『父子でお出かけや旅をしよう!』
秋田市在住の親子鉄マスター。パパサークル代表。父子・親子で楽しめる鉄道スポット、乗り鉄情報など(主に秋田地区中心)
冬の名物?あきたホリデーパス発売!
秋田ホリデーパス

冬になるとどうしても屋外に出たくなくなるもの。
特に秋田の1月〜2月はなかなかどうして・・・。2月の小正月行事には臨時列車も走るのでそれなりに利用はあると思いますがそれ以外は多分ぐっと乗客は減るでしょう。
リゾートしらかみも土日しか運転しませんし。


そこでこんなお得な切符が昨年から発売されています!
『あきたホリデーパス』

◆発 売 額 おとな 2,400円/こども 1,200円/大人の休日倶楽部会員 1,850円
◆発売期間 2017年12月8日〜2018年2月18日
◆利用期間 2017年12月16日〜2018年2月18日までの土日祝日 但し12月23日〜1月8日の間は毎日ご利用いただけます。
◆有効期間 1日間 

ということ。友達と家族と一緒に冬の秋田を旅してみてはいかがですか?全線乗れますよ。
(新幹線等に乗る場合は別途特急券、指定席券などが必要になりますが)正月にどこか行ってみようかな。
【親子鉄】鉄道イベント・他 : comments(0) : - : 親子鉄マスター(父子旅):本田正博 :


鉄道コム


カシオペア紀行返却回送を雪の鹿渡駅で待つ

カシオペア紀行

このところほぼ毎週末運転されているカシオペア紀行。上野発青森行きということで毎週日曜日には返却回送されていました。奥羽本線、羽越本線、上越線を経由して。

でもなかなか日曜日はタイミングが合わず実はカシオペアが走っているところを見たことがありませんでした。

 

それがこの11月の終わり、雪が降り始めた11月19日に初めてカシオペア紀行の返却回送を見ることができたのです!

(ちょうど子どもたちもバスケットの試合を見に行き、自分の仕事も昼過ぎには終わったので)

 

カシオペア紀行

場所はJR奥羽本線の鹿渡駅。駅係員に断って駅に入るとやってきました!

遠くからEF81機関車に引かれたカシオペア紀行が。ネットで調べたところ鹿渡駅には40分近く停まるということでゆっくり撮れるかなと思いやってきたのです。

 

 

カシオペア紀行

機関車の向きが逆なのでヘッドマークも後ろについていたんですね。

こちらのスイートルーム?の中も見てみたかったなぁ。本当はゆっくりと車外から見学しようと思っていたのですが・・・。

雪のため物凄く寒くて・・・。一通り写真を撮って退散しました。

 

 

カシオペア紀行

今時12両編成の客車列車なんてありませんからね。

懐かしいなぁと。小坂鉄道レールパークのブルートレインあけぼのも4両ですからちょっと寂しいですし。

秋田か、せめて青森発のカシオペア紀行があれば乗ってみたいですね。設定されないのかなぁ?

 

 

カシオペア紀行

こちら鹿渡駅に進入してきたカシオペア紀行。

明るく見えますが実は吹雪いてます・・・。もう冬ですね。カシオペア紀行もいつまで走ってくれるのか。

引退にならないうちに乗ってみたいものですが。、東京発ばかりだからなぁ・・・。

 

 

鉄道ニュース・写真(北海道・東北) : comments(0) : - : 親子鉄マスター(父子旅):本田正博 :


鉄道コム


1年前は583系わくわくドリーム号に乗っていた・・・

583系わくわくドリーム号

11月18日はミッキーマウスの誕生日なんだそうです。そんな話で思い出したのが昨年の今日。そういえば子どもたちを連れて583系わくわくドリーム号に乗った日でした。あれから1年、早いなぁ、そして車両は廃車になりましたね・・・。

(台湾に2両送られたので秋田には現時点で4両しかないはず)

