『父子でお出かけや旅をしよう!』
秋田市在住の親子鉄マスター。パパサークル代表。父子・親子で楽しめる鉄道スポット、乗り鉄情報など(主に秋田地区中心)
親子で行ってみたいリニア鉄道館の紹介(2011年訪問)

リニア鉄道館
JR各社に限らず全国に増えてきている鉄道博物館や鉄道テーマパーク。
JR東海にも元々佐久間レールパークという小さな博物館が飯田線沿線にありました。

そこで保管していたり他の場所にあったゆかりの車両を一度に集めオープンさせたのがこの『リニア鉄道館』。
名古屋市の港にあり最近では近くにレゴランド・ジャパンもできて賑やかになりつつある地域です。

そんな親子でいってみたい『リニア鉄道館』をガイドしてみましょう。まずは子どもたちが大好きなジオラマから。

リニア鉄道館

JR東海の博物館だけあってやはりメインは東海道新幹線。
名古屋をモチーフにしたジオラマはHOゲージだったと思います(行ったのが2011年なので記憶違いかも・・・)。
HOゲージのジオラマはやはり遠くでも車両がしっかり見えるし、迫力がありますね。もちろんNゲージも好きですが。

リニア鉄道館

名古屋駅を出発するN700系と在来線ホームに入ってくる313系だと思います。鉄道模型とはいえなかなかのスピード感と大きさで驚く方も多かったですよ。
とにかく大きいので全部を隅々まで見るのは難しいかも。

 

 行程・ワンポイント

名古屋駅からリニア鉄道館に最寄りの金城ふ頭駅までは約25分。
それほど遠くはありません。が、名古屋駅での乗り場がわかりにくい。新幹線側の太閤通南口の少し先にあおなみ線改札口がありますのでご注意を。
あおなみ線
こちらがあおなみ線の車両です。

 

 遊ぶところ・みどころ紹介

 かかった金額

この親子鉄旅でかかった費用内訳は次の通りです。

  • 切符代:名古屋から地下鉄あおなみ線 大人350円/小人180円
  • リニア鉄道館の入場料:大人1,000円/小中学500円/幼児200円
  • 昼食と飲み物:1,500円くらい

 展示車両ガイド

ここからがリニア鉄道館の一番の見どころ。。

リニア鉄道館
まずは定番の東海道新幹線とリニアモーターカー。
入って最初に目に飛び込んでくるのがいきなりメインなのでその迫力にびっくり。
0系、100系、300系、700系が展示されています。車内に入れるといいのですが、それはできない様子。

 

リニア鉄道館
順不同で紹介しています(笑)
こちらは省電でしょうか、モハ1形式だそうです。ちなみに省電とは鉄道省(国鉄の前進)時代の電車のこと。この電車が進化して今に至るんですね。

リニア鉄道館
左は振り子式特急電車の381系、中央本線の特急しなのに使用されていました。今はJR西日本の一部(特急やくも)に残るだけですね。
右は流線形が特徴で流電とも呼ばれたモハ52形。京阪神間で走っていたようですが、晩年は飯田線にいたとか。僕はこの電車はわかりません(^^;

リニア鉄道館
そして直流電気機関車としては全国で見られたEF58と奥にはC57。昭和前半には東京でもみられた光景でしょうね。
現役のEF58が1台もないのが残念ですね。C57は復活したのに。やはり電気機関車を復活させるのは難しいのでしょうか。

 

リニア鉄道館
こちらはご存知の方も多いでしょう、湘南色の111系ですが、ライトが大きいですね。
111系の後釜である113系の湘南カラーも岡山地区で走ってるだけで他では見られませんね。115系も含めて国鉄型の車両はあと何年見られることでしょう。

リニア鉄道館

先ほどの381系です。後ろには電化される前に「特急しなの」に使用されていたキハ181が。
キハ181は秋田にも縁があるし、先日いった津山まなびの鉄道館にも展示されていました。非電化区間のエース的特急でしたね。

