秋田市在住の4児のパパ。親子鉄マスター。NPO法人ファザーリング・ジャパン。秋田・青森・岩手などの親子で楽しめる鉄道スポット、乗り鉄情報など発信中。親子鉄を広めて『家族みんなを幸せに』が活動の目標
マニアックな小坂鉄道ナイト開催しました@御成座(映画館)

小坂鉄道ナイト

昨日のブログでご覧いただいた4月16日のブルートレインあけぼの回送イベント(記事はこちら)の前夜にこっそりと大館市の映画館「御成座」にて「小坂鉄道ナイト」が開かれました。

「小坂鉄道ナイト」では保存会会長の千葉さん撮影による1990年ころの貨物列車を映した「雪の三重連」や大館・小坂鉄道レールバイクの方、地元の方による超マニアックな小坂鉄道に関するいろいろな映像、文献、写真などを解説付きで聞くことができました。

 

小坂鉄道ナイト

内容もさることながら(超マニアックで)、驚いたのはこの映画館の昭和感が半端ない!

本当に昭和レトロの映画館がまだ現代にあるんだなと思って驚きました。

そのレトロ感をたっぷりとご覧ください。

 

 

小坂鉄道ナイト

有名人が来た時のサインもたくさん。

ちなみにここは売店でお菓子屋らグッズやらポップコーンなども販売中。

店員さんは2階に住居があり住んでいらっしゃるとか?

 

 

小坂鉄道ナイト

廊下もこんな感じ。かつての名画のポスターがたくさん!

正直僕は知らない映画ばかりでした(^^;

小学校の頃にいった地元の映画館を思い出しましたね。

 

 

小坂鉄道ナイト

その前で記念撮影!

みなさん後ろのポスターの映画をご存知ですか?

 

 

小坂鉄道ナイト

ちなみにその映画館近く(大館駅前)にある元小坂鉄道の踏切跡。

御成町踏切と言って自動ではなく人力で動かしていた踏切です。左にあるのはその詰所。

小坂鉄道はほぼ全線に渡って線路はそのまま敷かれておりいつでも復活を目指せる状態ではあります。

そのために、保存会やNPOの大館・小坂鉄道レールバイク、小坂町などが頑張って活動しています。

 

秋田のはずれ、青森のはずれ、そして岩手のはずれにある小さな町ですが、十和田湖、八幡平の観光のついでに寄ってみませんか?

とっても懐かしく時間の止まった空間がそこにはありますよ。

 

【リンク】

大館市御成座(映画館)

 

小坂鉄道保存会(Facebookページ)

 

 

【親子鉄】鉄道イベント・他 : comments(0) : - : 親子鉄マスター(父子旅):本田正博 :


鉄道コム


カラマツトレイン主催の「あきた鉄道まつり」INセリオン

あきた鉄道まつり

さよなら583系が運転された4月2日、秋田では初開催のカラマツトレイン主催「2017秋田鉄道まつり」にいってきました!

昼ころを狙っていったところ車は停められないし、遠くに停めて歩いてきたら物凄い長蛇の列。

諦めて一度帰りました。2日目なのにこの人はすごい!

 

 

あきた鉄道まつり

ちなみにカラマツトレインの物販がメインのこのイベント。

でも子供たちでもたくさん遊べるコーナーやスタンプラリーなど企画もたくさんあって短時間だったけど楽しく遊ぶことができましたよ。これからもたまにやってほしいな。

 

 

 

あきた鉄道まつり

こちらは汽笛を鳴らす体験コーナー。

4種類の汽笛を鳴らし分けて音の違いを体験できます。実際にどのような車両についていたものか書いていてくれると嬉しかったなぁ。

 

 

あきた鉄道まつり

こちらは物販とNゲージコーナー。

Nゲージの運転は有料となりますが、秋田でも馴染みの新幹線各種の運転体験ができるようでたのしそうにやってましたね。

でもこの規模なら先日鉄道友の会秋田支部でやった鉄道模型遊びの方が車両も選べるし面白かったかも!

 

 

あきた鉄道まつり

僕が一番気になったのはこちらの行き先版、サボ等の販売コーナー。

欲しいのはたくさんありました。特急「鳥海」、特急「つばさ」、急行「あきた」などなど。

でもどれも高いなぁ・・・。ま、本物だとこれくらの値段はするのでしょうね。

 

他にもNゲージや中古プラレールの販売コーナー、切符、懐かしい鉄道本や鉄道グッズの販売などいろんなものが売られていましたね。

 

 

あきた鉄道まつり

定番のプラレール遊びコーナー。

最近はどこでもやってますね。僕らあきたイクメンネットワークも負けずにあちこちで開催しようっと!

