『父子でお出かけや旅をしよう!』
秋田市在住の親子鉄マスター。パパサークル代表。父子・親子で楽しめる鉄道スポット、乗り鉄情報など(主に秋田地区中心)
TOMIXキハ40・48男鹿線カラー入線!

TOMIX男鹿線キハ40

11月末に発売になったTOMIXの男鹿線キハ48、40の更新車セットが我が家の車両に加わりました!

秋田地区の車両が増えるのは嬉しい限りです。いつか常設の鉄道模型レイアウトを作って秋田地区だけの列車を運転させたいなぁと思いながら過ごしていますがいつになることやら(笑)

 

TOMIX男鹿線キハ40

TOMIXのキハ40はなかなかいいですね、首都圏色(タラコ)のキハ40、48もあるので併結させて走らせてみたいものです。

五能線のセットも欲しいなぁ、その昔マイクロエースの五能線カラーは持っていましたが動かなくなり処分しました。

そういう意味ではTOMIXやKATOは安定してますね。音も静かだし。

 

 

TOMIX男鹿線キハ40

男鹿線の最大の特色はなまはげ(赤、青)のイラスト。

これがないと男鹿線とはわかりませんよね。

 

TOMIX男鹿線キハ40

せっかくなのでキハ40だけじゃなく蓄電池電車のEV-E800系も模型化されないかなぁ?

 

男鹿線用キハ40

蓄電池電車が増備されてきたらこのキハ40も徐々に数を減らすことでしょう。残念ながら。

(キハ40の後継ディーゼルカーの発表もされたことですし)

なので模型の中ではいつまでも走り続けてもらいたいところです。

 

【Nゲージ】TOMIX : comments(0) : - : 親子鉄マスター(父子旅):本田正博 :


鉄道コム


今年最初に欲しいNゲージ(TOMIX485系3000番台新潟車)〜再生産品

485系R編成

実は前回製品化されたときに買えなかったんです・・・。

TOMIXのHGシリーズ「485-3000系特急電車(上沼垂色)基本セット」←トミックスワールドへリンクします。

それが2月に再生産されるということなので今度は予約しようと思ってます。

 

ちなみにマイクロエースから出た同じ製品は一時持っていました。その後動かなくなり処分しましたが。

マイクロエースから出た485系R編成のレビューはこちらの記事へ

 

485系R編成

そんな新潟の485系R編成もこの3月のダイヤ改正で定期運用が消滅します。

そのまま引退するでしょう。これでジョイフルトレイン以外の485系はなくなることに。

 

写真は土崎駅までけん引されてきた485系R編成。自走で秋田まで来なかったのはR26編成だったと記憶していますが。

 

 

485系R編成

その後検査か修理を経て復活したR26編成の試運転の様子。

同じく土崎駅にて。

 

 

485系

そんなR編成も大部分は秋田総合車両センターで解体待ち。

残すは何両かというところまで減ってきました。

 

それもあり余計模型が欲しかったんです。

R編成が揃えば特急いなほもすべて揃うかな。どこかで走行させたいと今からわくわくしてます。

 

【Nゲージ】TOMIX : comments(0) : - : 親子鉄マスター(父子旅):本田正博 :


鉄道コム


TOMIXトミー75周年記念セットのレビュー

昨日秋田車両センターのED75を紹介したので、ED75つながりで。

これは実車ではなかった車両ですが、トミーの誕生75周年を記念して発売されたED75+コンテナ車2両セットがありました。

 

セット内容はED75(一般形)機関車、コンテナ(コキ50000?)が2両とレール、そして専用パッケージにいられていました。

f:id:hondamasahiro:20151006120955j:plain

 

TOMIXのED75なので特に変なこともなく、走りもライトもそれなりのものです。
タカラトミーになる前の商品なのでこれはこれで貴重な限定品だったなと言えると思いますね。

f:id:hondamasahiro:20151006121002j:plain

 