リニア鉄道館

僕はたった一度だけ、特急はまかぜで兵庫県の豊岡から大阪まで乗りましたが、なかなかパワフルでかっこよかった。

リニア鉄道館

その奥にも懐かしい車両たちが群れをなしてます!
正直僕は乗ったことがない車両ばかりでしたのでもう一世代上の方々には懐かしいでしょうね。

リニア鉄道館
最後に0系ベースのドクターイエロー。
今では幸せの黄色い新幹線と言われ、見たら幸運が訪れると言われていますね。
0系ベースのドクターイエローはここでしか見られないでしょう。

 

リニア鉄道館

ちなみに外には117系が。
こちらは車内にも入れるようで休憩室のように使われているのかもしれません(確かめてないので確信はありませんが・・・)

この時は一人で行ったので今度は子どもたちと行ってみたいですね。
もちろん大宮の鉄道博物館も京都鉄道博物館にも行ってみたい!

 

 地図・アクセス方法

【親子鉄】東北以外のおススメ列車旅 : comments(1) : - : 親子鉄マスター(父子旅):本田正博 :


鉄道コム


津山まなびの鉄道館に親子で行ってきました

津山まなびの鉄道館

500系TypeEVA新幹線に乗った後は岡山駅からレンタカーで津山へ。JR西日本には京都鉄道博物館という大きな博物館がありますが、この岡山県津山市にも特徴のある鉄道館があるんです。それが津山まなびの鉄道館。
今ではほとんど見られない扇形機関庫が残され、そこに西日本を中心に走っていた貴重な車両がいくつか納められています。
小坂鉄道レールパークみたいにマニアックと言えばマニアックですが、せっかく近くまで行くのだからと寄ってみました。

 

津山まなびの鉄道館
メインの車両見学は後にしてまずは津山市をジオラマにした鉄道模型。Nゲージ車両が時間になると走り出します(というか走らせてくれます)。
車両にカメラが仕込まれていて、モニターで見ながら運転することもできるんですね。ここまで凝っていてしかも運転までできるとは。

 

津山まなびの鉄道館

こんな感じです。コントローラーではなくボタンを押すだけ。だから小さい子供でも安心して運転体験ができますね。
今後の親子鉄活動の参考になりました。これだったら飽きないかもね。

 

津山まなびの鉄道館
津山駅のレイアウトのようです
。走ってる車両も実際に走っているものから過去に走っていたものまで、とことん地元にこだわっています。

そしてちょっとした遊び心も。実は河童がこのレイアウトの中に隠れているんです!しかも3か所も。
わかった方はすごいですよ!是非探してみてください。

 

 行程・ワンポイント


岡山駅からレンタカーで津山まで1時間ちょっと。
これが列車だと姫路から姫新線か岡山から津山線になるのですが、時間に縛られるので今回はレンタカー。
津山線でも1時間に1本程度、しかも快速列車もあるので交通アクセスは悪くないと思います。
ただ津山の先まで移動するとなると車の方が便利かもしれませんね。

津山まなびの鉄道館

 遊ぶところ・みどころ紹介

 かかった金額

この親子鉄旅でかかった費用内訳は次の通りです。

  • 切符代(こだま741号):新大阪〜岡山まで大人6,020円/小人3,000円(指定席料金)
  • 昼食と飲み物:1,500円くらい
  • その他レジャー:津山まなびの鉄道館入館料 大人300円/小人100円
  • レンタカー代:駅レンタカーで1日借りて約10,000円

 展示車両ガイド

ここからが津山まなびの鉄道館の一番の見どころ。まずはその特徴ある扇形機関庫からご覧ください。

津山まなびの鉄道館
ここが入口。駐車場は20台ほど。津山駅から歩くとなると10分ほどかかるそうです。
場所は駅からすぐ見えるんですけどね。

 

津山まなびの鉄道館

ずらりと並んでこの名車たち!とっても懐かしい。
しかもすべて非電化車両です。田舎の人間にとってはとても落ち着く風景ですね。こういうところが地方ローカル線と一緒で時間を忘れさせてくれます。

津山まなびの鉄道館
まずは50系客車改造のキハ33。山陰地区でしか走っていなかった貴重な車両。
50系客車は北海道でも改造されましたがあちらは50系51形。純粋な50系はここだけ。しかも残ってるのはこの1両のみ。

