『父子でお出かけや旅をしよう!』
秋田市在住の親子鉄マスター。パパサークル代表。父子・親子で楽しめる鉄道スポット、乗り鉄情報など(主に秋田地区中心)
485系の解体が加速してきた?秋田総合車両センター

485系解体中

この3連休初日だけ予定のあった我が家ですが、ミニバスの試合も模試も午前で終わったので久しぶりに日中の秋田総合車両センターウォッチング。そしたら作業をしている音が。

 

あれ?今日は祝日だから休みのはずでは?近づいてみると以前と比べて485系の姿が減った気がします。

どうやら一気に解体が進んでいる様子。今日も解体作業をしているようでした。

ここから見る限りではT18編成の残りが1両、新潟のR編成が4両、青森の3000番台が1両だけ見えました(他にもまだ残っているかもしれませんが)

 

 

485系解体中

この扉は青森車ですね。

この解体された部品の山が前よりも高くなったように思われます。

 

 

485系解体中

秋田総合車両センター一般公開の時に見えたキハ40(盛岡色赤鬼タイプ)と485系3000番台青森車。

新潟車が終わればこちらが解体でしょうか、それともその前かな?

 

 

415系

最近運び込まれた415系。土崎に来たのはこれで3編成目になると思います。

 

 

415系

こちらは多分2回目に来た415系。

よく見ると一部のガラス窓、車内、銘板などがなくなっていますね。まさに解体待ちといった感じが。

ちなみに右奥にはDE10らしき機関車の姿も。でもはっきりとは見えませんでした。

 

冬を前に一気に解体が進み始めたのか、それとも他に車両が来るから急いでいるのか。

真意はわかりませんが485系の姿もだいぶ少なくなってきました。

 

秋田総合車両センター : comments(0) : - : 親子鉄マスター(父子旅):本田正博 :


鉄道コム


青色の特急いなほE653と秋田総合車両センターウォッチング

特急いなほ

先日JR新潟支社からプレスリリースがありましたが、特急いなほ用のE653系のうち2編成が塗色変更となります。

U106編成が瑠璃色、U107編成がマハナス色とのこと。

既に瑠璃色のいなほは試運転に入っているようで秋田総合車両センターを見てきました。

 

 

特急いなほ

手前のフェンスに焦点があたっていてすみません・・・。

これが瑠璃色バージョンです。単色特急って九州みたいですね(^^;

編成によってバリエーションがあるのはいいのですが、せっかくイメージした日本海の夕陽がなくなるのも残念かなと。

 

 

秋田総合車両センター

ついでに周りの車両も確認。ここだけ見ると国鉄車両オンリーですね。

583系(台湾に行かない方)、485系青森車、485系新潟車として青森のキハ40赤鬼。すべて廃車でしょう。

 

 

秋田総合車両センター

こちらのDE10はわかりませんが、手前の415系は廃車、なぜかそれよりも古いキハ58-75は保留車なのでまだ現役。

 

 

秋田総合車両センター

こちらが新しく送られてきた415系です。青森に疎開してものだとか?

幕もないということは廃車なのでしょうね。

まだ走れそうなのに・・・。と見た目だけじゃない様々な問題があるのでしょうね。

 

【リンク】

鉄道コムの詳細ページへ

 

 

秋田総合車両センター : comments(0) : - : 親子鉄マスター(父子旅):本田正博 :


鉄道コム


583系3両は確認できた秋田総合車両センターウォッチング

583系

土曜日出勤が続いていたので久しぶりに平日に休みをいただき自分の会社の仕事の途中で秋田総合車両センターに寄ってみました。以前583系の中間車両2両が台湾の鉄道博物館へ寄贈されるということで譲渡式などが行われたそうですが、残る車両はどうしたのだろう??と気になってました。

そしたら間から少しだけ確認できたのがこちら。先頭までは見えませんが恐らく青森側の3両でしょうね。「23-7 郡山」と書かれていたので全検を通さなかった3両なのでしょう。今後の行方が気になるところです。

(まだ解体されていなくてよかった)

485系青森車

そして1両減った485系青森車の残党。1両は解体されていたのを見ましたが残りは??

順番待ちなのでしょうかね?

485系新潟車

ここだけで485系新潟車が4両確認できます。

そして奥にはライト回りがない?DE11らしき機関車も。「D???-1031」までは読み取れるのですが・・・。

キハ58

この組み合わせも珍しいですね。キハ58-75と415系の1両が一緒に留置されています。

415系もバラバラになって置かれていますね。一両ずつ解体するのでしょうか??

