『父子でお出かけや旅をしよう!』
秋田市在住の親子鉄マスター。パパサークル代表。父子・親子で楽しめる鉄道スポット、乗り鉄情報など(主に秋田地区中心)
綺麗になった青いゴトー(EF510-505)@秋田駅

EF510

9月8日日曜日の朝。子供を塾に送りそのまま秋田駅にいったらちょうど入ってきた青いゴトーことEF510-505号機。ご存知の通りJR東日本で北斗星やカシオペアのために新造された機関車ですが、定期列車の廃止とともにJR貨物へ売却され、秋田ではよく見かけます。ところが貨物機は汚れが多いんですよね、そんな中現れた505号機はとても綺麗でした。検査明けだったのかな?

 

EF510

ちなみによく見かけるものの貨物列車を撮影する事のない私。こちらはたまたま土崎駅に停車した際に撮影したJR貨物のEF510-504?501?はっきり見えませんね・・・。そういえば赤いゴトー、青いゴトーはよくみかけますが、元カシオペア機の銀釜はなかなか見ません。

 

EF510

こちらは廃止直前の寝台特急北斗星をけん引していたEF510-514号機。こちらも現在はJR貨物所属。富山を中心に日本海縦貫線を走っているので秋田でも見てるはずなのですが。

 

EF510

こちらはその前日の北斗星。札幌行きです。515号機ですね。ラストナンバーの515も今は貨物機。もっと貨物にも目を向けないといけないなぁ。貨物列車を引いていてもなんとなくブルートレインを思い出し、いい感じですね。

 

鉄道ニュース・写真(北海道・東北) : comments(0) : - : 親子鉄マスター(父子旅):本田正博 :

鉄道コム

今年の大曲の花火団臨に使用されたE653系国鉄色

E653系K70編成

8月31日に行われた大曲の花火(全国花火競技大会)には数多くの観光客が訪れます。最近では少なくなりましたが団体列車や臨時列車も多数運転されるため、秋田地区はとっても賑やかになるんですね。今年の目玉はこちら!

勝田車両センター所属のE653系K70編成。毎年新潟から大曲へ団体列車が運転されますが、今年はU101編成が検査入場中のため?団体列車の車両が足りず借りたとか。国鉄特急色のE653系が秋田を走るのは恐らく秋田総合車両センターを出場してから初の事でしょう。

 

E653系K70編成

予定の合間に撮影したため場所は羽越線の羽後牛島駅付近のこ線橋。そのためこんな記録程度しか撮れず・・・。しかも肝心の横面が見えない・・・。新潟から大曲まで6時間近くかかるのではないでしょうかね、花火が終了後には夜行列車のような時間帯に運転されたと思われるこの団体列車。お客様もJRの関係者も本当にお疲れ様ですね。

 

 

鉄道ニュース・写真(北海道・東北) : comments(0) : - : 親子鉄マスター(父子旅):本田正博 :

鉄道コム

リゾートあすなろ使用の青森りんご酒シードル列車が運転(9/7)

リゾートあすなろ

個人的に青森のシードル・りんご酒が大好きだからとっても気になりました。9月7日(土)ですが、八戸から青森までリゾートあすなろ号を使用した特別列車が運転されます。その名も『あおもりシードル・りんご酒号の旅』。青森県内外のりんご酒メーカーのシードルをなんと10種類以上も試飲できるそう!詳しいチラシはこちら。

 

 

シードル列車

たった6,400円ですよ、いいですねぇ。

私の知人のもりやま園さんのシードルも試飲できるようです。しかも最小催行人員1名の企画旅行なんて普通じゃありえません(笑)

 

 

リゾートあすなろ

ちなみにこちらは以前リゾートあすなろ号に乗車した際の1枚。お酒なので親子でという感じではありませんが、気になったので紹介させていただきました。行事がなければ行きたかったなぁ、残念。

 

