていく車両も。

 

Kenjiのキハ58はどこかで保管でもしてくれればいいのになぁ。

秋田総合車両センター : comments(0) : - : 親子鉄マスター(父子旅):本田正博 :

鉄道コム

蓄電池電車が秋田に来て2年が過ぎましたね

 

EV-E801系

2年前の冬、12月11日にACCUMこと蓄電池電車EV-E801系が秋田に甲種回送されてきました。2両編成の新時代の電車。

奥羽本線ではパンタグラフを上げて架線から電気をとって走り、非電化区間の男鹿線内はパンタグラフを下げて、車体下にある蓄電池電車から電源を供給し走ります。今ではすっかり男鹿線の顔になったのかな?

 

 

EV-E801系

甲種回送されたときの写真です。

ベースはJR九州の車両ですが、色が違うとイメージもだいぶ違いますね。

男鹿といえばなまはげ。赤と青の色はなまはげからきているのでしょう。

 

EV-E801系

初年度は1日2往復の固定運用で、検査時にはキハ40系が入っていました。現在は1日3往復。ただ2両の1編成しかないので検査時は代走にキハ40系が入っています。これ以上増えないのでしょうか?

かなり値段が高い電車だとは聞いているのでこれから先増えるのかどうかが気になるところですね。

 

 

EV-E801系

気になるのは全部ロングシートだということ。

観光で男鹿に行く方もいると思うのでセミクロスシートにしてほしかったなぁ。テーブルがあるといいなぁ、などなど。

静かで乗り心地はとってもいいんですけどね。増備するなら観光にも使える車両にしてもらいたいなと思いますね。

 

【リンク】

車両紹介EV-E801系(Accum)

 

鉄道ニュース・写真(北海道・東北) : comments(0) : - : 親子鉄マスター(父子旅):本田正博 :

鉄道コム

6年前は583系わくわくドリーム号がいた秋田車両センター

583系わくわくドリーム号

ネタがないので6年前、2012年12月12日の秋田車両センターの一コマ。ちょうど583系わくわくドリーム号が出発準備中でした。

こんなに雪があってもしっかり日本海沿いに走って舞浜まで行ってたんですね。

仙台から転属してきて最初の冬を迎えた時ですね。その後2017年4月まで走り続けてくれました(わくわくドリーム号は2016年の12月最後だと思いますが)

 

 

秋田車両センター

このころは右からE751系特急つがる、E653系特急いなほと並んでいたので写真も撮りやすかったのですが、今ではバラバラに置かれているのでなかなか絵にならない。こればかりは運用の都合もあるので言えませんけどね。

 

今日の秋田市は明け方からの雨で雪もだいぶ解けました。でも週末にかけてまた積もりそうですね。

忙しい12月、皆さんも事故やけがに気を付けて過ごしてください。

 

【リンク】

わくわくドリーム号 
583系わくわくドリーム号で行く東京ディズニーランドの旅(2016年)

 

20150929-13.jpg 
583系わくわくドリーム号で行く東京ディズニーランドの旅(2015年)

 

秋田車両センター : comments(0) : - : 親子鉄マスター(父子旅):本田正博 :

鉄道コム

秋田も冬本番。719系もこれくらいの雪ならへっちゃら?

719系秋田色

この週末は全国的に(特に東日本、北日本)冷え込みましたね。秋田もついに雪が積もってしまいました。

そんな秋田車両センターには出発を待つ719系がいつものようにスタンバイ。磐越西線時代も雪には慣れていたし、秋田の冬も二度目?なのでまだまだこれくらいでは。って感じで出発を待ってるんですかね?
秋田の場合は積雪よりも凍る方が厄介ですね・・・。
元気にこの冬も乗り越えてほしいな。
鉄道ニュース・写真(北海道・東北) : comments(0) : - : 親子鉄マスター(父子旅):本田正博 :

鉄道コム