秋田市在住の4児のパパ。親子鉄マスター。NPO法人ファザーリング・ジャパン。秋田・青森・岩手などの親子で楽しめる鉄道スポット、乗り鉄情報など発信中。親子鉄を広めて『家族みんなを幸せに』が活動の目標
小坂鉄道レールパークでのプラレール遊び2017のお知らせ

プラレール遊び

今年も開催が決定しました!毎月1回だけですが、秋田県小坂町にある小坂鉄道レールパークにてプラレール遊びを開催します。

 

入園料だけで遊ぶのは無料!

 

プラレール遊び

 

プラレールの数もたくさんの方にお譲りいただき増えました。今は250両くらいです。

でももっともっとたくさんの車両があると子どもたちも喜ぶと思うので、もう使わなくなったプラレール、壊れてるプラレールなどお譲りいただけるものがあればぜひ声をかけてください!

 

 

プラレール遊び

今年の開催日は次の通り。

 

 5月14日(日)
 6月10日(土)〜11日(日)※アカシアまつりに合わせて
 7月 9日(日)
 8月20日(日)
 9月10日(日)
10月 8日(日)〜9日(祝) ※小坂鉄道まつりに合わせて(鉄道模型のNゲージも登場予定)
11月12日(日)

 

です。基本的に屋外ですので雨などの場合は中止になるかもしれません。

 

時間はブルートレインあけぼののチェックアウト時間の9時から14時ころまで。

 

今年もたくさんの親子に遊んでもらえると嬉しいなと思っています!

 

【リンク】

ブルートレインあけぼの宿泊体験(小坂町)(2016年)

小坂鉄道レールパーク(2013年・2014年・2016年)

 

 

【親子鉄】小坂鉄道レールパーク : comments(0) : - : 親子鉄マスター(父子旅):本田正博 :


鉄道コム


4/15 小坂鉄道の幻の映像上映会開催!

小坂鉄道ナイト

明日4月15日ですが大館市の映画館御成座にて幻の小坂鉄道の映像公開『小坂鉄道ナイト』が開かれます!

入場は大人500円、高校生以下は無料だそう。

 

小坂鉄道が現役時代の秘蔵映像などが未公開のまま眠っていたのを上映します。

小坂鉄道保存会の千葉会長のトークなどもあります。

僕も急きょ参加できることになったので楽しみ!

 

小坂鉄道四重連

ちなみにこちらは僕が写した現役当時の四重連。

これは毎年鉄道の日前後に行っていた小坂鉄道まつりの一コマ。

 

お近くの方は是非大館市の御成座まで足を運んでください!

 

【リンク】

大館市 御成座(オナリ座)

 

【親子鉄】小坂鉄道レールパーク : comments(0) : - : 親子鉄マスター(父子旅):本田正博 :


鉄道コム


4/16(日) あけぼの回送イベントとあけぼの宿泊予約開始

ブルートレインあけぼの

583系の引退が決まり寂しさのあるこの春ですが、いよいよ今度の日曜日に24系寝台特急あけぼのが戻ってきます!

冬眠から覚めるとった感じでしょうかね。小坂鉄道レールパークで宿泊施設として利用されている「ブルートレインあけぼの」。

冬の間は車体が傷まないように元小坂鉄道小坂線のトンネルにしまってあります。

それをレールパークへ機関車で運ぶイベントがそれ。

 

 

ブルートレインあけぼの

そして4月28日からは宿泊もOK!

宿泊予約については小坂鉄道レールパーク公式ホームページをご覧ください

今年も何回泊りに行こうかな?

 

まだ昨年やったプラレール遊びを実施するかどうかは決まっていませんが、決まればお知らせします。

 

ブルートレインあけぼの

おススメはやはりA寝台個室のシングルデラックス。

今年は2部屋を繋げて泊まってみたいものです。

 

 

【寝台特急あけぼの 特別運行(回送)のお知らせ】

 

あきたファンどっとこむ

※秋田県観光サイトあきたファンドッとコムより転載

 

 4月16日(日)旧小坂鉄道沿線を「ブルートレインあけぼの」が走行します!
 1970年から44年間、上野〜秋田・青森方面を走り、現在は宿泊施設として利用される「あけぼの」24系客車が一日限定で復活。冬期間保管していた「あけぼの」をディーゼル機関車が迎えに行き、トンネル内での連結作業終了後、1号トンネル〜小坂鉄道レールパークまでの沿線約2.5kmを牽引走行します。
 鉄道ファンのみならず、旧小坂鉄道で「あけぼの」が走行する雄姿を一目見てみたいという方、是非ご覧ください。
<運行スケジュール>
9時30分発(※DD13-556ディーゼル機関車のみ)
小坂鉄道レールパーク発→花園町停留所→古館停留所→1号トンネル
10時40分発
 1号トンネル発→古館停留所→花園町停留所→小坂鉄道レールパーク
※走行時間は予定です。作業時間の遅れにより、変更となる場合があります。

