『父子でお出かけや旅をしよう!』
秋田市在住の親子鉄マスター。パパサークル代表。父子・親子で楽しめる鉄道スポット、乗り鉄情報など(主に秋田地区中心)
三陸鉄道に新駅設置!2019年末!

田老駅

写真は2015年(東日本大震災から4年後)の三陸鉄道田老駅です。

岩手県の宮古市田老町の中心部にあったこの駅ですが、大震災後嵩上げ工事などがあり駅の中心部が移ってしまいました。

それにあわせて来年度末に『新田老駅』が誕生するようです!

 

 

田老駅

ちなみにその当時の田老駅近くの国道から海側の様子。

震災から4年が経っていますがほとんど復旧されていない状態でした。

 

 

田老駅

田老駅はやや高台にあったため、津波がギリギリでとどまったとか。

この手前まではすべて飲み込まれたそうです。当時のたろう観光ホテル支配人から話を伺いました。

JR山田線の繰り入れも含め三陸鉄道が岩手県の久慈から宮古、釜石を経て盛まで繋がる日も遠くはありません。

三陸地方全体がこれを契機にさらに復興に近づいてもらえると嬉しいですね。

 

それにしても今回の西日本豪雨と言い日本は完全に災害列島になってしまった感があります。

いつどこで何が起きてもおかしくない。備えあれば患いなしの言葉をしっかりと心に焼き付けておかないといけませんね。

 

 

【リンク】

鉄道ニュースのニュースページへ

 

 

【親子鉄】第3セクター・私鉄 : comments(0) : - : 親子鉄マスター(父子旅):本田正博 :


鉄道コム


マイクロエースの719系秋田色をゲット!初運転はいつかな?

719系

僕の大好きな顔をもつ719系の秋田色がマイクロエースから発売されました(というか発売されてました。気が付かなかった(^^;)

というわけでアマゾンでポチっとしたら早速到着!

 

719系

4両編成そのままH10編成H-13編成が模型化されたのでしょう。

まずは正面等写真を撮ってみました。まだ走らせてないので動きはわからないのですが。

なんだかライト回りが甘いような気も・・・。

 

 

719系

秋田でもたった4両しかいない貴重な車両。しかも朝と夜しか運転されていないのでほとんどの人は知らないでしょう。

これを鉄道模型運転体験とかで走らせてもわかってくれる子どもたちはいるのかな?と思いつつ好きなので買ってしまいました。

 

 

719系

こちらの通りの4両ですが、M車はどれかな?一番下のかもしれません(まだ上の2両しか取り出していないもので)。

早くどこかで走らせたいなぁ。701系との共演ができればいいのですが、あいにく僕は701系を持ってません(田沢湖線用の5000番台はありますが)。701系も買わないといけないぁ、あまり気が進まないけど。

 

 

719系

実車です。

故障も多いようですがせっかく模型化されたのでまだまだ頑張ってほしい。

 

【Nゲージ】マイクロエース : comments(0) : - : 親子鉄マスター(父子旅):本田正博 :


鉄道コム


E3系は今日戻るの?@今朝の秋田車両センター

昨日Twitterを見ていたら交番検査でE3系が秋田車両センターにいるとありましたので今朝行ってみると(といっても通勤路ですが)。いました。いつもの場所に。

 

 

雨の中なので暗く写ってますがE3系ですね。何編成でしょう?

先日来ていたのがR21ということなのでR22編成??時間があれば正面から撮りたかった・・・。

今日あたり仙台に戻るのでしょうかね。

 

 

そして留置線にはEV-E801系ACCUMの姿が。

でも行き先表示などがついてませんね。パンタグラフも上がっていない??今日はお休みでしょうか?

 

いつもより5分早く通るだけで雰囲気の違う秋田車両センターでした。

 

秋田車両センター : comments(0) : - : 親子鉄マスター(父子旅):本田正博 :


鉄道コム


今朝の秋田車両センターは719系とE751系の並び

今週は特にこれといった動きのない秋田車両センター、ちょっと気になったのは719系がだんだんと薄汚れてきたことでしょうか。

来たころは色の塗り替えなどもあったので綺麗に見えましたが、錆が・・・。

4両(2両×2編成)も故障したり先は長くないのかもしれませんが、バラエティーの少ない秋田地区において異彩を放つ719系。

なんとかもう少し頑張ってほしいなと思う今日この頃です。

 

ところで特急つがるの乗車率はこれ以上上がらないですかね?

いっそのこと快速列車にすれば利用者も増えそうなのに。

秋田車両センター : comments(0) : - : 親子鉄マスター(父子旅):本田正博 :


鉄道コム


7/8 小坂鉄道レールパークでプラレール遊びやりました!

小坂鉄道レールパーク

九州、中国、四国、近畿では大雨に見舞われて本当に大変な状況ですね。少しでも早い復旧を祈りたいと思います。

さて東北も7月7日七夕の日は大雨。しかもものすごく寒い日でした。

が、1日あけて8日日曜日は曇り空から時より太陽も覗かせ、気温もぐんぐん上がりましたね。

恒例小坂鉄道レールパークでのプラレール遊びも天候に恵まれ開催することができました!

 

 

小坂鉄道レールパーク

今回から雨除け、日よけのために大型のタープを2台設置しました。これで冷風機でもあれば夏場でも涼しく遊べるのですが何せ屋外なのでそこは難しいところです。

今月から新車両もたくさん増えてたくさん遊んでほしいなと思っていたところに、

 

 

小坂鉄道レールパーク

早速ブルートレインあけぼのに宿泊したという親子が遊んでくれました。

山形から来られた方、東京から来られた方と遠方から遊びに来た方も多く開催する側としても嬉しいですね。

天候のためかいつもの日曜日よりちょっと人は少なかったけどその分ゆっくりしたスペースで遊ぶことができたんじゃないかな?

 

それにしても新幹線人気は凄いですね。新しい車両に目もくれずやはり手に取るのは新幹線車両。

もっと増やさないといけないかなぁ。

 

 

あけぼの

ちなみにこの日のブルートレインあけぼの1号車(オハネフ)は片面が寝台特急北斗星に、そして

 

 

あけぼの

反対側は寝台特急出羽でした。これも懐かしいなぁ。

こんなちょっとした遊びを交えて宿泊客のおもてなしをしている小坂鉄道レールパーク。

夏休みにでもぜひ親子で泊りに来てください。

 

ちなみにホームページで×の表示になっていても電話をすれば空いてることもありますので!

 

 

【リンク】

小坂鉄道レールパーク公式ホームページ

 

【親子鉄】プラレール遊び : comments(0) : - : 親子鉄マスター(父子旅):本田正博 :


鉄道コム