『父子でお出かけや旅をしよう!』
秋田市在住の親子鉄マスター。パパサークル代表。父子・親子で楽しめる鉄道スポット、乗り鉄情報など(主に秋田地区中心)
8/17カシオペア紀行が秋田の湯沢市へ!

カシオペア紀行

毎年8月中旬に秋田県湯沢市の隣、羽後町にて西馬音内盆踊りが開催されますが、それにあわせて上野発青森経由で湯沢行きのカシオペア紀行が設定されました!昨年は四季島が来たんじゃなかったかな?

秋田県内が目的地になるなんて滅多にないことなんです。

 

カシオペア紀行

8月17日上野駅発⇒18日朝に青森駅到着⇒朝食と入浴をすませ⇒弘前駅から再び乗車⇒湯沢駅到着⇒西馬音内盆踊りを見て、秋田市内のホテルにチェックイン⇒19日に秋田新幹線で帰るそうです。

カシオペアはどうするのかな?湯沢で終了後は秋田まで回送し車両センターに入るのか、一度秋田まで戻してそのまま回送するのか。いずれ奥羽南線にカシオペア紀行が入線となるとみなさん気になるでしょうね。

秋田新幹線との並走も見られるかも?

 

【リンク】

「カシオペア紀行 青森・湯沢行き」と日本三大盆踊り「西馬音内盆踊り」/カシオペア夕食:カシオペアスペシャル弁当

申込ページはこちらから

 

 

鉄道ニュース・写真(北海道・東北) : comments(0) : - : 親子鉄マスター(父子旅):本田正博 :


鉄道コム


最後のキハ58形Kenjiもいよいよ運転終了へ

Kenji

JR東日本で営業運転をしている最後のキハ58形(の改造車ですが)、ジョイフルトレインKenjiが引退することに・・・。

残念で仕方ありません。今年あたりもう一度乗れるかなと思っていたのにラストランを2回行って終了するようです(さいごは盛岡と一関を走るそう)

 

Kenji

ちなみにこちらは数年前の秋田車両センター一般公開時の様子。まだ緑色でした。このあと現在の水色系に塗り替えられました。

 

 

Kenji

外観は変わりましたが基本的に車内は変わってないと思います。こちらが先頭車の展望部分。一番前に乗ってみたかったですね。このパノラマビューは素敵だろうなぁ。

 

 

Kenji

1号車の奥の席に乗ったことはありますが、残念ながら前方の展望室にはいけず・・・。

これが最初で最後の乗車になるとは・・・。

 

 

Kenji

中間車(キハ28の改造車)のシート配置も面白かったですね。

Kenjiが引退するとJR東日本では秋田総合車両センターに留置されているキハ58-75だけが車籍を有することになりそう。ただこちらももう運転はできないと思うのでいずれにしても最後のキハ58なのでしょう。

いすみ鉄道のキハ52もだいぶガタが来ているということなので昭和の気動車が確実に減っていきますね、寂しい限りです。

 

 

【リンク】

2年前に親子鉄をしたときのKenjiの乗車記。良ければご覧ください。

 

Kenji引退に関するニュース記事はこちらへ

 

鉄道ニュース・写真(北海道・東北) : comments(0) : - : 親子鉄マスター(父子旅):本田正博 :


鉄道コム


臨時急行おがを見送って

急行おが

6月16日、湯沢駅と男鹿駅の間で『急行おが』が運転されました。現役当時は秋田(男鹿)と上野を結ぶ急行でしたが、今回は高崎の12系を使ったもの。でも男鹿線へ久しぶりの客車入線ということで恐らく各地の撮影スポットは賑わったことでしょうね。

僕は仕事だったので見ることも無理かなと諦めていたのですが、少し早く終わったので秋田総合車両センター横で間に合いました!

