『父子でお出かけや旅をしよう!』
秋田市在住の親子鉄マスター。パパサークル代表。父子・親子で楽しめる鉄道スポット、乗り鉄情報など(主に秋田地区中心)
海外譲渡がなくなった24系ももうすぐ3年・・・

24系客車

2015年11月に青森車両センター(当時)から「あけぼの」等で利用された車両27両が海外譲渡のために秋田臨海鉄道の秋田港駅に運ばれてきてもうすぐ3年。今でも大浜ふ頭でその27両が輸出されずに置かれています。

そしていよいよですが錆が目立つようになってきました。ご覧のオハネフ(白帯)も錆びてきてますね。

 

 

24系客車

こちらのオハネフ(金帯)も錆が帯に係ってきてるのがわかるでしょうか。

日に日に劣化していってます。正直見てるのが辛い。でも現在完全に宙に浮いている状態のようなので誰も手が出せない24系たち。救いたくても所有者がはっきりしないので手も出せないし税関の敷地にあるし。このまま朽ちていくのを待つのでしょうか・・・。

 

 

コキ車

一方秋田港駅に置かれたままの下JR貨物のコキ車とDE10たち。これらももう動かせないでしょうね。

特にディーゼル機関車はエンジンもかけていないので。車輪は回ったとしても機関車としては機能しないのでは?

 

コキ車

運ばれてきた当時は秋田港から輸出して海外で活躍することを願っていましたが、まさか3年もここに置かれたままになるとは。

川崎や室蘭、新潟からも鉄道車両の輸出がありますがそちらでは順調にいってるのでしょうかね?

秋田も最初の取り組みがこれですからこの先どうなる事やら・・・。

 

鉄道ニュース・写真(北海道・東北) : comments(3) : - : 親子鉄マスター(父子旅):本田正博 :

鉄道コム

羨ましい!「カシオペア紀行」から始まる日本一周列車の旅10日間

カシオペア紀行

10月20日上野駅出発のカシオペア紀行盛岡行きはなんと9泊10日の全国ツアー。というわけで超豪華です。

料金総額¥ 570,000(¥ 285,000 x 2名)!まだ空いてるようなので興味のある方はぜひどうぞ。

 

カシオペア紀行

 

【カシオペア紀行 盛岡行き】
「カシオペア紀行」から始まる日本一周列車の旅10日間

詳しくはこちらへどうぞ

 

乗る列車、宿泊先も全国!

1日目は「カシオペア紀行」に乗って盛岡へ、東北新幹線と青函フェリーに乗って函館へ、函館から青森へ戻りリゾートしらかみで秋田へ、特急いなほ⇒上越新幹線⇒北陸新幹線と乗り継いで金沢へ、サンダーバード⇒山陽新幹線へ広島、宮島⇒九州新幹線で鹿児島へ、その後人吉⇒SL人吉で熊本へ、A列車でいこう⇒九州新幹線⇒マリンライナーで高松へ、高松を散策してサンライズ瀬戸で東京へ

という行程だそうです。

 

う、羨ましい・・・の一言ですね(^^;

鉄道ニュース・写真(北海道・東北) : comments(0) : - : 親子鉄マスター(父子旅):本田正博 :

鉄道コム

旧型客車『男鹿なまはげ号』を撮る@上飯島駅

男鹿なまはげ号

昨日のブログで旧型客車『快速あきた犬号』の乗車記を書きましたが、同日DE10けん引の男鹿なまはげ号も運転されました。本当は無理して両方乗ろうと思いましたがさすがに叶わず。男鹿から象潟へ向かうところを記録程度に写したものがこちら。

上飯島駅を通過するDE10のプシュプルによる旧型客車3両の男鹿なまはげ号。思ったよりも速いスピードで通過していきました。

 

 

男鹿なまはげ号

ちなみにこちらは秋田駅から男鹿駅へ向かう前の男鹿なまはげ号。僕が秋田駅に着いた時に出発していったのでこれしか写真は撮れなかった・・・。

 

男鹿なまはげ号

象潟方の機関車と客車の連結面。覗くまでもなく出発してしまったのでこれしか写せませんでした・・・。

よって夕方にリベンジ!

 

 

男鹿なまはげ号

こちら上飯島駅を通過した男鹿なまはげ号の後追い。ここまでで撤収しようと思ったら奥に何やら機関車が???

貨物列車がやってきたようです。しかもブルーサンダー?EF510-500(元JR東日本の機関車)

 

男鹿なまはげ号

望遠でも届かないほど遠くだったのでこんな感じでぼやけてしまい・・・。

せっかくなのでこの瞬間をしっかり撮りたかったなぁ。

 

こんな感じで1日中秋田県内を縦断した旧型客車たち。次に秋田に来てくれるのは10月13日、14日のSL運転かな?