 

 

あきた鉄道まつり

今回一番驚いたのはリニアモーターカーのプラレール。

これが早いのなんのって。運転してるのはうちの子ですが、とにかくその速さに驚き。

今度買ってみようかな。本当のリニア(超電導)式での運転なので仕組みを教えると子どもたちもさらに驚きですね。

 

 

あきた鉄道まつり

こちら来場記念証。

使いまわし感が半端ありません(笑)

でも583系だから嬉しかった。

 

ちなみに入場券は愛知県で行われた同イベントのものの再利用。横断幕は「秋田」の裏に「酒田」と書かれていました。

臨時的なイベントだったのかな?

でもとにかくたくさんの子どもたちが遊んで、楽しそうにしていたので我々も同じようなイベントをたくさんやっていきたいなと改めて感じましたね。

【親子鉄】鉄道イベント・他 : comments(1) : - : 親子鉄マスター(父子旅):本田正博 :


鉄道コム


4/2から第1回秋田鉄道まつりがセリオンで行われます!

秋田鉄道まつり

4月1日(土)〜2日(日)の2日間、秋田港にある『道の駅あきた港セリオン』にて第1回秋田鉄道まつりが開かれます!

これまでセリオンでこの手の鉄道イベントはやったことがないのではないでしょうか。

 

実はこのイベント主催があの『カラマツトレイン』!

 

僕たちがよくやるようなプラレール遊びはないようですが、その他の鉄道遊びがたくさんできるようですよ。

僕も583系ラストラン第1弾の4月2日にでも行ってみたいと思ってます(583系は切符が取れなかったので)

 

ちなみに、

入場料 4歳以上小学生まで 300円、中学生以上 600円 3歳以下無料

ですのでご注意を!

 

セリオンの秋田鉄道まつりのお知らせ

 

【親子鉄】鉄道イベント・他 : comments(0) : - : 親子鉄マスター(父子旅):本田正博 :


鉄道コム


北上線でも冬季に駅を通過するみたい

 

北上線

これまで只見線とか北海道のローカル線くらいでしかなかった冬の間の駅通過が、ついに秋田でも始まりました。

秋田というか岩手というかですが・・・。

 

 

北上線

 

上記の列車が通過対象となるそうです。

確かに北上線は除雪のためによく数日間列車を止めたりしてる路線ではありますが、それだけ利用者が少なくなってきたということでしょうか。過疎化がさらに進んでる証拠ですね。寂しい限りです。

 

 

北上線

ちなみに昨年2月に乗った北上線からの車窓。

この年は雪は例年よりも少なかったのですが、それでもホームはこんな感じ。

定時運行されたのが不思議なくらいです。

 

 

北上線

こちら名所の錦秋湖。

湖も完全に雪で埋まります。そんな豪雪地帯を走る北上線。

 

都会の人にとってはこれもまた新鮮な景色かも?

北国の原風景ってこんな感じですよ。こんなところでも人は生活できるんです。

便利なところに住んでいなくても人は生きてゆけます。これからの日本人の大切なテーマかも。

 

【リンク】

JR東日本秋田支社

http://www.jreast.co.jp/akita/press/pdf/20161111.pdf

 

【親子鉄】鉄道イベント・他 : comments(0) : - : 親子鉄マスター(父子旅):本田正博 :


鉄道コム


中井精也さんのトークショーINメトロポリタン秋田

中井精也トークショー

ホテルメトロポリタン秋田の30周年イベントということで鉄道写真家で有名な中井精也さんのトークショーがあり、先輩より安くチケットを譲っていただいたので参加してきました。中井精也さんのゆる鉄が僕も大好きで、よくNHKのテレビ番組をみており楽しみにしていたのですが・・・、

 

思った以上に楽しかった!

 

中井精也トークショー

チケットも切符をイメージしていていいですね。

 

中井精也トークショー

最初は駅弁をイメージ?したという超豪華なお弁当。

はっきり言って豪華すぎます。そして右上に見えるので懐かしのお茶!

昔の駅ではよく駅弁にこのお茶が売られていましたよね。

まだこの入れ物を作ってるところがあるんですね。素晴らしい!

 

中井精也トークショー

トークショーの内容は「楽しかった!」「素敵な写真をたくさん見ることができた!」「なによりトークが面白かった!」などみなさんの想像にお任せします(笑)

(スライド等写真撮影はできなかったので)
終わってからは簡易サイン会も開かれました。

 

 

中井精也トークショー

そして抽選で中井さんのサインもいただきました!

チケットを譲ってくれた先輩、一緒に付き合っていただいたみなさんありがとうございました。

 

【リンク】

1日1鉄(中井精也さんの「ゆる鉄ブログ」)

 

中井精也のてつたび(NHK)

 

【親子鉄】鉄道イベント・他 : comments(0) : - : 親子鉄マスター(父子旅):本田正博 :


鉄道コム