『父子でお出かけや旅をしよう!』
秋田市在住の親子鉄マスター。パパサークル代表。父子・親子で楽しめる鉄道スポット、乗り鉄情報など(主に秋田地区中心)
【親子鉄おススメ】SL銀河に初乗車!

JR釜石線を走るSL銀河に乗ってきました。週末を中心に岩手県の花巻と釜石を結ぶ(片道ずつ運転されるのが基本)SL銀河。通して乗ると4時間近くかかりまた指定席券もとても取りにくい。ところが岩手県の方に聞いたら、遠野を境にお客さんが入れ替わるから遠野からなら乗りやすいとのアドバイス。今回は仙台に行く途中で時間もなかったので遠野から新花巻までの約1時間を親子鉄(父子旅)しておきました!

SL銀河

では乗車時間は1時間ほどですがそれ以上にSLに触れられるこの旅をご紹介。

 行程・ワンポイント

釜石線は非常に勾配が厳しくSLだけでの運転は非常に難しい、そこで客車兼動力車としてJR北海道よりキハ141系を導入し、銀河鉄道風にリニューアルしたのがこのSL銀河です。なので客車にもディーゼルエンジンがつき、冷房はしっかり効いているし、SLと協調運転をしていくので機関車に負担もかからない理想的な列車だそうです。
しかも途中の遠野では給水などのため約1時間ほど停車。この間に写真を撮ったり駅周辺をぶらぶらすることもできるんですね。

SL銀河
機関車と反対側の客車(気動車)にて1枚。この気動車、元は客車(50系51形)から改造されたものなので元をたどれば客車なんです。なんだか複雑(^^;

SL銀河
SLは綺麗でいつもピカピカ!SL銀河の蒸気機関車はC58が担っています。ごくごくたまに出張運転もあるようなので近くで見かけることがあればラッキーですかね。


車両の外側も銀河鉄道にようなイメージでとっても綺麗。まさに宮沢賢治の銀河鉄道の夜をモデルにしたことがよくわかりますね。


ちなみに僕らは盛岡から新幹線で一駅、新花巻で下車し快速はまゆりで遠野へ。そしてSL銀河で逆戻りというスケジュールだったのですが一番甘かったのがここ、新花巻駅。

※ただしここで注意。
新花巻駅の新幹線ホーム(駅舎)と釜石線ホームは繋がっていません。一度駅舎の外に出てから地下道をくぐってホームへと向かいます。思ったよりも時間がかかるので僕らは走る羽目に。みなさんもここで乗り換えるなら十分にご注意を



こちらが乗ってきた快速はまゆり。指定席をとっておいて大正解でした。お盆の帰省最終日と重なったためか自由席は満席。一方指定席はかなり空いていましたし座り心地がよい元特急のシートだったのでまったく苦ではありませんでした。あえて言うならば、新花巻駅に駅弁が売っていなかった(昼の時間だったので売り切れだった)のと車内販売がないため事前に飲食物を購入しておかなければならなかったこと。ここが次回への課題でした。

 遊ぶところ・みどころ紹介

  • 遠野市観光協会
    遠野と言えば見どころ満載。カッパから柳田国男の世界からジンギスカン鍋まで。時間のある方は遠野でゆっくり観光してみてください。


こちらが遠野駅。駅周辺にも観光スポットはたくさんあるようです。
僕らは昼食を探していましたが残念ながら駅弁など弁当を購入することはできませんでした。時間をみつけて近くの食堂などに入ることをお勧めします。

 かかった金額

この親子鉄旅でかかった費用内訳は次の通りです。(大人1名、小学生1名)

  • 切符代:
    新花巻から遠野まで(往復)
    大人1名 1520円+SL銀河の指定席520円
    小人1名 760円+SL銀河の指定席260円
    合計3060円
  • お菓子・飲み物など1000円くらい

 列車ガイド

それではSL銀河の車内(客車)を紹介しましょう。
前述の通り元JR北海道のディーゼルカーをリニューアルして使用。内装は本当に銀河鉄道の夜を想像させるような素敵な車内。ボックスシートもふかふかで気持ち広めに感じますね。


