『父子でお出かけや旅をしよう!』
秋田市在住の親子鉄マスター。パパサークル代表。父子・親子で楽しめる鉄道スポット、乗り鉄情報など(主に秋田地区中心)
6月に特急鳥海が復活運転!

特急鳥海

今年のJR秋田支社の目玉?列車になるでしょうか。懐かしい特急鳥海が復活運転されることになりました。6月13、14日の2日間です。詳しい内容はこちら。

 

6月13日(土)と14日(日)には、羽越本線の羽後亀田〜秋田間開通100周年と、奥羽本線の鷹ノ巣〜青森間開通120周年を記念して、新潟〜秋田〜青森間で特急「鳥海」の運転が予定されています。うち1本は夜行列車です。運転時刻は次のとおり。

●6月13日(土)
・1号:秋田10時36分発→青森14時18分着
・2号:青森17時45分発→新潟翌7時03着
●6月14日(日)
・3号:新潟13時37分発→青森21時10分着

 列車は全車指定席です。車両はE653系特急形電車の国鉄色編成(7両)が使われます。

「鳥海」は、かつて上野〜秋田間を東北本線・奥羽本線経由で、また、上野〜秋田・青森間を羽越本線経由で結んでいた急行、特急と同じ列車名です。

特急鳥海

使用されるのは485系電車がもうないので、国鉄色に塗り替えられた水戸所属のE653系。通常秋田と新潟を結ぶ特急いなほで使用されている車両ですね。で、注目なのは青森から新潟まで夜行列車としても運転されるということです!

初日13日は秋田から青森まで、そして夜に青森を出発、翌朝14日に新潟に到着、また新潟から青森へ運転されるということ。久しぶりに長距離を走る特急が走るということですね。辛そうだけどファンにとってはたまらないでしょう。

 

 

特急鳥海

ちなみに小学校時代に撮った485系特急鳥海。このころは秋田と上野を結んでいたと思います。その後寝台特急となり青森と上野を走っていました(その時に乗車経験あり)。下記のリンクに特急鳥海について紹介していますのでご覧ください。

 

 

【リンク】

乗り物ニュースへ

 

 

特急鳥海
特急鳥海(廃止)

鉄道ニュース・写真(北海道・東北) : comments(0) : - : 親子鉄マスター:本田将大 :

鉄道コム

GV-E400系気動車が試験のため?秋田へ!

※写真がありません、先に断っておきます。

 

新潟地区でキハ40形を淘汰するために投入されてるJR東日本の新しいディーゼルカーGV-E400系。

それが昨日秋田へ3両で回送されてきたそうです。2020年度に秋田地区にも配置されるのでそれにあたっての各種試験、確認などでしょうか?秋田車両センターで見られるかなと思いましたが、残念ながら・・・。庫内にでもいたのでしょうかね。

間近で見てみたいものです。

 

WikipediaのGV-E400系のページへ

https://ja.wikipedia.org/wiki/JR%E6%9D%B1%E6%97%A5%E6%9C%ACGV-E400%E7%B3%BB%E6%B0%97%E5%8B%95%E8%BB%8A

鉄道ニュース・写真(北海道・東北) : comments(0) : - : 親子鉄マスター:本田将大 :

鉄道コム

秋田港駅にて4年目に突入する24系元あけぼの車両たち

24系客車

さて秋田港大浜ふ頭から秋田港駅に戻ってきた元あけぼのの24系車両27両ですが、全て移送が終わりました。地元新聞記事によるとふ頭に置く契約期間が満了となった(正確には次の荷物がくるので邪魔になったため置き場所を探して秋田港駅に戻ってきたらしい)ためということでした。

 

 

24系客車

そして新聞記事によれば貴重な車両であり解体はない、まだ海外譲渡の話は終わっていないということのようでした。

 

24系客車

ですが、車両自体はこんな感じですよ?4年間も潮風にあたっていると錆びるし恐らく走らせられるような状態ではないかと思います(秋田港駅構内での入れ替えでは動いていましたが)。これを使える状態に修繕するとなるとまたかなりの金額がかかるのでは?右に見える電源車白髭のカニは珍しく貴重なものなのですが。

 

 

24系客車

特にこのオハネフの状態は酷いものですね。屋根の錆が・・・。車体の塗装も剥げ落ちてきてると思います。

 

24系客車

港側から見た様子です。一見すると動けそうなんですけどね。でもさすがに4年のブランクは厳しいのではないかなと素人でも思ってしまいます。

 