津山まなびの鉄道館
そしてかつては日本中を走っていたキハ181の先頭車。
もちろん山陰地区ではエース級の働きをしていた特急気動車です。僕も晩年に豊岡から大阪まで特急はまかぜに乗車したことがあります(その時の記事はこちら)。
キハ181が秋田地区で特急つばさとしても活躍していたので秋田にもとても縁がありますね。

 

津山まなびの鉄道館
そして超有名なSL(蒸気機関車)のD51。その中でも2号機です。
この機関車とは以前大阪の交通科学博物館にいたときにあったことがあります。20年ぶりくらいかな?
とてもきれいな状態で保存されていますね。津山の車両たちはここのリニューアルオープンにあたりすべて綺麗に塗りなおされたようでみていて気持ちよくなります。

 

津山まなびの鉄道館
こちらも元交通科学博物館にいたDF50。
元は四国で活躍していたディーゼル機関車のようですね。山陰地区でも寝台特急をけん引したりゆかりのある機関車と言えるでしょう。
もちろん秋田にもDF50は在籍していました。そう考えると秋田と山陰地区は鉄道の面でも縁があるんですね。

 

津山まなびの鉄道館
小坂鉄道や秋田臨海鉄道ではまだみかけるDD13。
でももうJRでは使われていません。主に入換用に使用されていたDD13は全国で見ることができたそうですね。

 

津山まなびの鉄道館
そして山陰のエース機関車といえばDD51。
今でも少数残っているこの機関車、でも滅多に見かけることはできなくなりましたね。
いつまでも綺麗な姿で保管されていてほしいと思います。

 

津山まなびの鉄道館

こちらも全国でここにしかいない珍しい車両。
DE50。一見するとDD51ですが、エンジンが片側のみ。いわゆる試作的な位置づけの機関車だったようですね。
この貴重な機関車も見ることができてよかった。

津山まなびの鉄道館
そしてDD16のラッセル部分。もちろん機関車もありますが、数年前まで北陸、信州で活躍していたものを移動、展示しているようです。
もう現役のDD16は数えるばかり。この機関車もいつまでもきれいな状態でいてほしい。

津山まなびの鉄道館
こちらも全国どこでも見る事、乗ることができたキハ58、キハ28。
千葉県のいすみ鉄道ではキハ28が復活の上、活躍していますが、他にはいません。当たり前の日常も時間と共に非日常になるということでしょう。
小学生のころによく乗っていたことを思い出しました。

 

津山まなびの鉄道館
こちらは晩年大糸線で活躍していたキハ52。
元同僚は上のキハ28と同様に千葉県のいすみ鉄道で活躍していますが、なかなかの古さゆえに動かすのも大変なようです。
秋田でも花輪線などでは見ることができたのに、乗る機会がなかったキハ52。出会えただけでもよかったとするか。

 

津山まなびの鉄道館

やはり東北もそうですが、山陰地区も赤い機関車が似合います。
せっかく転車台もあるのでぜひ動態保存も視野に入れて今後も展示してほしいですね。

ただ一つだけ気になる点が。

ここは子どもたちが時間をつぶせるところが少ないマニア向けの博物館です。そういう意味では小坂鉄道レールパークに近い(だから僕は小坂鉄道レールパークでプラレール遊びをやっているんです)。もう少し工夫してもらえると嬉しいですね。

 地図・アクセス方法

 関連記事など

【親子鉄】東北以外のおススメ列車旅 : comments(0) : - : 親子鉄マスター(父子旅):本田正博 :


鉄道コム


【親子鉄おススメ】500系TypeEVA エヴァンゲリオン新幹線を短時間で満喫!