EF510

踏切が鳴ったので見てみたら遠くからEF510のブルーサンダー?が!?

JR貨物に移籍してから何度も目にはしているものの写真に収めたのは初めて。

それにしてもこのEF510-512は汚れてますね。レッドサンダーはあまり汚れが目立ちませんが銀と青は目立ちますねぇ。

E231系

奥にこっそりと見えた武蔵野線転用のE231系。

これもそろそろ出場なのでしょうかね?でも踏切には特に掲示がなかったのでまだ先なのかな??

久しぶりの秋田総合車両センターウォッチングでした。

秋田総合車両センター : comments(0) : - : 親子鉄マスター(父子旅):本田正博 :


鉄道コム


DE11も廃車?秋田総合車両センターとその周辺ウォッチング

秋田総合車両センター

Twitterなどで秋田総合車両センターの583系が陸送準備される様子が見られたので気になって行ってみたところ、何も周りからは見えませんでした。もう行ってしまったのかなぁ?

と思っていたら2台のDE11が繋がれて留置中。片方はライト回りがはずされていました。

 

 

秋田総合車両センター

DE11-1043とDE11-1031のようです。これらは廃車?区名札などが抜かれてるのが気になりますね。

今までのパターンからするとここに置かれた機関車たちはほぼほぼ解体されていましたから・・・。

 

 

秋田総合車両センター

そしてどうやら元青森車両センターの485系3000番台も解体されてしまったようです。

(まだ何両か残ってるかもしれませんが)。新潟車よりも後に来て先に解体されたとは・・・。

 

 

秋田港駅

ところ変わって秋田港駅。

ここの駅構内でも海外譲渡のために輸送されてきたDE10やコキたちの留置場所が変わっていました。秋田港駅までの旅客化を一気に進めるために工事でもするのかな?

 

ひまわりとコスモスが咲く中のDE10。夏の終わりを感じますね。

 

 

虎毛踏切

たまたま帰りに通った踏切で列車の通過待ちをしていたらこんな光景に。

望遠レンズをつけておけばよかった・・・。撮影してる人にピントが合ってますね(笑)

 

 

583系がいなくなってしまうのは本当に寂しいことです。

でも展示されるということでの搬出だと思うのでまたどこかで会える日が来るのを期待して待ちましょう。

(さすがに台湾までは行けないと思いますが・・・)

秋田総合車両センター : comments(0) : - : 親子鉄マスター(父子旅):本田正博 :


鉄道コム


台湾へ寄贈される583系は・・・

583系

既にご存知の方も多いことでしょうが、4月にラストランを終えた583系秋田車のモハネユニットの2両が現在建設中の台湾の鉄道博物館へ寄贈されることになりました。どの2両かな?と思っていたら昨年1月に全検を通したモハネ583-106とモハネ582-106のようですね。

こちら昨日の秋田総合車両センターの様子です。青森側の3両(今回寄贈されなかった側)が留置されていました。

 

 

583系

こちらは青森側なので今回寄贈されなかった側のクハネになります。

廃車ということなのでこれから先復活する可能性は難しいですが、編成としての4両は残ったということで何かの可能性を残しての寄贈だったのでしょうか?それとも???

 

 

583系

実は今回寄贈される2両ですが、僕が一番乗った車両でした。

わくわくドリーム号ではもちろん、4月8日のラストランでもこの車両(2号車でしたかね?)だったと思います。

 

 

583系

こちらはわくわくドリーム号でお世話になったモハネ582-106。

ちょうど台車の上で揺れたなぁ・・・、寝られなかったなぁ(笑)

でも下段は広くても今でも通用すると思いますよ。子どもたちは中段でも十分です。

まさに親子向けの寝台列車。

 

583系

モハネ583-106も臨時快速弘前さくらまつり号で乗ったことがあります。

この時は座席でしたが。何度か乗ったことがある中でも特に思い出がある2両。

台湾へ行っていつまでも大切に保管されてほしいですね。

 

 

583系

残る4両はどうなるのかなぁ?

先頭車を贈らなかったことを考えると何かあるのでしょう。

大宮へ行くのかはたまた第三の選択肢が出てくるのか。

まだしばらく注目ですね。

 

今週末の秋田総合車両センターの一般公開(秋田鉄道フェアin土崎)でも公開されないかなぁ??

密かに期待してます(笑)

 

秋田総合車両センター : comments(0) : - : 親子鉄マスター(父子旅):本田正博 :


鉄道コム