『父子でお出かけや旅をしよう!』
秋田市在住の親子鉄マスター。パパサークル代表。父子・親子で楽しめる鉄道スポット、乗り鉄情報など(主に秋田地区中心)
きらきらうえつの廃車延長?

きらきらうえつ

9月末をもって引退する新潟の485系きらきらうえつ。ところが秋の臨時列車情報を見るとその後もしばらく予定が入ってますね。そして10月には秋田から新潟への運転も!これがほんとの最後になるのかな?

 

 

きらきらうえつ

まずは上越線の水上まで運転されます。でも名前はきらきらうえつのまま。

 

 

きらきらうえつ

これですね、秋田始発の新潟行き!『きらきら日本海』、ネーミングもそのままですよね。このラストランで新潟まで乗ってみたいものです。

 

 

きらきらうえつ

今のところ一番最後がこちら、柏崎への臨時列車なんですね。その後は予定がないのでこれをもって引退、廃車なのかもしれません。果たしてどうなるのか!?

 

 

 

【親子鉄】きらきらうえつ・特急いなほ : comments(0) : - : 親子鉄マスター(父子旅):本田正博 :

鉄道コム

【親子鉄おススメ】多分最後のきらきらうえつ乗車記

きらきらうえつ

3月21日から24日まで新潟から酒田まで週末に運行されている快速きらきらうえつ号が秋田まで延長運転されました。9月には引退といわれているきらきらうえつ、今回が最後の乗車かな?と思い切符を取って友人と4番目の3人で秋田から酒田まで乗車してみました。本当は新潟まで行ってみたかったけど帰ってくるのが大変なので・・・。

 

きらきらうえつ

秋田駅の改札前には大きな秋田犬のフワフワ?バルーン?なんだろう、この軽いの?が2体置かれていますので記念撮影。秋田はザギトワ選手の秋田犬マサル以来、秋田犬押しがすごいですね。

 

きらきらうえつ

さて車内は満席に近いくらいの乗車でしかも天気も悪かったので車内写真はこれだけです(笑)

485系のシートピッチは相変わらず狭い、でもこれはこれでいい思い出になりました。おそらく僕にとっても最後の485系だと思うのでいろいろと思い出しながら酒田までの2時間を楽しみました。

 

きらきらうえつ

先頭車両もずっと入れ代わり立ち代わり人がいたようですね。この展望デッキ?もなくなると思うとなぁ、引退してもどこかに保存して使われればいいのになと思いますね。

 

きらきらうえつ

酒田までの2時間はあっという間。本当にあっという間でした。秋田から酒田までは車内の売店営業もないので寂しい乗車にはなりましたし、天気も涙雨でしたがいい思い出になりました。途中一瞬電源が止まり電気が消えるハプニングもありました、これも車両の古さを露呈したのでしょうか。

 

三日月軒のラーメン

駅東口(駅裏)にある三日月軒で酒田のラーメンを食べて帰りは特急いなほで帰りました。

きらきらうえつ。もう半年運転はされますが最後まで故障もなく走ってもらいたいですね。ちょっと早いですがお疲れ様でしたと言いたいです。

 

 

【親子鉄】きらきらうえつ・特急いなほ : comments(0) : - : 親子鉄マスター(父子旅):本田正博 :

鉄道コム

485系の夜行といえばムーンライトえちご以来かなぁ?

 

きらきらうえつ

なんと!すでに発表されているのでご存知かもしれませんが、新潟車両センターのきらきらうえつを使用して直江津から秋田までの夜行列車が運転されるそうです。これは珍しい企画(団体列車)ですね。

出発が3月27日(木)で直江津を22時19分発、途中何度かドア扱いがあり秋田には7時15分着。

その後仕事に行ける時間帯ですね(笑)

 

座席夜行列車なんて久しぶり、しかも485系だなんて。僕は新宿から新潟まで運転されていたムーンライトえちごしか乗ったことがありません(急行津軽も一時期485系で運転されていましたね)

 

ムーンライトえちご

これが2012年に乗った時のムーンライトえちご。新潟車両センターのK1編成だったような気がします。

グリーン車で寝ましたが、まぁ座席が硬くてほとんど寝られなかった記憶が(笑)

今回のきらきらうえつ夜行列車の旅はどうでしょうかね?

まだ受付中のようですので興味のある方はぜひご乗車のほどを!

 

【リンク】

小田急トラベルの該当ページへ

 

【親子鉄】きらきらうえつ・特急いなほ : comments(0) : - : 親子鉄マスター(父子旅):本田正博 :

鉄道コム

今年最後、きらきらうえつ秋田延長運転

きらきらうえつ

来年度で廃止、廃車が決まっている羽越本線を走る『快速きらきらうえつ』。たまに秋田まで運転区間が鵜延長されますが、今年最後の区間延長がこの11月23日〜25日までありました。今回は乗ることができなかった(指定席もほとんど満席に近かったようで)秋田駅で最後のお見送りを。

この方もそうでしたが今までよりも写真を撮る方が増えたなぁってのが印象ですね。

 

 

きらきらうえつ

このきらきらした車体もだいぶ色あせてきたなぁ。白色がくすんでますもんね。

 

 

きらきらうえつ

先頭車両でもプチ撮影会の様子。この日はリゾートしらかみの運転がなかったので並ぶことはありませんでした。残念。

(いつもだと後方の2番線にリゾートしらかみが停まっているんですが・・・)

 

きらきらうえつ

これだけたくさんの方に愛された車両なんですね〜。

いろんな方が入れ代わり立ち代わり写真を撮りに来ていましたよ。

 

きらきらうえつ

秋田駅らしい写真を撮れないかなぁと探したもののここくらいしか・・・(^^;

 

きらきらうえつ

そして定刻に出発したきらきらうえつ。2番線にもカメラを持った方々が写真を撮りながら見送っていました。

次に秋田に来るのは3月の3連休だったと思います。その時は子どもたちと乗りたいな。

それが最後の乗車になるかもしれませんが・・・。この列車から日本海に沈む夕陽を満喫してみたいものですね。

 

【親子鉄】きらきらうえつ・特急いなほ : comments(0) : - : 親子鉄マスター(父子旅):本田正博 :

鉄道コム

きらきらうえつはついに廃車なのでしょうか。新車登場により。

 

きらきらうえつ

年に何度か秋田までも延長運転されている羽越本線を走る快速きらきらうえつ。こちらの485系車両の後継車(新型車両)が発表になりました。ということはきらきらうえつは廃車になる可能性が高いのでしょうね。

 

 

きらきらうえつ

きらきらうえつも座席の位置が高く羽越本線から見る日本海をきれいに見ることができる車両でした。こちらは羽後本荘駅にての一枚。

 

 

きらきらうえつ

車内はこんな感じ。3号車?には売店コーナーと飲食スペースもあります。足回りさえ何とかなればまだまだ活躍してもらいたいリゾート列車なんですけどね。やはり老朽化には勝てないということでしょう。

 

新型車両

こちらが新型車両の『海里(KAIRI)』。リゾートしらかみと同じ車両のハイブリッド気動車。こちらはこちらで楽しみですね。2019年の新潟ディスティネーションキャンペーンにあわせての登場のようです。この車両も秋田までたまに来てくれないかな?

日本海の夕陽を眺めながらリゾート列車を満喫。五能線のリゾートしらかみのようですが、また楽しみが一つ増えました。

 

 

【リンク】

JR東日本新潟支社のプレスリリース(PDFファイル)

 

【親子鉄】きらきらうえつ・特急いなほ : comments(1) : - : 親子鉄マスター(父子旅):本田正博 :

鉄道コム