『父子でお出かけや旅をしよう!』
秋田市在住の親子鉄マスター。パパサークル代表。父子・親子で楽しめる鉄道スポット、乗り鉄情報など(主に秋田地区中心)
特急踊り子・成田エクスプレスのグリーン車乗り比べ

185系特急踊り子

引退が見込まれている185系特急型電車。現在特急踊り子で運用されているもののもう何時乗れるかわからないので短区間ですが、横浜から東京まで乗ってみました。それもまだ乗ったことがないグリーン車に。国鉄車両の185系ですが、未だに走ってるのはある意味凄いですよね。おもえば過去に3回くらいしか乗ったことがないんですよね。本当はゆっくりと伊豆まで行ってみたいものの・・・。

 

 

185系特急踊り子

懐かしのストライプ柄の特急踊り子。よくみたらサロ(グリーン車)なのに窓と席の場所があってないんですね。当時の国鉄車両としては当たり前だったのかな。改造車じゃないのに。

 

 

185系特急踊り子

見た目は普通車のようなグリーン車内。でも普通車に比べシートピッチ(広さ)は十分だなと感じました。

 

 

185系特急踊り子

前の席との間もあるのでゆっくりと座ることができます。シートも国鉄車両によくあるような深く座るものではなくて体を包んでくれるような、最近の車両の座席に近いかなと思います。更新されたりしたのでしょうかね?

 

 

185系特急踊り子

グリーン車車両に定番の足置きもこの通り。ゆっくりと座れます。ただ最近の車両と違って電源はありません。そこは仕方ない。

 

 

185系特急踊り子

ただこれがあります!

今の車両は窓が開きませんがこの185系は開きます。開けたことはありませんが(^^;

この錠があるのもなんだか懐かしいですね。ローカル線の気動車にはまだありますが。

 

259系特急成田エクスプレス

さて横浜から東京まで踊り子を堪能した後は、逆に東京から259系成田エクスプレスで帰ります。

これももちろんグリーン車。実は前に一度だけ新宿から成田空港まで乗ったことがありますので今回がグリーン車2度目。

普通車にはマリンエクスプレス踊り子で乗ったことがあるので今回が通算3度目ですね。

 

 

259系特急成田エクスプレス

初代成田エクスプレスの253系からこの赤と黒の色遣いが素敵ですね。とても高級感がありシックで外国の方を考慮して幅が広い!座席もゆったり。

 

 

259系特急成田エクスプレス

シンプルでも高級感があり、しかも車内wifiも使えて電源も取れる。もう最高です。

新幹線のグリーン車に乗ってる感じ。

 

 

259系特急成田エクスプレス

足元も当然ゆったり。荷物スペースも別にあるので本当にゆっくりできます。

成田空港から各地へはもちろんですが、もっと遠くまで乗っていきたい車両ですね。

 

259系特急成田エクスプレス

wifiが使えるならやっぱりコンセントも欲しいですよね。

この車両についてはさすがに文句のつけようがありません。

こんな感じで国鉄車両とJR特急を同じ区間で乗り比べてみましたが、時代の違いは確かに感じました。

でもどんな数十年前の車両がまだまだ頑張ってるというのもなんだか嬉しいですよね。特急じゃなくてもいいのでどこから185系にはこれからも走ってほしいな。

 

鉄道ニュース・写真(関東) : comments(0) : - : 親子鉄マスター(父子旅):本田正博 :

鉄道コム

なぜかE235系に乗れない・・・東京駅電車ウォッチング

E235系

以前も書いたかもしれないのですが山手線にE235系が登場して早数年。年に何度かしか乗らない山手線ですが、まだ一度も乗ったことがありません。いつも見かけるんです。反対側を走っていたり一本前だったりと。

でもいざ乗ろうとすると必ずやってくるのが、

 

 

E231系

E231系の電車。今現在E235系とE231系ではどのくらいの比率なのでしょうかね?

