『父子でお出かけや旅をしよう!』
秋田市在住の親子鉄マスター。パパサークル代表。父子・親子で楽しめる鉄道スポット、乗り鉄情報など(主に秋田地区中心)
485系の夜行といえばムーンライトえちご以来かなぁ?

 

きらきらうえつ

なんと!すでに発表されているのでご存知かもしれませんが、新潟車両センターのきらきらうえつを使用して直江津から秋田までの夜行列車が運転されるそうです。これは珍しい企画(団体列車)ですね。

出発が3月27日(木)で直江津を22時19分発、途中何度かドア扱いがあり秋田には7時15分着。

その後仕事に行ける時間帯ですね(笑)

 

座席夜行列車なんて久しぶり、しかも485系だなんて。僕は新宿から新潟まで運転されていたムーンライトえちごしか乗ったことがありません(急行津軽も一時期485系で運転されていましたね)

 

ムーンライトえちご

これが2012年に乗った時のムーンライトえちご。新潟車両センターのK1編成だったような気がします。

グリーン車で寝ましたが、まぁ座席が硬くてほとんど寝られなかった記憶が(笑)

今回のきらきらうえつ夜行列車の旅はどうでしょうかね?

まだ受付中のようですので興味のある方はぜひご乗車のほどを!

 

【リンク】

小田急トラベルの該当ページへ

 

【親子鉄】きらきらうえつ・特急いなほ : comments(0) : - : 親子鉄マスター(父子旅):本田正博 :

鉄道コム

きらきらうえつ最前列と特急いなほ豪華グリーン車の旅

きらきらうえつ

無計画の旅シリーズ(笑)。今年中の引退・廃車が決まっている485系「きらきらうえつ」。

もう何度か乗りたいなと思っていたのですが、たまたま最前列の席を取ることができたので鶴岡から酒田まで20分ですが堪能してきました。秋田からきらきらうえつを利用するのはやっぱり難しく(ダイヤ上、逆方向なので)、秋田延長運転の際にゆっくり乗ってみたいな。

 

きらきらうえつ

さすがに遠目で見るときらきらしてますが、近くでは汚れが目立ってきました。先に引退したNODOKAも最後のころはボロボロでしたもんね。

 

きらきらうえつ

ここが最前列の指定席。もちろんその前に展望室がありますが、この席でも十分に堪能できますね。

リゾートあすなろに続いて2回目です、最前列。たった20分しか乗れなかったのが残念・・・。

大人でももちろん子どもたちはここから見る風景は楽しいでしょうね。ずっと運転士さんの後ろから前を見ていた子もいましたよ。

 

特急いなほ

話が前後しますが、今回のもう一つの目的は特急いなほ豪華グリーン車に乗ること。

これまでも何度か乗ってますが、やっぱり1車両に18席しかないグリーン車は豪華ですよ。これにアテンダントさんがいればグランクラスみたいですよね。

 

 

特急いなほ

ちょっと暗いですが、一人用でもこんなに広いスペース。ゆっくり座ることもできるし、前後を気にすることはありません。

他の特急もこのグリーン車になれば乗車率が上がりそうな気がしますが。

 

特急いなほ

グリーン車にもちょっとした展望スペースがあります。なので座席に座ってるだけじゃなく、展望スペースから日本海や鳥海山などを見ることもできるんですよ。この空間は贅沢ですねぇ。

 

酒田駅

秋田を出発し、鶴岡で10分後に折り返し酒田へ。

さてここで時間が余ります。次の電車まで1時間50分あるのでお昼でも・・・と思ったけどなかなか見つからず、

 

八雲神社

まずは酒田駅近くの神社でお参りを。

その土地に来たらまずは挨拶と感謝、そしてこれからの良縁を祈願してご飯を食べに歩き出しました(でもなかなか見つからず1時間近くうろうろと・・・)。

 

酒田駅

酒田駅構内を見ると先ほど乗車してきたきらきらうえつ、特急いなほ(ハマナス色)そして陸羽西線のキハ110などなど。

秋田では見ることができない車両ばかりで新鮮な感じになりますね。

で、肝心のお昼ご飯は駅東口の三日月軒でワンタンメンを食べて、お腹を満たしました。酒田はラーメン屋さんが多いしはずれが少ないのでいいですね。

 

キハ110

帰りに見かけた羽越本線を走るキハ110。これも秋田では花輪線以外では見ることができませんね。

昨年夏に釜石線で快速はまゆりに乗って以来でした。羽越本線は電化されているのに普通列車の新潟方面行きはみな気動車なんですよね。不思議ですね。村上から直流になるから?