500系TypeEVA
もう鉄道ファンだけじゃなく、エヴァンゲリオンファンだけでもなく広く知られるようになった山陽新幹線の500系TypeEVA。
毎日1往復博多と新大阪を走っています。しばらく検査で走っていませんでしたが2017年5月27日から復活!ということで早速初日に乗ってきました。

500系TypeEVA
エヴァンゲリオンとJR西日本のコラボ企画で来年2018年春までの限定企画となっています。乗るなら早めにどうぞ!ちなみに秋田に住んでる我が家は正直乗ることは諦めていました。
が、ここにきて岡山県の湯原温泉でちょっとした打合せがあったためそれに乗じて子どもと2人で乗車。僕も3番目の和くんもエヴァンゲリオンは数年前まで知らなかったもののDVDを借りてみてからハマりはじめ、いつか機会があれば乗りたいと思っていた時にこのチャンス!
チャンスは何度もありません、乗れる時に乗っておかないと!

500系TypeEVA
新大阪で出発を待つ間のワンショット。
博多発の500系TypeEVAは新大阪に11時14分に着き、折り返し11時29分発となります。その間は車内清掃があるため、車内に入れるのは出発の数分前。
なので本当は先頭車両で記念写真を撮りたいけど取れないんです。それには理由が。
というのも乗りたい車両は2号車の自由席車両。この車両だけがエヴァンゲリオン仕様になっているんだそうです(詳しくはページの下部をご覧ください。)
自由席だから並んでる必要があるので、記念写真は撮れない、何とももどかしい・・・。でも仕方ない・・・。

500系TypeEVA
博多からの500系TypeEVAが入線してきたところ。ホームはたくさんの人が写真を撮っているのでこんな一部しか撮れませんでしたが、俄然テンションは上がります。
やっぱりわくわくするっていいことですよね。親子の会話もさらに増えるってものです。ぜひ家族みんなで、できればお父さんとお子さんだけで親子鉄(父子旅)を楽しんでほしいと思います。
父親にしかできない話って必ずありますから。

 行程・ワンポイント


今回は新大阪から岡山まで500系TypeEVAに乗車、そこからレンタカーを借りて津山経由で湯原温泉へ。
岡山から湯原までは高速道路を使えは1時間20分ほど。そんなに遠くないので子どもたちもそんなに暇を持て余すことはないでしょう。
なお新幹線に乗ってる時間は約1時間。これもあっという間です。親子鉄の鉄則は子どもに飽きさせない時間帯で行程を考えることなのでベストバランスだったと思いますね。

ちなみに500系TypeEVAのワンポイント。乗るなら2号車が1番雰囲気もありおススメ。
そして新大阪から乗ってくるお客さんは比較的短距離で降りてゆきます。なので例えば姫路や岡山より以西から乗車をすればそんなに混んでないことがわかりました。事実1号車にあるエヴァンゲリオン初号機のコックピットですが、西に行けばいくほど体験予約数も減っていくようです。コックピット体験もしたいのであればできるだけ新大阪と広島の中間地点か広島と博多の中間地点を狙うといいと思いますよ。

 遊ぶところ・みどころ紹介

 かかった金額

この親子鉄旅でかかった費用内訳は次の通りです。

  • 切符代(こだま741号):新大阪〜岡山まで大人6,020円/小人3,000円(指定席料金)
  • 昼食と飲み物:1,500円くらい
  • その他レジャー:津山まなびの鉄道館入館料 大人300円/小人100円
  • レンタカー代:駅レンタカーで1日借りて約10,000円

 列車ガイド

500系TypeEVA
こちらが車内(2号車)の座席。一瞬にしてエヴァンゲリオンの世界観を体験できる車両になっています。3号車以降は一般の座席でところどころにNERV(ネルフ)シールが貼られてる程度です。
なので2号車には並んででも乗った方がよいかと。

そして1号車寄りの前から2列のカーテン?日よけには「碇指令(碇ゲンドウ)」と「AT FIELD」が描かれており、みな通りすがりに写真を撮ってきます。
ここに座るとゆっくりと落ち着いてはいられないかもしれませんね(^^;
僕らはたまたまその1つ後ろの席だったのでゆっくりと座っていることができました。

500系TypeEVA

こちらが碇指令とAT FIELDの日よけ。雰囲気ばっちりですね!