そのうち全車置き換わるとしてもまだ乗ったことがないのでE235系の車内が気になります。

先週末1時間ほど時間があったのでそんな東京駅でウォッチング開始。今回は在来線です。

 

 

E531系

上野東京ラインができてから常磐線の乗り入れも開始されましたがE531系を東京駅で見かけるというのはまだ新鮮な感じがしますね。

 

 

E657系

こちらは品川行きの特急ときわ(ひたちだったかな?)。まだE657系の普通車に乗ったことがないので乗ってみたいものの。なかなか常磐線方面に行く機会がないのですよね。

 

 

E231系

東海道線のE231系。一番見慣れた車両かも。

 

 

スーパービュー踊り子

最後にスーパービュー踊り子を見ようと思ったらちょうど品川から特急ひたちが反対側に。

そして並んでくれました。スーパービュー踊り子も後継車両が発表されたので先が見えてきた感じですね。この独特の2階建て車両は家族で乗るには最高だと思います。子どもたちを連れて伊豆に遊びに行ってみたいなぁ。

 

 

【リンク】

親子鉄おススメ:スーパービュー踊り子の10号車で親子鉄を満喫!をご覧ください。

 

鉄道ニュース・写真(関東) : comments(0) : - : 親子鉄マスター(父子旅):本田正博 :

鉄道コム

千葉駅で出会った車両たち

E255系

先日小湊鉄道といすみ鉄道を訪れた際に千葉駅で乗り換え時間があったのでその間にいた車両たちをウォッチングしてみました。

こちらは255系ですよね?この時は特急さざなみだったと思います。本当はいすみ鉄道の帰りに大原からこの特急に乗りたかったのですが、時間が合わず京葉線直通のE233系で帰ってきたのでまだ乗車したことがない車両の一つ。

あれ?そういえば昔鴨川シーワールドに行ったときに乗ったのかも??記憶があいまいで・・・。

E231系

もう一つ千葉駅で見かけたのは総武線の各駅停車。こちらは東京近郊でよく乗ってはいるものの、

E231系

このE231系もだいぶ押し出されてきてますからそのうち総武緩行線からも消えてしまうのかもしれませんね。

時代の移り変わりは早いなぁ。僕が東京に住んでいた15年前は201系だったのに。

209系

そして地元秋田総合車両センターで改造したところはよく見ていましたが、209系。

実際に走っているのはじめてみたのかも?

ボックスシートがついてる209系ってなかなか新鮮でした。これにも乗ってみたかったなぁ。

京浜東北線時代はほぼほぼ毎日乗ってましたね。

209系

こちらは千葉のエースとしてまだまだ活躍することでしょう。

【リンク】

鉄道ニュース・写真(関東) : comments(0) : - : 親子鉄マスター(父子旅):本田正博 :

鉄道コム

【乗車記】小湊鉄道を全線走破!!

小湊鉄道

昨日記事にしたいすみ鉄道ランチクルーズ列車の前に実は千葉県の五井から上総中野までを結んでいる小湊鉄道にも全線乗車してきました。ここはTVCMなどでも使われるのでご覧になったことがある方は多いでしょう。

未だに昭和30年代製造の気動車が現役で走り続けている小湊鉄道。

 

僕がボランティアで参加している小坂鉄道もこんな感じだったんだろうなと思いながら乗っていました。

 

小湊鉄道

五井の駅横には車庫と本社があり、そこにはたくさんのキハ200が留置されています。

最近運転を始めた里山トロッコ列車でしたっけ?は見ることができませんでしたが、昭和生まれにはこの非電化かつ気動車だらけの風景がとても懐かしく思いますね(とは言っても僕が物心ついたころは既にどこも電化されてましたが)

 

 

小湊鉄道

車内はロングシートなんですね。

ここはちょっとびっくり。さすがに都会を走るからなのでしょうか。

てっきりボックスシートだと思っていたので。

 

 

小湊鉄道

昭和38年製造です。未だに現役。

今年で50歳?昨年引退した583系よりも古いんですよね。僕よりも5歳先輩の車両でした(キハ204だったかな?)

 

 

小湊鉄道

こちらは検査した年月でしょうか、29年12月ってつい最近ですね!

まだまだ現役で活躍できるのでしょう。この昭和感を感じにオールドファンらしい乗客をたくさん乗せて2両編成の気動車は上総中野を目指し定刻で出発しました。

 

 

小湊鉄道

終点まで1時間ちょっと。

恐らく車で行く方が早くて便利なのでしょうけどたまにはゆっくりと過ぎる時間を体感するのもいいことだと思いますよ。

ディズニーランドのような夢空間もそうですが、この小湊鉄道といすみ鉄道も現実感がない異文化を体験できるテーマパークじゃないかなと思いました。

 

 

小湊鉄道

冷房はもちろんついていますが、扇風機も現役。

今では家庭でもこのような形の扇風機をみかけませんよね?

