『父子でお出かけや旅をしよう!』
秋田市在住の親子鉄マスター。パパサークル代表。父子・親子で楽しめる鉄道スポット、乗り鉄情報など(主に秋田地区中心)
今朝の秋田車両センターはリゾートあすなろ

秋田車両センター

金曜から土曜日にかけて大雨に見舞われた秋田県内。その土日に土崎から酒田までの運転が予定されていたリゾートあすなろが今朝の秋田車両センターに待機中でした。青森へ戻るところでしょうかね。

せっかくリゾートしらかみ青池編成との並びが撮れたのに電柱が・・・。

なかなか写真の撮りやすいところで並んでくれませんね。

 

 

秋田車両センター

これは先週の秋田車両センターの様子。

最近一般色のE653系ばかりだなとブログに書いたら翌朝は瑠璃色でした。たしか木曜か金曜日だったような?

リゾートしらかみ青池編成、クルージングトレインと並べばブルートレインを彷彿させてくれますね。

今ですと青一緒に近い車両はあまりないように思えます。

(伊豆急のロイヤルエクスプレスとか富士急あたりでしょうか?)

 

秋田車両センター

最後に昨日の秋田車両センターの様子。

秋田地区在来線の車両が揃ってました。719系もせめて1日1運用ではなくもう少し使ってもられると乗れる機会が増えるんですが。

夜と朝の運用だけだとなかなか乗車機会がなくて・・・。通勤通学にはいいんでしょうけどね。

 

 

秋田車両センター : comments(0) : - : 親子鉄マスター(父子旅):本田正博 :


鉄道コム


由利鉄の新車両は「おもちゃ列車なかよしこよし」に決定!

なかよしこよし号

秋田県を走る第三セクター由利高原鉄道(旧 国鉄矢島線)に新たなラッピング車両が誕生します。そのためのクラウドファンディングも成功し、7月に鮎川駅近くにある旧鮎川小学校⇒鳥海山木のおもちゃ美術館にリニューアル予定にあわせての車両ですが、デザイン案が公開されました。

 

 

なかよしこよし号

そのイメージ図を公式ホームページで見ていたらなんと!

 

車内まで大改造!

 

単純にラッピングだけだと思っていたのでこれは親子鉄にはベストな車両になりそうです。何といっても車内に木のおもちゃの遊び場もあります(JR九州のあそぼーいの車内にある木のおもちゃスペースに似てます)。

いずれにしてもおもちゃ美術館の7月オープンにあわせて登場するであろう「おもちゃ列車なかよしこよし号」がどんな感じになるか今から楽しみですね。

 

【リンク】

由利高原鉄道公式ホームページの記事へ

 

【親子鉄】第3セクター・私鉄 : comments(0) : - : 親子鉄マスター(父子旅):本田正博 :


鉄道コム


今朝の秋田車両センターは青い森鉄道の701系

701系

今日は朝から雨模様の秋田市。今朝の秋田車両センターには青い森鉄道の701系が停車中でした。

また車輪を削りに来たのでしょうか。このところよく見かける気がします。

横に描かれているラッピングはなにでしょうかね?ここからは見えない・・・。

 

 

特急いなほ

特急いなほ8号運用のE653系も最近は一般色が多いような?瑠璃色、ハマナス色をしばらく見ていない気がします。

日中の秋田運用に入ってるのかな?

数年前の車両の置き方と変わって柱がかぶってなかなか正面を撮ることが難しくなりました。

 

583系と485系国鉄色の並びなんて最高だったんだけどなぁ・・・。

 

秋田車両センター : comments(2) : - : 親子鉄マスター(父子旅):本田正博 :


鉄道コム


風っこ返却前の秋田車両センター5/14

秋田車両センター

更新が遅くなりました。2日前の朝の秋田車両センター。弘前で運転されていたびゅうコースター風っこが置かれていました。

まだ寒かったせいか窓がはめられていますね、もう少し暖かくなったらトロッコ仕様になるのかな?

基本的にこの2両プラス別のキハ40系がつくことが多いので2両だけというのは久しぶりにみました。

 

 

秋田車両センター

他にも仕事を終えた?キハ48系あきたクルーズ号、ED75の姿も。

583系が引退してからあまり動きが感じられない秋田車両センターですが、こうしてたまに来る珍客がいるとワクワクしますね。
キハ40系も引退が近づいてきていますが益々の活躍を期待したいところです。

 

 

秋田車両センター : comments(1) : - : 親子鉄マスター(父子旅):本田正博 :


鉄道コム


小坂鉄道レールパークでのプラレール遊び好評でした!次は6/9・6/10

ブルートレインあけぼの

GW明けて最初の週末。小坂鉄道レールパークでは今期最初の「ディーゼル機関士への道」(本格的な運転体験)が行われました。

そしてそして僕も今期最初のプラレール遊びを開催!昨日は雨の予報もあったので天気が気になりましたが、何とか最後まで曇りのままでもってくれたので来てくれた子どもたちはたくさん遊んで行ってくれました。

 

 

DD133

小坂鉄道レールパークでは今年からでしょうか、花もホームで出迎えてくれます。季節の植物(特に花)があるだけで季節感がでて雰囲気がいいですね。

 

 

 

プラレール遊び

GW明けの週末なのであまりお客さんが来ないかなぁと朝から寂しく思っていたのですが・・・、

 

 

 

プラレール遊び

10時を過ぎたころから少しずつお客さんも増えてだんだんと賑やかに。

今年はプラレール車両も線路も増えたので運ぶのが大変ですが、その分たくさんの人で遊べると思いますよ。

来月から日よけ、雨除けのテントも倍になるのでもっと広さをとって遊べるようにします。

 

 

プラレール遊び

ちなみにほんの一部ですがプラレール車両を並べてみました。これらはほんの一部でして、あとはきかんしゃトーマスシリーズもあるし、もちろん近郊型電車や新幹線各種(東北系が多いですが)、私鉄特急などもあります。

数えてないのでわかりませんが250両は超えたんじゃないかなぁ。

 

 

 

プラレール遊び

お子さんたち用の記念撮影コーナーはブルートレインあけぼのの近くに移りました。

記念に写真を撮ったら是非Facebookページなどでチェックイン&拡散してください!

今年はたくさんのお客さんに楽しんでもらいたいと思ってますので。

 

次回は6月9日、10日のアカシアまつり時に開催します。

時間は9時過ぎから14時ころまでの予定です!

 

 

【リンク】

小坂鉄道レールパーク公式ホームページ

 

 

【親子鉄】小坂鉄道レールパーク : comments(0) : - : 親子鉄マスター(父子旅):本田正博 :


鉄道コム