【リンク】

http://www.jr-morioka.com/cgi-bin/pdf/news/pdf_1565830824_1.pdf

(JR東日本盛岡支社のプレスリリースより)

鉄道ニュース・写真(北海道・東北) : comments(0) : - : 親子鉄マスター(父子旅):本田正博 :

鉄道コム

秋田に残るDD13タイプ機関車たち

DD56

昔は全国の操車場などでよく見られたDD13形ディーゼル機関車。今となっては地方私鉄にその仲間が残るだけですが秋田では2か所で仲間たちが活躍しています。1つ目はこちら秋田臨海鉄道。写真はDD56-1。臨海鉄道ではDDD56を名乗っていますがほぼ同じでしょう。ただしこの1号機は既に稼働しておらず留置されたまま。

 

DD56

そして久しぶりに見かけた2号機。こちらは波をイメージした塗色です。普段は南線の終点で入れ替え業務についているようで秋田港駅で見かけることは滅多にありません。この日はラッキー。

 

DD130

もう1つは小坂鉄道レールパークで動態保存してるDD130形。小坂鉄道オリジナルの機関車のようです、現在3両が在籍。どれも車齢が高いのでだんだんと状態の悪い機関車も出てきていますが今でも現役で、ディーゼル機関車の運転体験などに駆り出されていますよ。

 

 

DD13

最後に同和鉱業片上鉄道からやってきたというDD13。これも国鉄のDD13ではなくオリジナル発注車のようです。他のDD130との協調運転はできないので単独で使用されることが多いですね。比較的調子はいいみたいですが出番は少なめ。

いずれにしても状態の良いうちに小坂鉄道レールパークでのディーゼル機関車運転体験をぜひ試してみてください!

 

鉄道ニュース・写真(北海道・東北) : comments(0) : - : 親子鉄マスター(父子旅):本田正博 :

鉄道コム

16年前の今日、青森駅でみかけた特急列車たち

特急かもしか

ネタがないので過去の5月28日の写真を探してみました。そうしたら2003年5月28日に青森駅にいってますね。函館に住む妹家族の車を運転して青森まで行った時の帰りだと思います。僕が横浜から秋田に戻ってちょうど1か月くらいか。

まずは特急かもしか。485系1000番台の3両編成ですね、帰りはこの特急かもしかで帰ってきた記憶が。

 

 

リゾートしらかみ

ちょうどこの時間帯はいろんな列車が青森駅に到着していました。リゾートしらかみ青池編成(初代)、今はクルージングトレイン(2両編成)になっていますね。種車のキハ48時代から一体何年活躍してるのでしょう?

 

 

特急スーパー白鳥

そして北海道新幹線の函館延伸に伴い津軽海峡線から札幌方面へ活躍の場を移した789系特急スーパー白鳥。我が家は一度だけ新青森から函館まで乗ったことがあります。あ、逆か。青函トンネルの中が早かったなぁという思いでしかなく。もっと何ども乗れればよかったですね。

 

 

 

特急白鳥

最後に485系3000番台の特急白鳥。これは特急白鳥の他にのちの特急つがるで何度も乗りました。そんな485系青森車のリニューアル編成もとうとうすべてが解体に(まだ郡山に残ってるのかもしれませんが?)。485系電車も急に数を減らしてもう数編成しかないですものね。このかっこいいマスクが好きだったな。

 

 

キハ58

最後におまけで。秋田駅で見かけたキハ58.おそらく試験車なのでキハ58-75だと思われます。今でも秋田総合車両センターに留置されているJR最後のキハ58。その処遇は一体どうなるのでしょう?

16年前は普通に動いていたんですね。そんな5月28日、今日は全国的に雨模様。昨日までの暑さも少しおさまったところでしょうかね。

 

 

鉄道ニュース・写真(北海道・東北) : comments(0) : - : 親子鉄マスター(父子旅):本田正博 :

鉄道コム