ちなみに車体横に書かれたED75の文字。

EF81レインボーの真似のようですが、この後JR貨物で実際にED75の文字を入れた機関車が現れました。残念ながら写真はありませんが。

 

ED75-1028がそうです。が、残念ながらJR貨物のEF75は全て廃車となっているので現存はしません。

 

 

TOMIX Nゲージ 9135 ED75 (ひさし付・前期型)

TOMIX Nゲージ 9135 ED75 (ひさし付・前期型)

 

【Nゲージ】TOMIX : comments(0) : - : 親子鉄マスター(父子旅):本田正博 :


鉄道コム


TOMIXの除雪車DE15形除雪兼用ディーゼル機関車のレビュー

DE15

DE15といえば、雪国では超有名な除雪機関車。単線型と複線型がありますが、TOMIXから模型化されたのは複線型。

 

要するにラッセル部分に羽がついて片側に寄せるのか、両側に寄せるのかの違いですね。さすがTOMIXの機関車です。昔からあるものの走りなどは問題なし。

ただ仕方ないのでしょうけど、羽の部分が壊れやすいですね。

f:id:hondamasahiro:20151029211158j:plain

 

 

実車です。

これは国鉄時代の秋田機関区(一般公開)の一枚。

DD15の奥に見えるのがDE15だと思います。その後ろはわからない・・・。

f:id:hondamasahiro:20151029211208j:plain

 

こちらは2003年に秋田駅でたまたま見かけたDE15。

検査明けだったのでしょうかね、かなり綺麗でした。

でもこれも今ではどこにいるのか・・・。車番がわからないため行方がつかめません。

f:id:hondamasahiro:20151029211215j:plain

 

 

digital.asahi.com

 

Nゲージ車両 DE15形 除雪兼用ディーゼル 2211

Nゲージ車両 DE15形 除雪兼用ディーゼル 2211

 

【Nゲージ】TOMIX : comments(0) : - : 親子鉄マスター(父子旅):本田正博 :


鉄道コム


TOMIX485系上沼垂色(特急白鳥)の新旧モデル比較

TOMIX485系

先日TOMIXから485系特急白鳥(新潟・上沼垂色)のHGモデルの発売がありました。

基本セットが2タイプ(ボンネット型と非貫通型)プラス増結セットの9両編成になるもの。

我が家には以前発売されていた旧タイプの485系上沼垂色(特急北越・雷鳥・白鳥)タイプ(1500番台を含む)もあったので比較してみました。

こちらが先頭車。さすがにHGタイプとの違いはよくわかりますね。色も微妙に違います。

 

 

TOMIX485系

僕もボンネットではなく非貫通型の基本Bセット、増結設置を買いました。

なんとなくボンネットの白鳥のイメージが残っていないんですよね。

(その頃は秋田に住んでいなかったからかも?)

 

 

TOMIX485系

セット内容はこんな感じ。左が増結、右が基本セット。

グリーン車込みの9両ですからね、今では考えられない。

僕が小さいころ一番遠くまで一人旅したのがこの特急白鳥。小学校6年の時に一人で秋田から大阪の友だちのところまで行きました。懐かしいなぁ(当時は国鉄でしたが)

 

 

TOMIX485系

屋根の上から見ると違いは一目瞭然。

屋根の色が全く違います。そういえば旧型のNゲージ車両の屋根はシルバーが多かったですね。

どちらも精巧にはできていますが、さすがにHG製品、高いだけあってさらに細かく仕上がっています。

 

 

485系特急いなほ

この上沼垂カラーの特急白鳥の写真が1枚もないんです・・・。

持ってるのは特急いなほのT編成のみ。

これも今では秋田総合車両センターで解体を待つばかり・・・。

 

 

485系特急いなほ

もうここを走ることもないんですね。

この小砂川の有名スポットも冬しか見たことないですが・・・。

 

 

【Nゲージ】TOMIX : comments(0) : - : 親子鉄マスター(父子旅):本田正博 :


鉄道コム