583系わくわくドリーム号

ちょうど1年前の写真です。綺麗ですね、全検を通して1年弱の時だったのでまだまだ綺麗でした。

583系わくわくドリーム号

走りにも古さも感じさせなかった583系。多分これが最後のわくわくドリーム号だろうなと思って子どもたちと遊びに行って大正解でした。

その後4月のさよなら運転をもって引退となったのはみなさんよくご存じでしょう。

583系わくわくドリーム号

こちらは中段です。この時は満席だったので1人1寝台ではなく(まだ1番下が添寝だったので)中段、下段で3人寝泊まり。

そしてディズニーランドでは大雨にたたられ濡れたまま車内に戻ってきたのを覚えています。

あれから1年経った今日も雨。いろいろな思い出がデジャヴしますね。

まだ乗りたかったなぁ、583系・・・。

【リンク】

親子鉄おススメ・わくわくドリーム号乗車記(2016年)

【親子鉄】583系わくわくドリーム号 : comments(0) : - : 親子鉄マスター(父子旅):本田正博 :


鉄道コム


青い森鉄道701系がいた今朝の秋田車両センター2017/11/16

秋田車両センター

今年に入って頻繁に顔を見せている青い森鉄道の701系電車。検査のために秋田車両センターに来ているようですが、これで今年4回目?5回目?くらいだと思います。いつも自走でくるようなのでやはり盛岡車両センターに行くよりも近いから秋田なのでしょうか?

 

 

秋田車両センター

いずれにしても秋地区を走ることはない電車なので興味深いですね。

今朝はE751系特急つがる、E653系特急いなほの隣に、キハ48系クルージングトレインと一緒に置かれていました。

昨日からいるのでいつまで検査がかかるのか?

 

 

秋田車両センター

方や出発準備中のHB-E300系リゾートしらかみ(青池とブナ)。昨日はここにキハ48系リゾートしらかみ くまげら編成もいたのでしらかみ三兄弟揃い踏みでしたが、今朝は既に回送されたようです。青森に行ったのかな?

冬が近づくにつれ1日3往復運転がだんだんと少なくなり、1月を過ぎると週末のみの運転となるリゾートしらかみ。

 

その間を利用して各地に出張にいって秋田や青森のPRなどをすればいいのになぁと思ってしまいます。

 

秋田車両センター : comments(0) : - : 親子鉄マスター(父子旅):本田正博 :


鉄道コム


昭和60年ころの485系特急たち

特急加越

小学生時代の写真を整理していたら古いものが出てきたので思わずアップしてしまいました。

ちょうど昭和60年(1985年)前後のものだと思います。1枚目はL特急加越。

平成になってから各地でリバイバル列車が運転されていましたが特急加越ってリバイバルされてないですよね?

地味な存在だったのでしょうか?あわら温泉か周辺の駅で停まっているところを撮ったものです(この時は特急白鳥に乗って秋田から大阪に向かっていました)

 

特急白鳥

その特急白鳥。羽後牛島と新屋の間にて。このころはボンネット車が先頭に立っていたんですね。

間近でボンネット車をみたことがほとんどないのですが、秋田でも走っていたとは。

 

特急雷鳥

特急加越を写したその前だったかと思いますが、特急雷鳥も1枚。駅は全く記憶にありません・・・。画像も荒いので特定するのは難しいですね。特急雷鳥にはその後2011年に最初で最後、大阪から京都まで乗ることができました。

特急雷鳥の引退数か月前のことです。

 

特急つばさ

こちらは大館駅にてだと思われるL特急つばさ。多分昭和59年だと思います。

L特急つばさには仙台行きとなったときに何度か乗ったことがありますね。リバイバル運転の時も写真を撮ったのですが、乗車機会がそれほどなかったのが今でも悔やまれます。

 

 

特急いなほ

最後にL特急いなほ。今でもE653系になっていなほは走り続けていますがそれ以外の特急はもうなくなりました。

新幹線など高速鉄道が主流の今となっては特急列車自体が珍しく、また貴重な存在ですね(逆に言えばそれだけ地方だからか?)。

 

特急列車を乗り継いでゆっくりと旅することができなくなりつつある現在。狭い日本そんなに急いでどこ行くの?って感じがします。もっと人生にゆとりをもってゆっくりと楽しんでみてもいいんじゃないかな?

 

とかいいつつ東京(横浜)出張は飛行機を使ってますが(^^;

鉄道ニュース・写真(西日本) : comments(2) : - : 親子鉄マスター(父子旅):本田正博 :


鉄道コム