『父子でお出かけや旅をしよう!』
秋田市在住の親子鉄マスター。パパサークル代表。父子・親子で楽しめる鉄道スポット、乗り鉄情報など(主に秋田地区中心)
おがナマハゲ絵画展列車が走ります(男鹿線の話題)

EV-E801系

男鹿線を1日3往復している2両編成の蓄電池電車EV-E801系(ACCUM)が2月22日〜3月10日まで男鹿市内の小学生が描いたなまはげの絵画を掲載して運転される、ギャラリー列車になるそうですよ。

ラッピングをするほか、特別ヘッドマークも掲載される車内では159点の作品が展示され、投票も行われるとか。

 

詳しくはプレスリリースをご覧ください!

普段の通勤通学列車が賑やかになりそうですね。土日にでも乗ってみようかな?

 

【リンク】

JR東日本秋田支社のプレスリリース(PDFファイル)

 

【親子鉄】イベント情報など : comments(0) : - : 親子鉄マスター(父子旅):本田正博 :

鉄道コム

富士急初代トーマスランド号が引退

鉄道コムより画像を拝借しました。

結局一度も乗れなかったトーマスランド号。後継車両が動いてることもあり初代が引退します。

今月の23日のようですね、仕事だし遠くていけない・・・。子どもたちが小さいうちに一度でも行けばよかったなと今になって後悔します。

 

【リンク】

富士急行トーマスランド号のページ

富士急行5000系引退ニュース(鉄道コム)

 

【親子鉄】イベント情報など : comments(0) : - : 親子鉄マスター(父子旅):本田正博 :

鉄道コム

5月に秋田地区で急行津軽が運転!懐かしの写真をいくつか。

急行津軽

5月18日と19日の2日間、秋田県の湯沢駅と青森県の弘前の間を急行津軽が運転されます。今回はEL+12系6両と書いてあったので、ED75と高崎の12系の組み合わせになるのでしょうね。懐かしいですね、急行津軽。

僕が知ってる急行津軽は14系座席車の時代ですが、残念ですが写真が残ってません。

そこで探してみたところリバイバル津軽で運転された時の写真がありました。上野からの運転だったと記憶してますが?

車両は秋田車両センターの583系でした。

 

急行津軽

こちらは青森駅で出発を待つ、当時の583系急行津軽。僕は秋田までグリーン車に乗車した記憶があります。考えてみると14系座席車の他にも583系、485系、古くは10系客車の時代もあったと思います。

 

急行津軽

そしてこの写真。上野駅でのEF65-1019、初代レインボー機ですが、実はこれ僕が中学時代に乗った急行津軽81号?82号だった臨時列車の牽引機でした。客車は12系。後ろにちょっとだけ映ってるのがわかりますかね?

12系のボックスシートに座ったまま上野まで行ったのを覚えています。友達とだったしほとんど寝られなかった(笑)

 

急行津軽

こちらは高崎の12系ですが、この時の牽引はC61-20。電気機関車が牽くとまた違う雰囲気でしょうね。

 

急行津軽

1日1往復を2日間です。乗れるかなぁ?切符撮れるかなぁ?

弘前城の桜も終わったころだと思いますがきっと気持ちよく旅ができるでしょう。

ぜひ春に乗ったみたい列車のひとつですね。

 

【リンク】

JR東日本の春の臨時列車案内(PDFファイル)

 

【親子鉄】イベント情報など : comments(0) : - : 親子鉄マスター(父子旅):本田正博 :

鉄道コム

ハイグレード車E655系なごみ秋田に参上!&リゾートあすなろも。

E655系なごみ

昨日初雪が降った秋田市の今朝は寒いけど晴れたり曇ったり。以前このブログでも告知した「ハイグレード車両E655系なごみで行く鰺ヶ沢への旅」が今朝無事に運転されました。昨夜上野(尾久)を出て今朝ほど秋田に到着、すぐに弘前行きとなり、帰ってきてもそのまま夜通し上野まで運転されるという「E655系なごみ」にとってはハードスケジュール(笑)

でも天候にも恵まれ運転されたことは嬉しい限りですね。

 

 

キハ40

たまたま近所の病院へ薬をもらいに行く途中で上飯島駅に寄ってみました。

9時13分発の東能代発秋田行きディーゼルカーが過ぎると・・・(五能線車両の秋田車両センターへの送り込み)。

 

 

E655系なごみ

結構なスピードでやってきました!E655系なごみ!本当は乗ってみたかったけど何せ大人も子供料金も24,000円。

結局諦め写真のみで今年は我慢することにしました(^^;

でもこの何とも言えない高貴な色合い、というかとても撮影するのが難しいと言われているこの色。光の当たり方ひとつで全然変わりますね。多分こちら側の色の方が本来の塗色に近いのかな?寒いけど天気に恵まれたので乗車されている方々もいい旅になることでしょう。

 

 

リゾートあすなろ

そしてすっかり忘れていましたが、このあと八戸行きのリゾートあすなろ周遊号というのが走り去っていきました。

リゾートあすなろは昨年も乗ったので今回は上飯島駅にいたお客さんと車両を。

なんか停まりそうな感じに見えますね、もっとシャッタースピードを遅くすればスピード感が出ていたのかな。写真は難しいですね。

 

【親子鉄】イベント情報など : comments(0) : - : 親子鉄マスター(父子旅):本田正博 :

鉄道コム

今冬も発売!あきたホリデーパス。県内乗り降り自由のフリーきっぷ

あきたホリデーパス

今年も発売になります!秋田県内のJR線、第三セクター線が乗り放題の1日フリーきっぷ『あきたホリデーパス』。

おとな2400円、こども1200円で全線の普通列車が乗り降り自由なんです。これは物凄いお得!

逆に言うと冬場は乗車率が落ちるのでそのためのお得な切符ということなんですが(^^;

でもこれを使わない手はないでしょう。

 

発売期間は2018年12月7日〜2019年2月17日

利用期間は2018年12月15日〜2019年2月17日までの土日祝日。ちなみにお正月に差し掛かる12月22日〜1月6日までは毎日利用可能とのこと。お正月に秋田県内の列車めぐりができますよ。

何といってもおとな2400円ですからね!

 

今年のお正月はこれを使ってどこかに遊びに行こうかな?

 

【リンク】

JR東日本秋田支社のチラシ(PDFファイル)

 

【親子鉄】イベント情報など : comments(0) : - : 親子鉄マスター(父子旅):本田正博 :

鉄道コム