僕らが乗ったのは釜石寄りの4号車。座席は数席しかなくあとはソファーと売店。なので人がたくさん通りゆっくりはできないかもしれません。でも売店が近くだと何かと便利ですね。


4号車にはこれしか座席がありません。ちなみに花巻寄りの1号車にはプラネタリウムもあり約10分ほど上映時間で宮沢賢治の世界を楽しめるようですよ。


このスチームのあたりは50系客車だなぁと思いますね。国鉄時代からの名残というか、懐かしい。


車両の端にはこのようなミニギャラリーも。ここでも賢司の世界観を味わうことが。ちなみに売店そばのソファーの上にはSL銀河が復活するまでの軌跡が写真で紹介されていました。


ちょっとしたおつまみセットもありますのでゆっくりと全線を通して乗る方にはいいかもしれません。となりのソファーでは初めて出会った子どもたちが楽しそうに遊ぶ声が。夏休み最後だからかもしれませんが、子どもたちも楽しめるSL。こんな列車が全国各地に増えてくれると嬉しいですね。

※ただしここで注意。
長時間乗る列車ではありますが車内販売はないようです。またお昼をまたぐ時間で運転されるので食べ物は事前に準備されることをお勧めします。

 地図・アクセス方法

 車両ガイドへのリンク

 

【親子鉄】東北新幹線・東北地区 : comments(0) : - : 親子鉄マスター(父子旅):本田正博 :

鉄道コム

【親子鉄おススメ】ジパング平泉号で行く、平泉・中尊寺の旅

ジパング平泉

2011年東日本大震災のあった年に東北地方にとってとても嬉しいニュースが飛び込んできました。それは東北初の世界文化遺産に『平泉(正式には平泉―仏国土(浄土)を表す建築・庭園及び考古学的遺跡群)』が登録されたことです。その平泉駅への交通アクセスを便利にするために運行されているのが盛岡から平泉、一関までの『ジパング平泉』。
以前は仙台発の列車も設定されていましたが、ここ数年段々と運転回数が減ってきました。485系の老朽化でしょうか。もしかするとこちらの車両も間もなくかもしれないので今回は長男を連れて平泉、中尊寺の旅をしてきました。

 行程・ワンポイント

東北地方、特に秋田県の小学生は修学旅行で中尊寺、平泉に寄ります。ただうちの長男だけはちょうど東日本大震災の2011年が小学6年だったこともあり急きょ青森県に変更。
よって行ったことがなかったのです。なので経験のない彼を連れて恐らく二人では初めての親子鉄。
盛岡からジパング平泉に乗って、中尊寺金色堂を拝見、毛越寺で極楽浄土を見てこようとなりました。

当日はあいにくの雨でしたが・・・。

ジパング平泉
平泉駅に降り立つとこんな感じ。すっかり観光地の駅にリニューアル。駅前にはお土産やはもちろん、観光センターもあり初めての人でもわかりやすく教えてくれます。
駅から中尊寺までは徒歩で25分ほどかかるのでレンタサイクルもありますよ。晴れてると便利ですね。もちろん循環バスもあるので比較的便利に観光地巡りができる世界遺産だと思います。


ジパング平泉
僕らはポケモンGOをやっていることもあり徒歩で中尊寺へ(笑)
途中でたまごをふ化し、ジム戦をやりながら中尊寺の門前へ到着。ここから山登りが始まります!みなさんも結構な距離がありますので覚悟して登ってくださいね。
特に雨の日は道がぬかるむので駐車場側からの小道を通ることをおススメします。そちらは舗装されてますので。


ジパング平泉
そして奥州藤原家の栄華を誇った証である中尊寺金色堂へ到着。中の撮影は許可されていないので金色堂を覆う覆い堂をパチリ。この写真はみなさんどこかで見たことがあるのではないでしょうか?源義経公をかくまったことで鎌倉幕府の反感を買い滅亡させられたと言われる藤原氏ですが当時の力は絶大。そのすべてがこの平泉に集結しているといっても過言ではないでしょう。