場所:旧小坂鉄道沿線(小坂鉄道レールパーク〜1号トンネル)
   小坂鉄道レールパーク(小坂町小坂鉱山字古川20−9)
問い合わせ:小坂鉄道レールパーク 0186−25−8890

 

【リンク】

小坂鉄道保存会Facebookページ


ブルートレインあけぼの宿泊体験(小坂町)(2016年)もご覧くださいね。

 

 

【親子鉄】小坂鉄道レールパーク : comments(0) : - : 親子鉄マスター(父子旅):本田正博 :


鉄道コム


小坂鉄道レールパークでのラッセル体験レポート

小坂鉄道ラッセル体験

2017年2回目のラッセル車運転体験が小坂鉄道レールパークで行われました!

絶好のラッセル日和(前日まで雪のなかった秋田県北部ですが、未明に重たい雪がずっしり積もりあちこちで除雪風景が見られました)にも恵まれ?無事にラッセル車運転体験ができました。

 

 

小坂鉄道ラッセル体験

まずは運転体験をする3名の運転士さんに操作説明を。

小坂鉄道保存会の千葉会長が正面から旗でウィングの状態を指示、確認を行いいざ雪の中へ!

 

 

小坂鉄道ラッセル体験

の前に記念撮影タイム。

初めての方は緊張していたようでこの時点では笑顔もあまりなく(ベテランの方は余裕でした)、雪もそれほど降っていなくて順調にスタートの予感。

 

 

小坂鉄道ラッセル体験

ちなみにこのラッセル車は国鉄のキ100形貨車(除雪車)。

小坂鉄道ではキ115とつけられました(新潟から来たので越後にちなんで115=エィチゴとしたとか。ややなまった感じで越後と言えばイチゴに聞こえます(笑))

自走はできないので後ろから機関車に押してもらうタイプ。

詳しくは下のリンクからWikipediaをご覧ください。

 

小坂鉄道ラッセル体験

車内に運転体験の方が3名、元運転士が1名、そしてテレビ取材がありカメラマンが1名の計5名が乗車。

旋回窓を操作したりいろいろしていたのは、車内の窓ガラスが曇っていたからのようです。

家に戻ってからテレビニュースで映像を見たら曇らないように窓を開けながら運転していましたね。

 

 

小坂鉄道ラッセル体験

舞台はこちら。旧小坂駅構内。現在の小坂鉄道レールパーク構内です。

奥から3本引き込み線があり、それぞれを1人ずつ体験します。

最後はホームに直接入ってくるので、その迫力を間近で見られるようですよ。

 

 

小坂鉄道ラッセル体験

遠くからDD13-556がキ115を押してやってきます。

真正面にいるのは小坂鉄道保存会の撮影班。たま〜にオーバーランすることもあるようなので安全なところから撮影していますよ。

機関車も雪で滑るのと除雪車にエアーを送りすぎるとブレーキの利きに違いが出てくるそうです。

 

動画で撮ってみましたのでその迫力をご覧ください!

 

 

小坂鉄道ラッセル体験

運転体験が終わって機関車も除雪車も無事に車庫へ。

 

次回は3月5日(日)に今シーズン最後のラッセル車運転体験です!

見学はできますのでぜひ間近でその迫力をご覧ください。

 

【リンク】

親子鉄おススメ!小坂鉄道レールパーク

 

キ100形貨車(Wikipedia)

 

【親子鉄】小坂鉄道レールパーク : comments(0) : - : 親子鉄マスター(父子旅):本田正博 :


鉄道コム


12日は小坂鉄道のラッセル車見学ができます

小坂鉄道のラッセル体験

冬期間のたった3回しか見られない小坂鉄道レールパーク名物『ラッセル車運転体験』が2月12日に行われます。

運転体験は既に定員に達していますが見学はできますよ!という案内です。

12日は近くの大館市でアメッコ市もありますのでその行き帰りに寄ってみてはいかがですか?

ちなみに時間は13時〜15時ころまで。

 

小坂鉄道のラッセル体験

こちらの写真は1月のラッセル体験の様子(写真はいただきものです)。

深く積もった雪をかきわけて進むディーゼル機関車は迫力満点だとか。

僕も見たことがないので12日は見学にいく予定です!

 

 

【親子鉄おススメ】小坂鉄道レールパークはこちら

 

【親子鉄】小坂鉄道レールパーク : comments(0) : - : 親子鉄マスター(父子旅):本田正博 :


鉄道コム