『父子でお出かけや旅をしよう!』
秋田市在住の親子鉄マスター。パパサークル代表。父子・親子で楽しめる鉄道スポット、乗り鉄情報など(主に秋田地区中心)
【親子鉄おススメ】おもちゃ列車で行く木のおもちゃ美術館Part2

おもちゃ列車

11月18日。久しぶりに3番目の塾と4番目のスポ少が休みとなったので由利高原鉄道のおもちゃ列車に乗って鳥海山木のおもちゃ美術館に行ってきました。

というのも7月のオープン日にいったのですが、人が多かったことと、もう一つクラウドファンディングでいただいた入館券と矢島駅に飾るこけし駅長があったのでどうしても矢島駅に行きたかったのです。今回はなので出発点が矢島駅で鮎川駅(鳥海山木のおもちゃ美術館の最寄り駅)との往復となりました。

 

矢島駅

こちらがこけし駅長です。名前もつけてくれて嬉しいですね。他にもまだ来られていない方がいたのでここが全部埋まるとステキでしょうね!

 

おもちゃ列車

さておもちゃ列車「なかよしこよし号」の車内です。今回は普通のボックス席に座ってみたのですがやはり子どもたちはおもちゃコーナーで遊んでました。近所の小さな子どももいて一緒に遊ぶ姿はお兄ちゃんそのもの。大きくなったなぁとここでも成長を感じたものです(数年前までは一緒に遊んでもらう側だったのにねぇ)

 

木のおもちゃ美術館

鮎川駅からは無料のシャトルバスがあるので、乗り換えて5分。鳥海山木のおもちゃ美術館に到着。

美術館は元々小学校の廃校を利用したものなので内部はこんな感じ。僕らの世代ではなくもう一世代前の方なら懐かしいと思うでしょうね。廊下も木ですし、扉も木。サッシ以外は木造校舎をいかしたとても素敵な美術館です。

 

木のおもちゃ美術館

お昼についたので前回食べられなかったキッチンカフェへ。

 

木のおもちゃ美術館

最近メニューに加わったというカレーを食べるお兄ちゃんとおにぎりとうどんのセットにした弟。弟の方がボリュームたっぷりな気がする(^^;

子どもたちにも食べやすいマイルドなカレーライスでしたよ。大人はちょっと物足りないかもしれませんが。

 

 

木のおもちゃ美術館

さて最後というかお目当てはここ。体育館を改装した森のあそび場。

ここにある枝の中にたくさんのおもちゃの虫が隠れてます。それを探しては別の場所に移したり、小部屋があったり、ボールプールがあったりととにかくたくさんの木のおもちゃと触れ合える(遊べる)のがここの特徴。東京や山口にもあるようなのでいつか全部回ってみたいものですね。

 

木のおもちゃ美術館

ステージ上はおなじみカプラのコーナー。とあるお父さんがこんなに高くまで積み上げていました!

自分の身長よりはるかに高いですね!2階で見ていた僕らと同じくらいの高さにまで積み上げて、最後はみんなで倒して終了。

ここまで高く積み上げれば盛り上がるなぁ。

 

 

木のおもちゃ美術館

これも新しく見たおもちゃでしたが、NHKのピラゴラスイッチみたいなものでした。これも見てても遊んでても飽きないなぁ。

 

 

木のおもちゃ美術館

そういえばニュースでやっていましたが開館から4か月しかたっていないのに入館者が5万人を超えたそうです。

県外からのリピーターが多いとか。これだけ充実した施設ならそうかもしれませんね。また行きたいって思いますもの。

(滞在時間はそんなに長くないですが・・・)

 

 

鮎川駅

帰りの鮎川駅にて。カメラマン(スマホですが)その1と、

 

鮎川駅

カメラマンその2。そういえばどんな写真を撮ったのか見せてもらったなかった(^^;

 

 

【リンク】

おもちゃ列車
おもちゃ列車で行く「鳥海山木のおもちゃ美術館」への旅 (2018年)

【親子鉄】第3セクター・私鉄 : comments(0) : - : 親子鉄マスター(父子旅):本田正博 :

鉄道コム

秋田内陸線の初代急行型気動車引退・・・

AN8901気動車

秋田内陸縦貫鉄道が第3セクターとして開業して30年近く走り続けてきた初代急行もりよし号の車両AN8901がこの9月末をもって引退することが発表されました。JRへの乗り入れや豪華急行列車としてたくさんのお客さんを運び続けたこの車両もいよいよ終焉です。赤字対策のためにこの数年はほとんど出番がなく貸切列車や臨時列車のみという状況だったのもかわいそうなというかもったいないような。

 

 

AN8901気動車

9月4日付で秋田内陸縦貫鉄道より正式発表されました。

9月23日と24日の急行もりよしには2両編成でラストランが行われるとのこと。ロビーにソファーがあったり豪華な車両だったので寂しい限りです。でももう30年も走り続けたのですね。