500系TypeEVA

このようなNERVのロゴマークもあちらこちらに。

500系TypeEVA

3列目以降の日よけはこんな感じで統一されているようです。
これも2号車だけなのかな?ほかの車両は確認していないのでわかりませんが。

500系TypeEVA

姫路も過ぎ空いてきたのでいざ1号車の展示室へ。
残念ながらコックピット体験は予約の時点で外れていたので見られないだろうなとこの時は諦めていました。

500系TypeEVA

展示室の中にはこのようなジオラマが。そこにはエヴァンゲリオン初号機の姿も。
そしてJR西日本らしく新幹線車両もたくさん。なかなか精巧に作られていますよ。

500系TypeEVA
その展示室には渚カオルくんが!
記念撮影コーナーになっていました。ちなみに車内放送の声を担当してるのも渚カオルくんです。
ファンには涙ものでしょうね。この奥が例のエヴァンゲリオン初号機のコックピットになっています。

500系TypeEVA
コックピットや500系新幹線の説明などの資料はもちろん、スタッフからパンフレットをもらってより詳しい世界観を楽しみ、

500系TypeEVA

エヴァンゲリオンのパイロットの紹介などなど。
ここまでくると凄い!
の一言ですね。

500系TypeEVA

たまたまコックピット体験をする方がいない区間だったようで特別に記念写真だけを撮らせてくれました。
(お願いしたわけではなくスタッフの方が中に入れてくれました)
まさにサプライズ!!これは僕だけじゃなく子どもも取っても喜んでくれました。

500系TypeEVA

岡山で降りる直前の一枚。
ここもこだわりを感じますね。たった1時間の500系TypeEVA体験でしたが、とっても濃い親子鉄ができたと思います。

やっぱり最後に『お父さん、楽しかったね!』この一言が最高に嬉しいですね。
ぜひ皆さんもお子さんと一緒に500系TypeEVAを楽しんでみてください。

 地図・アクセス方法

 関連記事など

  • 津山まなびの鉄道館で親子鉄してきました

 車両ガイドへのリンク

【親子鉄】東北以外のおススメ列車旅 : comments(0) : - : 親子鉄マスター(父子旅):本田正博 :


鉄道コム


【親子鉄おススメ】リゾート21黒船電車

今回は番外編。家族連れに最適、親子鉄に最適な車両に試し乗りしてきました!
伊豆急のとっておきといえばこちら『リゾート21』その中でも今回は黒船電車をご紹介します。
歴史が好きな男の子には特に人気があるのかも?

 リゾート21黒船電車

黒船電車

リゾート21は伊豆急の主力列車ですが、実は普通列車にも使用されているので乗車券だけで乗れてしまうんです。
こんな立派な電車は普通列車なんですよ!
凄いと思いませんか?車内を見ればびっくりすると思いますので早速ご覧いただきましょう。

黒船電車
まずは伊豆急下田駅の改札からすぐの車両、いわゆる先頭車は展望車両になっています。
これはスーパービュー踊り子号なども同じですね。

黒船電車
リゾート21の展望車はこんな感じ。
全部で3タイプあるのですが、どれも展望部分が広くを開放的!
そして窓ガラスが大きい。なので視界がとっても広いんです。運転士さんの様子まではっきりわかりますね。
ちなみにこちらは熱海側の先頭車両。

黒船電車

こちらは伊豆急下田側の展望車両。基本的にどちらも作りは同じです。
普通列車なので早い者勝ちですよ!

黒船電車

車両の各所に黒船のマークやら特徴が。それについては車両ガイドでご覧ください。

 

 列車ガイド(車内の案内)

リゾート21のすごいところは展望車両だけではありません。普通席だってすごい。

黒船電車

まずは中間車両、どうです海側は海を向いた配席になっているし、こちらも窓が広い!
展望できるのは何も先頭車両だけじゃないんです。グループでもりようできますね。
2号車以降もおススメです。

黒船電車

ちなみに車両の両端はこんな感じの向かい合わせボックスシート?
でも座席のグレードが違います。同じ料金を払うならリゾート21に乗ってみたくなりませんか?
親子鉄にもおすすめです。

黒船電車

こういう車両もあります。中央部分だけが海側を向いたソファータイプ。
それ以外はゆったり座れる豪華シート。すべてが豪華ですね。
そして気になりませんか?座席の上に何かが並んで貼ってあります。