ジパング平泉
順番は逆ですがこちらが中尊寺の本堂です。金色堂は一番山の上にあるのでさきに金色堂に行ってしまいました(^^;
こちらでもお参りをしたかったもののGWということもありたくさんの人がいて中までゆっくりと見ることはできませんでした。

ジパング平泉
一方こちらはもう一つの大きなお寺毛越寺。極楽浄土が見えると言われるお寺。駅からはまっすぐに来れますので初心者の方はこちらをおススメします。

ジパング平泉
そしてこちらが浄土を現したと言われる庭園。なはず・・・。
天気が悪く写りが悪いですが・・・。詳しい歴史については観光協会の公式ホームページをご覧になってください。

ジパング平泉
ジパング平泉号も両端が展望席となっていてフリーで座ることができます。だからこんな車窓もよく見える!窓からの景色だけではなく前面展望もいいものですよ。童心に帰って座ってみてはいかがでしょうか。

 遊ぶところ・みどころ紹介

 かかった金額

この親子鉄旅でかかった費用内訳は次の通りです。

  • 切符代:盛岡から平泉までの乗車券(大人1490円)、快速指定席券(大人570円)×往復
  • 中尊寺金色堂の拝観料が大人800円
  • 中尊寺駐車場のレストランでの食事代:1200円くらい
  • その他お土産など:2000円くらい

 列車ガイド

ジパング平泉
ジパング平泉は485系を改造した4両編成。両先頭車が指定席でドアを入るとこんな感じ。もうすでに異空間ですね。平泉をはじめ岩手の観光ガイドを映像で流しています。この異空間を通り過ぎると1号車、および4号車はこちらの通り。

ジパング平泉
なんと座席は窓を向いています。少しだけ動きを変えられますがリクライニングはできません。でも外の景色をゆっくり楽しむという意味ではいい配置ですね。
僕ら東北の人間にとっては風景といっても田んぼと山、雑木林なのでいつもと変わらないなぁという感じですが都会の方にとっては心が和むことでしょう。

ジパング平泉
そして先頭部分はこのような展望スペース。JR東日本のリゾート列車はこのパターンが多いですね。
横に流れる車窓だけでなく前面展望も楽しみましょう。お子さんだけじゃなく大人も楽しめると思います。

ジパング平泉
運転士さんが運転している様子もばっちり見えますよ。子どもたちは喜びますね〜。実際ちっちゃな男の子が抱っこされながらとっても楽しそうにお話してました。こういう光景を見てるとほほえましいですね。親子鉄ってこれが基本だと思います。子どもが喜び大人も一緒に笑顔になる。親子鉄も家族みんながHappyになるいいきっかけにしてほしいですね。

 地図・アクセス方法

 関連記事など

【親子鉄】東北新幹線・東北地区 : comments(0) : - : 親子鉄マスター(父子旅):本田正博 :

鉄道コム

リゾートあすなろで行く青森駅前観光+海の幸の旅

今回は青森駅前だけで観光が完結するという珍しい旅行。実はほぼほぼ毎年青森まで鉄道(親子鉄)旅行をしてるのですが、今回の目的はお昼ご飯にホタテ釣りをやって食べたい!という息子の一言が発端でした。僕の目的はリゾートあすなろに乗る事でしたが(^^;

 行程・ワンポイント

リゾートあすなろ

今回臨時列車として盛岡発北上線経由で秋田へ、そして翌日秋田から奥羽本線経由で八戸まで運転されたリゾートあすなろ周遊号。切符は満席でしたが実際の乗車数は半分以下かな?いつもながらに寂しさを感じます。切符マニアが買ってしまうのでしょうかね?それはもとより先週は雨が多かったもののこの日は快晴!いい日にあたりました。