24系客車

整備中のDE10と24系。秋田港にあるポートタワーセリオンからも秋田港駅は見えるので上から見てみても面白いかもしれません。昔の客車区みたいですね!ある意味貴重な一枚が見られる状況です。しばらくはここに置かれるでしょうから、見学するなら今のうちですよ。

 

 

24系客車

金帯の24系25形ですかね?これは綺麗そうなんだよなぁ。

 

24系客車

まだ海外譲渡の話を続けていると貿易代理店の方は話をしているようですが、先述の新聞記事によれば担当者が不在のため詳細は年明け以降までわからないとのこと。いずれレール上に戻ったものの状況は変わっていないということですね。

今のうちに何両かでもどこかに譲渡して保存されればいいのですが。解体される前に残る道が見つかるように祈ります。うちの倉庫でも2両くらいなら保管できそうなんだけどなぁ。

 

24系客車

宝くじが当たって移送費用を捻出できれば何両か譲ってもらいたいものですね。ついでにディーゼル機関車も!

DE10+24系2両ということは千葉県にあるポッポの丘と同じか!?

 

 

鉄道ニュース・写真(北海道・東北) : comments(0) : - : 親子鉄マスター:本田将大 :

鉄道コム

放置から4年、年末に動き出した秋田港の24系車両たち

あけぼの24系

この年末に急に動きがあり地元でも驚いているところですが、4年前、寝台特急あけぼの運行終了により余剰となり海外譲渡のため、青森車両センター(当時)から秋田臨海鉄道秋田港駅経由で大浜ふ頭へ運ばれてきた元あけぼのの24系車両たち。その後海外譲渡がとん挫し岸壁にて放置されていました、4年も。

 

あけぼの24系

そして所有者不明のためどうにも手が付けられなかったこれら24系27両が急に動き出したのです!昨日12月25日から秋田港駅のレールの上に戻されているではありませんか!詳細は定かではありません。ただ初日には9両?今朝確認したらさらに戻ってきていました。写真は昨日25日のオロネ25でしょうかね。

 

 

あけぼの24系

こちらはゴロンとシートマークがついたオハネフ24。ご覧の通り海風にあたり続けていたため車両の状態はものすごく悪いです。錆も酷いし恐らく走らせられる状態ではないでしょうね。ちなみに昨日運ばれていた9両にはカニ(電源車)が2両くらいいたような?

 

あけぼの24系

昨日の朝早く作業は終了していたようですね。

 

あけぼの24系

そして今朝26日に見てきたところさらに車両は増えていました。大浜ふ頭を確認しておりませんが、これで大部分は運ばれてきたのでは?それにしても一晩でこれだけの車両を陸送し、レールに乗せるのだからさすがはプロの技ですね。

 

あけぼの24系

ざっと見た限りなので数えていないのですが、9+9+3両かな?残りは6両くらい?

 

あけぼの24系

この状態でふ頭に置かれていたのでどの面も錆びだらけです。酷いものです。まだ朽ちなかっただけよかったのかもしれませんが。どうやら解体の方向で進むようですが、いかんせん古い車両です。アスベストの問題があるのでしょうかね。

 

あけぼの24系

解体するにしてもどこでやるのでしょうか?今のところ情報がないので全くわかりません。どなたかご存知の方がおりましたら教えてください。

 

鉄道ニュース・写真(北海道・東北) : comments(0) : - : 親子鉄マスター:本田将大 :

鉄道コム

10年前に運転された485系特急つばさ(リバイバル)

特急つばさ

ちょうど10年前の12月に運転されたリバイバル特急つばさ。もう10年にもなるんですね、まだ上旬ということもあり雪も降りませんでした。この時は運転時に予定があり写真が撮れなかったので秋田車両センターにて。ヘッドマークがシールだというのもよくわかりますね。1500番台ということで新潟車両センター所属の485系T18編成だということがわかります。

 

特急つばさ

回りに車両がたくさんいたので秋田側はこんな感じしか撮れませんでした・・・。

 

 

特急つばさ

特急いなほで最後まで活躍したT18編成もこの先頭車を除いてすべて解体。ちなみに先頭車両のクハ481-1508は新津の鉄道資料館に保存されています。まだ行ったことはありませんがいつか見てみたいな。

秋田にゆかりのある485系電車、どこかで保管してもらえればよかったのにと思わずにはいられません。今後廃車されるキハ40も同様に。

 

 

鉄道ニュース・写真(北海道・東北) : comments(0) : - : 親子鉄マスター:本田将大 :

鉄道コム