『父子でお出かけや旅をしよう!』
秋田市在住の親子鉄マスター。パパサークル代表。父子・親子で楽しめる鉄道スポット、乗り鉄情報など(主に秋田地区中心)
マイクロエースの719系秋田色をゲット!初運転はいつかな?

719系

僕の大好きな顔をもつ719系の秋田色がマイクロエースから発売されました(というか発売されてました。気が付かなかった(^^;)

というわけでアマゾンでポチっとしたら早速到着!

 

719系

4両編成そのままH10編成H-13編成が模型化されたのでしょう。

まずは正面等写真を撮ってみました。まだ走らせてないので動きはわからないのですが。

なんだかライト回りが甘いような気も・・・。

 

 

719系

秋田でもたった4両しかいない貴重な車両。しかも朝と夜しか運転されていないのでほとんどの人は知らないでしょう。

これを鉄道模型運転体験とかで走らせてもわかってくれる子どもたちはいるのかな?と思いつつ好きなので買ってしまいました。

 

 

719系

こちらの通りの4両ですが、M車はどれかな?一番下のかもしれません(まだ上の2両しか取り出していないもので)。

早くどこかで走らせたいなぁ。701系との共演ができればいいのですが、あいにく僕は701系を持ってません(田沢湖線用の5000番台はありますが)。701系も買わないといけないぁ、あまり気が進まないけど。

 

 

719系

実車です。

故障も多いようですがせっかく模型化されたのでまだまだ頑張ってほしい。

 

【Nゲージ】マイクロエース : comments(0) : - : 親子鉄マスター(父子旅):本田正博 :

鉄道コム

マイクロエース485系こまくさが入線!

485系こまくさ

ついにこの日がきました!という大げさなものじゃないのですが、マイクロエースから485系1000番台特急こまくさが模型化され発売されました。まさかこんなにすんなりと発売になるとは。もっと延期延期の繰り返しかと思ってましたが(笑)

さてまだ走らせてはいませんがこんな感じです。

 

 

485系こまくさ

個人的にこの塗色は「特急こまくさ」よりも「特急かもしか」の方がなじみ深いのでヘッドマークをかえて「特急かもしか」として運転したいと思ってます。引退からかなり経ちましたがようやく模型化されましたね。引退から7年半後?の模型化って珍しいのではないでしょうか。

 

 

485系こまくさ

ただ気になるのはマイクロエース。

走りがどんなものか(^^;

その辺はNゲージファンの方なら言わなくてもわかるかと思いますが。

 

 

485系こまくさ

可能であれば2編成を連結して6両にもしてみたいなと。ただ連結器を改良しないと連結できなさそうですね。

 

 

485系こまくさ

ちなみに以前KATOの塗り替え品を所有していた時がありました。

秋田と青森を結ぶ特急シリーズという感じです。左の2つは特急つがる(現在はE751系のみ)、右が特急かもしか。

秋田と青森はどうも人口の移動が少なくあまり乗車率はよくありません。

つがるもいつまで走ってくれることか。これが快速列車とかなら乗車率も上がるんでしょうけど・・・。

 

【Nゲージ】マイクロエース : comments(1) : - : 親子鉄マスター(父子旅):本田正博 :

鉄道コム

特急こまくさ(秋田色)がNゲージ模型化!byマイクロエース

485系秋田色

いつもマニアックな商品化をするマイクロエースから『特急こまくさ 3両編成セット』が発売予定となりました!

発売予定なので実際に発売されるかわかりませんが、485系なので今回は大丈夫な気がしますね。

それにしても485系『特急かもしか』ではなく『特急こまくさ』を商品化するあたりがマイクロエースらしい。 

 

 

マイクロエース

こちらが発売予定新製品のポスター。

485系が3タイプ同時発売ですね。特急つばさの12両編成(フル編成)も気になる!