ただその時は6両らしいので全部は来ないんですね。

鉄道ニュース・写真(北海道・東北) : comments(0) : - : 親子鉄マスター(父子旅):本田正博 :

鉄道コム

湯沢行きカシオペア紀行を撮る!?@秋田駅

カシオペア紀行

8月17日上野発で、8月18日着のカシオペア紀行が初めて?秋田県湯沢市まで運転されました。カシオペア紀行は秋田を素通りはするものの目的地になる事がほとんどないためいつも残念に思ってましたが、この日は湯沢市のとなり、羽後町の伝統行事『西馬音内盆踊り』のために湯沢まで運転されました。

 

 

カシオペア紀行

子どもの塾の迎え時間と重なったので秋田駅でその入線をみただけですが・・・。

残念だったのはやっぱりヘッドマークですね。青森方につくのでどうしても秋田に来るときはヘッドマークのつかない方が表になります。今回は湯沢行きだったのだから両側に着けてほしかったなというのが本音。所詮秋田なんてそんな扱いなのかな?とちょっと自虐的に感じました。

 

 

カシオペア紀行

こちら秋田駅2番線に入線する団体専用列車カシオペア紀行。

701系と一緒にパチリ。あきた鉄道フェアin土崎の開催日でもあったのでたくさんの鉄道ファンがカメラを構えていました。

でも秋田駅だとなかなか取れないんですよね。

 

あきた鉄道フェア号

ちなみに同時刻の秋田駅。

お隣の土崎にて行われていたあきた鉄道フェアin土崎のための臨時列車には特製ヘッドマークがつけられていました。

秋田支社はここまで力入れてるのになぁ、なかなか東京から人を連れてくる(団体専用列車の運転など)のは難しいんですかね。

 

鉄道ニュース・写真(北海道・東北) : comments(0) : - : 親子鉄マスター(父子旅):本田正博 :

鉄道コム

東京発(上野駅・新宿駅)、懐かしの夜行列車たち

ゆうづる

お盆休みも終わり今日から仕事再開という方も多いことでしょう。台風の影響などで全国的に大雨です、どうぞ災害等にはお気をつけくださいね。

さてその昔(今から30年位前〜数年前まで)はお盆や正月の帰省と言えば新幹線もありましたが夜行列車もたくさんありました。

そんな懐かしの写真を探してみました。まずは上野駅にて寝台特急ゆうづる。常磐線経由で上野と青森を結んでいた寝台特急。このころは何本か運転されていましたね。機関車のEF81も11号機と初期型。客車は24系だったでしょうか。

 

 

ゆうづる

一方こちらは583系使用の寝台特急ゆうづる。JNRがはずされていますね、JRになった直後の写真だったと思います。当時は写ルンですで撮っていたので画質が悪くてよく見えませんね・・・。

 

 

はくつる

同じく上野駅に到着した東北本線経由で上野と青森を結んでいた583系寝台特急はくつる。廃止される直前に24系の寝台特急はくつるには乗ったことがありますね。懐かしい、こちらの583系にはJNRがついてますね。国鉄時代の写真かな?

 

 

急行能登

これは寝台急行能登だったと思います。EF62が上野から牽引、横軽でEF63と重連で越えていったはず。寝台急行時代に乗ったことはありませんが、489系の時に一度だけ急行能登に乗って上野から金沢へいったことがありました。大学最後の日曜日だったなぁ。

 

 

急行津軽

こちらもヘッドマークがありませんが急行津軽の臨時列車だったと思います。たしか客車は12系。秋田から上野までボックスシートに友達4人で座ってきた記憶があります。青海で開かれた博覧会に遊びに行ったんですね、当時同じ部活の中学生4人組での旅行でしたが楽しかったなぁ。今にして思えばレインボー機が引いていたのはラッキーでしたね。

 

 

ムーンライト

こちらは快速ムーンライト。新宿発新潟行きの快速列車でした。デビュー当時は165系、この色は2代目ですが165系のころに乗ったことはありませんでした。新津駅で撮った一枚だと思います。

 

 

ムーンライトえちご

そしてこちらは廃止直前の快速ムーンライトえちご。廃止というよりは噂があってこの直後から運転されなくなりました。確か485系K1編成だったような。これも貴重な列車でした。なにせ夜行の快速列車ですからね。ムーンライトながら、ムーンライト信州もいつまで運転されるかわかりませんが、ニーズは多いと思うんですよね。JRもその辺は考えて欲しいな。

ここからデジカメなので写りがいいですね(笑)

 

寝台特急北斗星

そして最後まで残っていた寝台特急北斗星。上野駅に帰ってきたところです。

このころはブルートレインは北斗星、急行はまなすしか残ってませんでした。これもつい数年前の出来事だったのに。

 

 

寝台特急あけぼの

最後は思い出深い寝台特急あけぼの。まだ上野までEF81で運転されていたころのものです。このあと上野から長岡間はEF64がけん引するようになりました。上野駅で赤い電気機関車を見ることができたのはこれが最後だったかもしれませんね。

以上、簡単ですが上野、新宿発の夜行列車をまとめてみました。

 

スピードだけを求めない古き良き時代でしたね。時間に追われない生活をしないと日本人も幸せに暮らせないのではと思うのは歳を取ってきた証拠でしょうか(時間に追われる生活と仕事の効率化、生産性向上は別物だと思います)

鉄道ニュース・写真(北海道・東北) : comments(0) : - : 親子鉄マスター(父子旅):本田正博 :

鉄道コム