 

特急いなほ

この日の秋田方面行き特急いなほはすべてフルーツ牛乳色(とかってに呼んでますが)でした。

ハマナス(ピンク)か瑠璃色(青)だったらラッキーだったのになぁ。残念ですが、また機会に取っておきましょう。

でもこの乗車率の悪い酒田から秋田間の特急いなほ。いつまで走るんだろう?

特急つがるも然りですが・・・。

親子鉄じゃない乗り鉄 : comments(0) : - : 親子鉄マスター(父子旅):本田正博 :

鉄道コム

East-i Dとくまげら、719系がお休み中の今朝の秋田車両センター

秋田車両センター

今朝の秋田車両センターウォッチング。リゾートしらかみ くまげら編成は出番がないのでお休みなのはわかりますが、先日復帰したEast-i Dに係員が乗り組んでいました。これから庫内で検査でもあるのでしょうか?

3連休中に出番があるとは思えないので。

 

 

秋田車両センター

こちらは夜から朝にかけての仕業を終えて戻ってきた719系。今夜の仕事に向けて一休み中です。

さすがに秋田に来て2シーズン目の冬となると色もだいぶ褪せてきた感じがしますね。また各所に汚れが。しっかり手入れしてまだまだ活躍してほしいところです。

左奥に五能線のキハ40がいますね。気が付かなかった。

 

 

秋田車両センター

帰ろうと思ったら秋田新幹線E6系が秋田駅から戻ってきました(左)。仙台からの1番列車でしょうかね。

この連休中は秋田市も穏やかな天候が続きそうです。臨時の新幹線こまちもたくさん運転されますし、まだまだ席も空いてるようなので冬の秋田へ遊びにいらしてください!

 

雪がほとんどないのであまり冬らしくないかもしれませんけどね(^^;

 

 

秋田車両センター : comments(0) : - : 親子鉄マスター(父子旅):本田正博 :

鉄道コム

秋田総合車両センター解体待ちウォッチング

キハ58Kenji

日中少し時間が取れたので秋田総合車両センターウォッチングをしてきました。

先日は見えなかったキハ58もキハ28の奥にいましたね。もう1両のキハ58が見えなかったのでもしかすると建屋の中?

解体作業中???最後まで「急行」幕のままでいるのでしょうね。

 

 

キハ40

こちらは八戸線のキハ48でしょうか。どうやら昨日も青森からキハ40たちが送られてきたようですが、こちらはその前のもの。

既に車内の椅子などはないように見えます。幕も抜かれてますかね?

 

209系

そしてサハ209たちも解体ラインに移動されました。キハ58-75とのショットもこれが最後でしょうか。

解体待ちの車両も少しずつ減ってきているので余計寂しさを覚えます。

 

秋田総合車両センター : comments(0) : - : 親子鉄マスター(父子旅):本田正博 :

鉄道コム

3両で復活!East-i D@今朝の秋田車両センター

East-i D

一昨年でしたっけ?わたらせ渓谷鉄道での脱線事故で使用不能となっていて中間車両が戻ってきて試運転等を行っていた秋田車両センター所属のEast-i D(キヤE193系)がついに3両に復活して秋田車両センターに戻ってきました。

昨年は中間車両を除いた2両で各地へ検測に出ておりましたがこれで本来の業務も果たせますね。

 

 

あきたクルーズ号

そしてピントがずれてますが・・・。いつもE751系が置かれている場所にはキハ48系あきたクルーズ号が。

冬場ここに置かれる車両は吹きっさらしなのでかなり痛々しく思えます。583系もずっとここに置かれていましたね。

せめて壁をつけるとかすればいいのに。

 

大切な車両でも海からの雪と風をまともにうけると錆びてくるんでしょうね・・・。

秋田車両センター : comments(0) : - : 親子鉄マスター(父子旅):本田正博 :

鉄道コム