黒船電車

これこれ!
これは黒船電車です。黒船、ペリーが下田に来航した前後の歴史について詳しくかかれているんです。
しかも全車両に違うテーマが。これはちょっと歴史を勉強した人にはたまらない。
日本史が好きな人には最高の列車ですね。

黒船電車

伊豆急下田と熱海を走っているリゾート21。
以前はたまに東京駅まで臨時列車として来ていましたが今はどうなのでしょうか。
時間も1時間50分くらいと親子鉄にはちょうどよいかも。小さな子どもも飽きないことでしょう。
これもおススメの列車です。

 

 地図・アクセス方法

 関連記事など

 

【親子鉄】東北以外のおススメ列車旅 : comments(0) : - : 親子鉄マスター(父子旅):本田正博 :


鉄道コム


【親子鉄おススメ】スーパービュー踊り子号の10号車(展望&キッズスペース)

今回は番外編。家族連れに最適、親子鉄に最適な車両に試し乗りしてきました!
ご存知、東京から伊豆急下田まで運転されているスーパービュー踊り子。なぜ家族旅行に最適なのか?その車内をご紹介します。

 スーパービュー踊り子号

スーパービュー踊り子

251系スーパービュー踊り子号は1992年に登場したということで結構な年数が経っています。
なので車内はあまりバリアフリーではありませんが、スーパービューというだけあってとにかく2階席からの展望が抜群!
1号車と2号車はグリーン席で若干お値段は高いですが、10号車(東京より)が家族向けです。
何故かというと下記をご覧ください。

スーパービュー踊り子
まずは伊豆急下田駅にて並んだ各列車。左から元東急で現伊豆急の主力の普通列車。
真ん中が前回紹介したマリンエクスプレス踊り子のE259系。
そして右が今回紹介するスーパービュー踊り子号の251系。

スーパービュー踊り子

スーパービュー踊り子

写真の真ん中の車両がアルファリゾート21ですが、これもドルフィン色に変わるようですね。
再登場が楽しみです。ちなみにこのような引退?撮影会も開かれたようです。

 

スーパービュー踊り子

ではいよいよ電車に乗りましょう!
伊豆急下田駅は出発時刻の10分〜15分くらい前にならないと改札が開きません。それまでは待合室などで待っていないと真夏は暑くて大変・・・。

 

スーパービュー踊り子

そしてスーパービュー踊り子号は乗り口が10両編成中5か所くらいしかありません。
注意してお乗りくださいね。もうひとつ、2階建てであるため、全ての車両に車内販売ワゴンが来るわけではありません。
その代わりアテンダントさんが注文を取りに来て、あとから商品を持ってきてくれます。
写真は東京よりの10号車。普通車指定席の展望ビューが最高の車両です。

 

 かかった金額

この親子鉄旅でかかった費用内訳は次の通りです。

  • 切符代:伊豆急下田から横浜まで(片道大人5690円/小人4050円)

 列車ガイド(家族向け)

スーパービュー踊り子

これが10号車の2階席。座席数はそれほど多くないので10号車を指定して取ることをおススメしますね。
このような一般席ともう一つ、

スーパービュー踊り子

こちらが最高に楽しい展望席!
全部で10席くらいしかありませんので予約するならここがおススメ!ここなら子どもたちも飽きないでしょう。

スーパービュー踊り子

飽きない理由はもう一つ。1階がキッズスペースになっているんですよ!
この柔らかいソファーで飛んだり跳ねたり。自由に遊んでます。
小さいお子さんでも危険ではないので是非家族連れの方はこの10号車を予約してみてください。

スーパービュー踊り子

この1階部分がキッズスペース。2階が普通座席になっています。
どうでしょう?一度乗ってみては?伊豆急下田から横浜まで2時間半もかかりません。
親子鉄旅にはちょうどよい時間かと思いますよ。

 

 地図・アクセス方法

 関連記事など

 

【親子鉄】東北以外のおススメ列車旅 : comments(0) : - : 親子鉄マスター(父子旅):本田正博 :


鉄道コム