カシオペア紀行
車内の様子はのちほど書きますが、秋田から青森までの車窓は正直見飽きています。この時期は田んぼの稲刈りも終わり特に地元の人間にとってみるものはないなぁと思っていたら浪岡駅で隣に停まっているのは・・・。カシオペア紀行ではないですか!外にでゆっくり見たかった。

カシオペア紀行
車内だったので見られたのはこのくらいです。いつかカシオペア紀行にも乗っていたいなぁ。でも秋田は素通りするだけなんですよね、残念ながら・・・。
ぜひ地方発東京行きのカシオペア紀行も設定してもらいたいものです、できれば秋田からも乗れるように。

帆立小屋

約3時間で無事青森に到着。その足で駅前にある帆立小屋へ直行。とにかくホタテ釣りをしたくて来たので周りは一切関係なく直行した4番目。

帆立小屋

今回もお昼時間についたもののそれほど待つことはなく釣るの順番に。
前回は3番目と4番目が参加しましたが今回は僕もチャレンジ。竿の先にひっかるための針がついていてそれを帆立の隙間にはさめてひっかけるのですが、これがなかなか難しい。大人もハマるわけです。結局僕が1枚、4番目が1枚の合計2枚をゲット!そして焼いてもらい焼き立てを美味しくいただきました(すべて4番目が(笑))

帆立小屋
こんな感じで2分間の間に何枚釣れるか、とった分は焼くか刺身かお寿司にしてくれます。
もちろん釣れなくても1枚は必ずゲットさせてもらえますのでご安心を!たった2分、されど2分。なかなか楽しい時間でした。

帆立小屋

そして待ちに待ったお食事はこちら。
今回はサーモンいくら丼だったかな?器は小さいかな?という感じですが中身が多い!なかなかのボリュームです。お吸い物もついてあっという間に美味しくいただきました。

帆立小屋
列車の中でいろいろお菓子を食べてきたのにあっという間にこちらもペロリ。スポ少始めてから食べるようになりましたねぇ。

ワラッセ

今回は時間の関係上2時間弱しか青森に滞在できないので食べ終わったらすぐそばにある「ねぶた村ワラッセ」へ。
実は僕、ねぶたを見たことがありません。知ってる人はたくさん関わってるのに。それもあってワラッセに入ってみたかったんですよね。

ワラッセ

こちらの建物はねぶたの歴史と体験、そして本物のねぶたを見ることができるというもの、2階が入口になります。
まずは定番の?記念撮影から。顔がよくわからない(^^;

ワラッセ

ちょうど13時過ぎに入ったのですが、お囃子ですかね?太鼓たたきの実演などにもチャレンジさせてもらい、他にもいろいろと音をならす道具なども体験しました。こうやってねぶた祭りを盛り上げるんですね。

ワラッセ

それにしてもねぶたの精巧な作りと大きさ、そして色遣いに感動。
これは盛り上がるわけですね。秋田の竿灯まつりとは全く違う感動を味わうことができます。実際のまつりに参加出来たらもっと迫力もあるんでしょうね。

701系

帰りは各駅停車でゆっくりと秋田まで戻ってきました(青森と秋田間は他に電車がないんだもん・・・、特急も1日3往復だけだし)。だからなかなかいけない青森ですが、駅前に観光施設が集中してるのは旅行者にとってはとてもいいですね。青森駅前はたくさんの人が歩いていて活気があるように感じました。

 遊ぶところ・みどころ紹介

 かかった金額

この親子鉄旅でかかった費用内訳は次の通りです。

  • 切符代(秋田駅〜青森駅までの片道):大人3350円/子ども1680円=片道5,030円+片道の快速指定席:大人500円/子ども250円
  • 食事・お菓子・飲み物:1,000円(秋田駅でお菓子・飲み物、マンガ)
  • 青森帆立小屋での飲食:約5,000円

 列車ガイド

リゾートあすなろ

秋田ではほとんど見られない(通常は青森周辺を運転している)リゾートあすなろ。
今回秋田で臨時列車として運転されたのはとても珍しいことです。それもあって乗ってみたかった。