セピア色が似合いそうな風景。

 

小湊鉄道

ちなみにアドバイスをいただいたのですが、全線を通して運転される列車は一日5本しかなく、いすみ鉄道との接続がよいのも限られるそうです。ぜひ時刻表で調べて五井駅9:25発の列車で房総半島の内陸部を縦貫してみてください。

普段の忙しさや時間を忘れ、ゆっくりとした時を過ごせると思いますよ。

 

【リンク】

【乗車記】いすみ鉄道の伊勢海老特急(ランチクルーズ列車)

 

小湊鉄道公式ホームページ

 

鉄道ニュース・写真(関東) : comments(0) : - : 親子鉄マスター(父子旅):本田正博 :

鉄道コム

【乗車記】いすみ鉄道の伊勢海老特急(ランチクルーズ列車)

いすみ鉄道と小湊鉄道

念願だったいすみ鉄道のレストラン列車に乗ってきました!さる1月28日のことです。

ちょうど週末を挟んでの出張だったので今回は子どもたちとではなく僕一人での寂しい旅行に・・・。

でも伊勢海老を満喫するイタリアンコースだしアルコールもあるので大人同士の方がいいのかな?とも思いましたね。

 

普段秋田にいる僕としてはこのツーショットをただただ見たかった(できればいすみ鉄道のキハ28かキハ52だともっと嬉しかった)ので、これだけでも年願成就です。

 

いすみ鉄道

まずは大多喜駅に集合ということで上総中野から各駅停車に乗ります。

いすみ鉄道も近年車両が入れ替わりましたが、国鉄車両を思わせる形が何とも言えませんね。ただエンジンは物凄く静かなので最新だなぁと。このギャップがいいのかも。

 

あちこちにいるムーミンの仲間たちがかわいいですね。

 

 

いすみ鉄道キハ52

ちなみにこの日のキハ52、キハ28は検査とのことで運転されていませんでした。

こちらは大多喜駅の車庫にいるキハ52。車庫内にはキハ28の姿も。ただただ懐かしい(といっても乗ったことはありませんが)。

 

 

いすみ鉄道の車両

と思ったらいすみ鉄道の最新ディーゼル列車は国鉄色をしてるんですね!

粋な計らいだと思います。さすがは鳥塚社長をはじめとしていろいろなアイディアを出す会社。この日曜日は寒かったもののたくさんのお客さんで賑わっていましたよ。

 

 

伊勢海老ランチコース

さていよいよ出発の時間。

専用車両に乗り込みメニューや食前酒をいただき一人だけどとっても楽しい気分に。

1日フリー乗車券を入れるケース(袋)もまたいいですね。キハを全面に出してPRしてるところが大好きです。

 

 

伊勢海老ランチコース

前菜にも伊勢海老が。ここ千葉県は伊勢海老でも有名なんだそうです。知らなかった・・・。

伊勢海老も当然美味しいのですが、ソースと野菜がまた美味しい!

あっという間に食べてしまいました。

 

伊勢海老ランチコース

奥にいる方がシェフです。

狭い車内でしかも調理器もないので準備するのにとても苦労していると話してました。そうですよね、本当によくされてるなぁと感心します。

 

 

伊勢海老ランチコース

ここまでくれば伊勢海老三昧なのがわかるでしょう。

見るからに美味しそう!というか美味しいんです。僕は食レポはできないのでこの辺で勘弁を(^^;

 

伊勢海老ランチコース

メインです。

伊勢海老がまんまです(^^;

食べる際に身のはがし方も教えてもらいました。寒い時期にこのような暖かい料理を出すのは本当に大変でしょうね。

 

デザート

デザートはティラミスです。

コーヒーをいただいてコース終了。もう思い残すことはありません(笑)

とにかくお腹も満足、雰囲気も大満足のいすみ鉄道ランチクルーズ列車の旅でした。

 

キハ30

こちらは国吉駅に留置されているキハ30(元久留里線)。

資金やいろいろと問題はあると思いますがこれも動かしてくれるとさらに人が集まるでしょうね。

運転体験だけでもいいんじゃないかなぁ。

 

 

【リンク】

いすみ鉄道公式ホームページ

 

茂原市のイタリアンレストラン「ペッシェ アズーロ(蒼い魚)」

 

鉄道ニュース・写真(関東) : comments(0) : - : 親子鉄マスター(父子旅):本田正博 :

鉄道コム