 

 

AN8901気動車

JRのATSが変更になったため今後JRへの乗り入れはなくなると聞いていましたがそれをもってお役御免となったということでしょうか。リニューアルして使用するにもお金がないので仕方ないでしょうね、毎年2億近い赤字を出すローカル線なので・・・。

阿仁合駅に1両でも保存してもらえるといいのになぁ。

 

キハ22

ちなみにこちらは暫定開業当初に走っていたJRから借りていたキハ22。この塗色も懐かしい。

この車両はのちに弘南鉄道黒石線へ渡ったとか?でもその後、小坂鉄道から車両が譲渡され廃車になりましたね。

もしかして津軽鉄道で走っていた香取慎吾さんがイラストをした車両もこれらの残党なのかな??

 

【リンク】

秋田内陸縦貫鉄道の公式ホームページへ

 

【親子鉄】第3セクター・私鉄 : comments(0) : - : 親子鉄マスター(父子旅):本田正博 :

鉄道コム

三陸鉄道に新駅設置!2019年末!

田老駅

写真は2015年(東日本大震災から4年後)の三陸鉄道田老駅です。

岩手県の宮古市田老町の中心部にあったこの駅ですが、大震災後嵩上げ工事などがあり駅の中心部が移ってしまいました。

それにあわせて来年度末に『新田老駅』が誕生するようです!

 

 

田老駅

ちなみにその当時の田老駅近くの国道から海側の様子。

震災から4年が経っていますがほとんど復旧されていない状態でした。

 

 

田老駅

田老駅はやや高台にあったため、津波がギリギリでとどまったとか。

この手前まではすべて飲み込まれたそうです。当時のたろう観光ホテル支配人から話を伺いました。

JR山田線の繰り入れも含め三陸鉄道が岩手県の久慈から宮古、釜石を経て盛まで繋がる日も遠くはありません。

三陸地方全体がこれを契機にさらに復興に近づいてもらえると嬉しいですね。

 

それにしても今回の西日本豪雨と言い日本は完全に災害列島になってしまった感があります。

いつどこで何が起きてもおかしくない。備えあれば患いなしの言葉をしっかりと心に焼き付けておかないといけませんね。

 

 

【リンク】

鉄道ニュースのニュースページへ

 

 

【親子鉄】第3セクター・私鉄 : comments(0) : - : 親子鉄マスター(父子旅):本田正博 :

鉄道コム

【親子鉄おススメ】おもちゃ列車で行く「鳥海山木のおもちゃ美術館」への旅

鳥海山木のおもちゃ美術館へおもちゃ列車なかよしこよし号に乗って

2018年7月1日、由利本荘市にある旧「鮎川小学校」が東京おもちゃ美術館にプロデュースによる「鳥海山木のおもちゃ美術館」にリニューアルオープンしました。それにあわせて由利高原鉄道でもラッピング&改造車両を用意、その名も「おもちゃ列車なかよしこよし」号。早速初日に子どもたちと遊びに行ってきました。

おもちゃ列車
おもちゃ列車は毎日2往復するようです。ダイヤは由利高原鉄道公式ホームページにありますのでそちらをご覧くださいね。
羽後本荘駅にて乗車前に1枚。この日は初日だし混んでるだろうなと思ってきたのですが、やはり団体さんが乗っていて僕ら一般客は2両目のエボルタ列車に乗ることに。でのこの時期は七夕列車として使われている車両なのでそれはそれで楽しく過ごせました。

 行程・ワンポイント

おもちゃ列車
土日休日はこの1日フリー乗車券が使えます。今回もフリーきっぷを利用。 大人1,100円、子ども500円。
というのも本当は羽後本荘から鮎川までの往復を買えば安く済みますが、それでは乗車時間が片道12分。子どもたちにとっても遊びきれないと思い、本荘から矢島へ向かい、戻って鮎川に行こうと思った次第です。こんなことをした家族連れは我が家だけでした(笑)


おもちゃ列車
右側がおもちゃ列車なかよしこよし号、左側がこの時期七夕列車になるエボルタ列車。この本荘発10:43の列車はアテンダントさんが乗車する「まごころ列車」なので子ども向けの工作や観光ガイドなどもしてくれるんです。乗るならこの時間が一番おすすめですよ。

おもちゃ列車
こちらが七夕列車の車内。地元保育園、幼稚園児たちの短冊がたくさん飾られていました。車内でも短冊や流れ星に絵や願いを書いて矢島駅に飾ってくれるというサービス付き。由利高原鉄道は本当にいろんなサービスをしてくれるので親子で乗っていて楽しいですね。