そして青函対応の特急はつかりも。東北に住む人間としてはどれも欲しくなる。

「特急こまくさ」にヘッドマークで「かもしか」もつけてほしいですね。

 

 

特急こまくさ

ちなみに僕が乗ったことがある特急こまくさは485系国鉄色時代の5両編成でした。

山形新幹線の開業後に山形から秋田まで。

この1回しか乗ったことがなく、今にして思えばもっと写真を撮っておけばよかったと後悔が・・・。

(この時に乗った山形新幹線つばさは400系でした)

 

 

485系秋田色

おまけ。

485系秋田色の6両編成バージョン。

特急かもしか時代に3連×2で運用されたときがたまにありました(多客期のみ)

秋田駅に着く直前だったので既にヘッドマークが回送に・・・。

これも残念な1枚でしたとさ。

 

【Nゲージ】マイクロエース : comments(0) : - : 親子鉄マスター(父子旅):本田正博 :

鉄道コム

2016年に買ったマニアックなNゲージ車両たち

 

おばこ

昨年購入したNゲージ車両たち。その中でもマニアックベスト3を選んでみました(ネタがないときはNゲージネタになります・・・)。このブログをご覧の皆さんはどのくらいご存知でしょう?

秋田に住んでる方で40歳前後の方は記憶にあるかもしれませんね。

 

第1位:キロ59「こまち」

 

まさかこんなにマニアックな車両がモデル化されるとは。しかも現行リゾートしらかみHB-E300系よりも先に。

その後秋田新幹線こまちに愛称を譲り「おばこ」と名乗ることになりました。詳しくは下記のレビュー記事をご覧くださいね。

【Nゲージ】キロ59「おばこ」お座敷気動車のレビュー

 

 

第2位:その「おばこ」

 

同じ車両がど派手になりました(笑)

こちらはJRになってからも使われた車両で「おばこ」時代はキロからキハへ変更。

臨時、団体列車などによく使われていたと思います。僕もこの塗色は何度か見かけたことが。

 

おばこ

 

【Nゲージ】国鉄〜JR時代に走った秋田のお座敷列車『おばこ』レビュー

 

 

第3位:欧風気動車「エレガンスアッキー」

 

実は一番大好きな車両でした。実際小学生のころによくみかけたものですが、実際に乗ったことはありません。

一度だけ臨時列車に使われた記憶があり、乗りたかったけど当時中学生でまだ自分で切符を買えなかったもので・・・。

まさかこれが模型化されるとは。

 

エレガンスアッキー

【Nゲージ】マイクロエースのエレガンスアッキー買いました!

 

 

この3タイプ。

知ってる方は(秋田以外では)マニアックな方だと思いますよ(^^♪

 

【Nゲージ】マイクロエース : comments(0) : - : 親子鉄マスター(父子旅):本田正博 :

鉄道コム

【Nゲージ】キロ59「おばこ」お座敷気動車のレビュー

キロ59こまち

先日国鉄秋田鉄道管理局時代から活躍したお座敷気動車『おばこ』のNゲージ模型を紹介しましたが、その前進がこちらです。

その名も『こまち』。お座敷気動車としては実は2代目。初代(登場時)はお座敷気動車に名称はなくこの塗色になった時に『こまち』と命名された記憶があります。

ただ残念ながら実車の写真がありませんでした・・・。

 

キロ59こまち

その後1997年秋田新幹線が開業しその名前『こまち』を新幹線に譲り『おばこ』と名乗ることに。

そして塗色が再度変わり、グリーン車扱いから普通車扱いに変わり先日紹介したキハ59系「おばこ」になりました。

 

 

キロ59こまち

国鉄末期のころは余剰になったキハ58系を改造したジョイフルトレインが全国にたくさん登場しました。

が、所詮はお古なので車両自体が持ちません。

でも今多いのはキハ40を改造したジョイフルトレイン。キハ40系は長持ちですねぇ。

 

今ではキハ58系は盛岡のKenjiしか残っていません(保留者としてキハ58−75は籍はありますが)

 

Nゲージ

ちなみに我が家のNゲージ用コレクションケースその1。

今ではこれ以上に車両があるのですべてが収まり切りません。

さてどうしたものか・・・。

 

Nゲージ

秋田を中心に東北を走る車両ばかりです。偏っていてすみません・・・。

将来的にはどこかで常設レイアウトを作って主に子どもたちに運転体験をさせてあげたいと考えています。

(運転士の恰好をして新幹線の運転席に座って)

 

いつ実現するのかな(^^;

場所さえあればいつでもできるんだけどな。

 

【リンク】

Wikipediaより『おばこ(鉄道車両)』

 

【Nゲージ】マイクロエース : comments(0) : - : 親子鉄マスター(父子旅):本田正博 :

鉄道コム