リゾートあすなろ

なかなか綺麗なカラーリングです。秋田でよくみるリゾートしらかみとはまた違う雰囲気ですね。
リゾートあすなろは通常2両編成で青森から津軽半島方面と青森から八戸方面、大湊方面へ運転されていますよ。

リゾートあすなろ

車内の作りなどはリゾートしらかみ(青池、ブナ編成)とほぼ同じようです。とにかく座席が高くて景色が見やすく、また広いのでゆっくりと座ることができる。しかも快速列車なので料金も安い。これはおススメですね。


リゾートあすなろ

先頭車両には必ずこのような展望スペースがあります。JR東日本の列車はだいたい同じような作りですね。

リゾートあすなろ

 地図・アクセス方法

 関連記事など

 リンク

【親子鉄】東北新幹線・東北地区 : comments(0) : - : 親子鉄マスター(父子旅):本田正博 :

鉄道コム

10年前のJR常磐線いわき駅にて

415系

相変わらずネタがなく(写真を途に行く時間がなく)て昔の写真ばかりでスミマセン。

昨日秋田総合車両センターにDD16が入場したり秋田地区ではちらほらと動くはあるものの全く動けません・・・。

 

ちょうど10年前の今頃、福島県いわき市に仕事で行ったことがありその時の写真が見つかりました。

確か仙台で普通列車に乗り換えていったような。

 

そのいわき駅です。左は415系?右は?扉の数がわからないので何とも言えないのですが717系か455系あたりですかね?

詳しい方教えてください<m(__)m>

 

 

651系

すっかり常磐線ではなく高崎線のエースとなった651系ですが、このころはまだまだ上野といわきを走るのは651系特急スーパーひたち。水戸あたりまではフレッシュひたち(当時のE653系)だったと記憶してます。

仙台から乗ってみたかったなぁ。

 

531系?

こちらは??

531系とかでしょうか?415系に2階建てグリーン車の中間車ってありましたっけ?

常磐線に詳しい方教えてください<m(__)m>

 

たった10年なのにすっかり忘れてしまっている・・・。

 

【親子鉄】東北新幹線・東北地区 : comments(0) : - : 親子鉄マスター(父子旅):本田正博 :

鉄道コム

いよいよ明日大阪環状線から103系が引退(写真は東北の103系ですが・・・)

103系

明日10月3日、103ということでしょうか、大阪環状線から103系が引退します。

残る103系、105系もほとんどなくなってきましたね・・・。

僕も何度か大阪環状線の103系には乗っているものの写真がない・・・。のでラストの頃の103系写真を探してみました。

 

まずは国鉄時代の仙石線仙台駅(まだ地上だったころ)の1枚。ラッコのヘッドマークが可愛いですね。

確か半手動ドアだったのを覚えてます。

 

 

103系

次の土崎工場(現在の秋田総合車両センター)にて廃車待ちの103系か101系(中央線用?)JRになりたての頃の1枚だと記憶しています。

 

 

103系

こちらは2003年の仙石線103系。

仙石線から引退する直前のものです。この後1両も保存されることなく全て解体されたようですね、もったいない・・・。

東北地区唯一の直流区間の電車として保存していてもよかったのに。

東北には鉄道博物館がないのだからせめてJRのレールパークのような施設が欲しいところです。

 

103系

こちらは2010年、阪和線の103系。和歌山駅で見かけてびっくりした車両です。

 

 

103系

クハ103の1!!!!!

現在は京都鉄道博物館に保存されているようでこれはよかったなぁと思います。

 

103系

最後にこれが唯一の大阪環状線103系です。

しかもブレブレ・・・。

827という数字は何でしょうか??

 

いずれにしても全国津々浦々の直流区間を走っていた103系も残すはわずか。

国鉄車両の終焉もカウントダウンといったところでしょうか、寂しいですね。

 

【親子鉄】東北新幹線・東北地区 : comments(0) : - : 親子鉄マスター(父子旅):本田正博 :

鉄道コム