 

 

急行おが

前後のヘッドマークが違う柄なんですね。

なまはげの赤と青をアレンジしたものかもしれません。満席近くのお客さんが乗っていてよかった。できれば2日間走ってほしかった(^^;

 

 

秋田総合車両センター

ついでに撮った秋田総合車両センター。EF81-137とキハ58-75が見られました。

 

【リンク】

秋田を走っていた列車「急行おが」

 

 

 

鉄道ニュース・写真(北海道・東北) : comments(0) : - : 親子鉄マスター(父子旅):本田正博 :


鉄道コム


急行おが準備OK?@今週の秋田車両センター

急行おが

明日6月16日にJR湯沢駅からJR男鹿駅まで往復で懐かしい『急行おが』が運転されます。車両はDE10のプシュプルに高崎の12系客車が4両のようですね。今朝の秋田車両センターでは準備が整っていました(反対側の機関車はついてませんでしたが)。

 

 

急行おが

明日は仕事で乗れないし、見ることもできないので今日の秋アキで我慢するしかないか。

久しぶりの客車列車に乗ってみたかったのですが既に席も満席なのでしょうね。切符の購入だけじゃなくちゃんとお客さんが乗っていることを期待したいところです。

 

 

工臨

さてこちらは今週頭ころの様子。バラスト工臨の準備だったのでしょうかね。北の方に向けて出発していきました。

秋田地区のDE10はまだまだ活躍してくれますかね?客車の配置もあればたまに引っ張ってほしいなと思うものの、車両がないから仕方がない。

 

 

特急いなほ

特急いなほは瑠璃色もハマナスもみかけることができました。秋田運用に結構入ってくれているようで嬉しいですね。

こちらも近く模型化されますが、高いから3編成を揃えるのは難しいなぁ。

 

 

EF81

週の頭にいたこのEF81は高崎の12系を迎えに行く準備だったんですね。

ED75と12系も似合いそうなんですけどねぇ、昔の臨時急行津軽みたいで。客車列車ももっと復活してくれないかなあ?

機関車の手配とか機回しとか大変だとは思いますが・・・。

 

【リンク】

JR東日本びゅうの急行おがツアー情報(PDFファイル)

 

鉄道ニュース・写真(北海道・東北) : comments(0) : - : 親子鉄マスター(父子旅):本田正博 :


鉄道コム


DD51がいなくなってから8年も経ったか・・・

DD51

秋田地区ではかつてJR貨物によるDD51の貨物列車が運転されていました。この写真はいなくなる前の2010年2月。

秋田貨物駅〜秋田港駅までの往復と夜には秋田貨物駅〜北上駅までの仕業があったと思います(北上貨物は重連だったけど深夜の運転なので一度も撮ったことがありません)

 

 

DD51

最近の動きを見ていると国鉄色のDD51がJR貨物からも姿を消しつつあるようですし、名古屋地区では北海道から転入のDF500も稼働して転入がさらに続いているとか。近い将来JR貨物からもDD51はいなくなるのでしょうか。

DLファンとしては寂しい限り。

 

 

DD51

こちらはさらに遡って国鉄時代の奥羽本線を走るコンテナ貨物。夕方でしたが堂々と運転されていました。

今じゃ奥羽本線に貨物列車が走ること自体ないですからね。トラック運転手の労働者不足が叫ばれているのだからもう一度貨物列車が脚光を浴びてもいいと思うのですが。物流もスピードが求められているので列車だと難しいのでしょうか。

 

 

DD51

ちなみに秋田港駅ではDD51が貨物列車の入換作業も行っていました。

今はDE10に変わり普通な感じですが、DD51による貨車の入換って今考えれば珍しいことだったんですね。

このころは秋田臨海鉄道のDD13タイプ(DD56型)とDD51の競演が毎日のように見られました。

 

 

DD51

最後に番外編。

秋田総合車両センターに運ばれてきた高崎のDD51。これは検査入場前だったと思います。

高崎のDD51(JR東日本)とJR西日本のDD51はまだ頑張っていますね。

変わりのDLが登場しないでいつまでもこのスタイルを貫いてほしいなぁ。

 

鉄道ニュース・写真(北海道・東北) : comments(0) : - : 親子鉄マスター(父子旅):本田正博 :


鉄道コム