おもちゃ列車
さて鳥海山木のおもちゃ美術館の最寄り駅である鮎川駅につくと無料のシャトルバスが待機中。お客さんは我が家だけでしたが駅から5分ほどで美術館へ到着。列車にバスを乗り継いでってのもなかなか普段はできない旅ならではでしょうね(今は自家用車でどこにでもいけますからね)
このシャトルバス乗り場に右側には子供たち用に設置された立派なおもちゃ待合室があります。そこでもとっても楽しそうに遊んでました。

 遊ぶところ・みどころ紹介

さて本日の本命、こちらが鮎川小学校をリニューアルした鳥海山木のおもちゃ美術館。
小学校なので中に入ると内履きが必要だそうです。ただ忘れた方用にスリッパもありました、ただし大人だけで子どもは靴下、もしくは素足で入ります。

おもちゃ美術館
僕らは1日券を購入し早速有料エリアへ。中は無料エリアと有料エリアに分かれていますが、子どもたちが遊ぶには断然有料エリアがおススメ。

おもちゃ美術館
あまり時間がないにもかかわらず最初の部屋でかなりの木のおもちゃを満喫。子どもたちだけじゃなく大人もその魅力にハマりそう。実際大人の方でも夢中になって遊んでいましたよ。

おもちゃ美術館
そしてもしわからなくなればおもちゃ学芸員(資格有のボランティアの方々)が丁寧に対応してくれます。これは凄いですね。たくさんのおもちゃ学芸員さんがここにはいるそうですよ。

おもちゃ美術館
恐らく一番のメインは体育館を改造したこれ。まるでジャングル?それともツリーハウス?1階、2階と動き回り、それぞれには小さなブースがあっていろんな遊びを体験できます。
実はここの体育館で以前演奏をしたことがあるのですがその時は冷房がなく大変でした。でもクーラーも完備で夏でも問題ないでしょう!
これは子どもたちにとっては最高だろうな。

おもちゃ美術館
こちらは2階の様子。基本的にお子さんには大人もついて階段を上がるようにしてもらいたいとのこと。というわけで大人も一緒に遊べてしまうのがこの木のおもちゃ美術館の特徴でしょうね。

おもちゃ美術館

おもちゃ美術館
2階から1階の中央にあるタワーを望みました。ここも1階は木のプール、そして滑り台と階段もあるようでとにかく楽しそうに遊んでる子どもたちの笑顔をたくさん見ることができましたよ。

 列車の紹介

おもちゃ美術館
さておもちゃ列車の紹介に移りましょう。
ベースはYR2000型。以前は池田修三ラッピングで走っていたものを外観だけではなくついに車内まで手を加えました!
座席数は減ったものの遊ぶスペースができてこれは子どもたちにとっては最高の車両でしょうね。

おもちゃ美術館
鳥海山が見える側にはウッドテーブルと座席も。そしてその反対側メインとなる・・・、

おもちゃ美術館
こちら。モデルはうちの子どもたちですが小学生でも遊べます。
このプールの他にも木のおもちゃがたくさんあり車内を満喫してから木のおもちゃ美術館へGO!って感じですね。

鮎川駅
ちなみに鮎川駅にはこんな子供用待合室もありました。世界一小さな待合室だそうですよ。

 

 かかった金額

この親子鉄旅でかかった費用内訳は次の通りです。

  • 切符代・・・土日フリー切符(大人1,100円/小人500円)×2人なので2,100円
  • 食事・お菓子・飲み物・・・お菓子とジュース400円
  • 入場料・・・1日入館券(大人800円/小学生600円)なので2,000円

 地図・アクセス方法

 関連記事など

【親子鉄】第3セクター・私鉄 : comments(0) : - : 親子鉄マスター(父子旅):本田正博 :

鉄道コム

由利鉄のおもちゃ列車「なかよしこよし号」始動!

なかよしこよし号

7月1日にグランドオープンする秋田県由利本荘市の旧鮎川小学校を改装した『鳥海山木のおもちゃ美術館』のために登場した新車両、「鳥海おもちゃ列車 なかよしこよし号」が姿を現しました!

(写真は由利高原鉄道公式ホームページより拝借しました)

 

列車内にも木がふんだんに使われ、子ども向けの遊びスペースまであるというこの車両。

1日2往復するようです。しばらくは混雑が続くかもしれませんね。我が家も1日のグランドオープンにあわせて行ってみたいな。

みなさん、夏休みにはぜひ秋田のおもちゃ美術館に、おもちゃ列車に乗って遊びに行きましょう!

 

 

【リンク】

由利高原鉄道公式ホームページの当該ページへ

 

鳥海山木のおもちゃ美術館公式ホームページ

 

【親子鉄】第3セクター・私鉄 : comments(0) : - : 親子鉄マスター(父子旅):本田正博 :

鉄道コム