『父子でお出かけや旅をしよう!』
秋田市在住の親子鉄マスター。パパサークル代表。父子・親子で楽しめる鉄道スポット、乗り鉄情報など(主に秋田地区中心)
鉄道車両紹介EV-E801系電車

秋田地区の鉄道車両紹介EV-E801系電車(蓄電池電車)

2017年のダイヤ改正から登場したEV-E801系蓄電池電車。男鹿線のキハ40系を淘汰する目的で導入された新型電車。男鹿線は秋田から追分までが電化区間(奥羽本線)と通り、また線路も平坦であるためハイブリッドディーゼルカーではなく蓄電池電車が選ばれたと言います(栃木県の烏山線も同様の理由でEV-E301系が導入済み)。
車両自体はJR九州のBEC819系をベースにカスタマイズされたものです。

801-2.jpg
EV-E801系は2両1編成で、秋田側が青色(なまはげの青のイメージ)。ACCUMはJR東日本の蓄電池電車の愛称ですね。

801-3.jpg
かわいいなまはげのマークもついて男鹿線の愛称「なまはげライン」とも書かれています。

801-4.jpg
秋田駅で701系電車と並んだEV-E801系。顔の形も何もかも違うのがわかります。
この辺がJR東日本とJR九州のデザインの違いかもしれません。

801-5.jpg
車内は2両共にロングシートのみ。連結部分には蓄電モニターやトイレも完備。
とにかく静粛性に溢れた静かな電車です。もちろん加速性能もよいので従来のキハ40系には見られないスピード感が感じられるでしょう。

801-7.jpg
こちらは追分駅で非電化区間に入る前にパンタグラフが降ろされるところです。
男鹿市発の場合はこの逆、追分駅でパンタグラフが上がるシーンが見られます。

801-6.jpg
こちらは終点の男鹿駅。EV-E801系のために終端に架線柱が立てられ停車中に蓄電するようになっています。
これは烏山線の終点烏山駅にも同様の設備があるようですね。ここで蓄電して折り返し秋田行きとなって引き返してゆきます。

このEV-E801系は毎日2往復秋田と男鹿を結ぶ定期列車に使用中(検査の場合はキハ40系が入るよう)なので時刻表などを見て「M」と書かれてる列車を探してみてください。

 

ウィキペディアのEV-E801系7系電車のページはこちらへ。

秋田地区を走る・走った車両紹介 : comments(0) : - : 親子鉄マスター(父子旅):本田正博 :


鉄道コム


鉄道車両紹介E6系こまち

鉄道車両紹介E6系こまち

2013年3月より運転を開始した秋田新幹線E6系。デザインはフェラーリを手掛けた工業デザイナーの奥山氏によるもの。
E5系はやぶさとの併結運転で2014年より最高時速320km/h運転を始めました。
登場時はE3系での秋田新幹線こまちも運転されていたことから、1年間だけ「スーパーこまち」として運転、翌2014年のダイヤ改正時にE3系が引退したことから「こまち」に名称を戻しました。

E6系こまち
秋田駅に停車中のE6系秋田新幹線こまち


E6系こまち
E6系のグリーン車、車内の様子
 

E6系こまち
E6系グリーン車座席のコンセント。肘掛の下についています。
 

E6系こまち
E6系普通車指定席の座座席。黄色い色は稲穂をイメージしているようです。
 

E6系こまち

E6系普通車の座席下にもコンセントが。ただし、窓側の席と一番前、後ろの座席のみとなるようです。

E6系こまち

E6系普通車のデッキに通じるドア。ここにも稲穂が描かれています。

 

E6系の詳細はこちらのJR東日本の車両紹介ページをご覧ください。

秋田地区を走る・走った車両紹介 : comments(0) : - : 親子鉄マスター(父子旅):本田正博 :


鉄道コム


鉄道車両紹介E3系こまち

鉄道車両紹介E3系こまち

1997年の秋田新幹線開業から走り始めたE3系。当初は5両編成でしたが、その後6両に増えました。

2014年には全車秋田新幹線からは引退。

E3系こまち

秋田駅に向けてラストスパートのE3系こまち(四ツ小屋〜和田間)
E3系こまち

E3系のグリーン車、車内の様子

E3系こまち

E3系グリーン車座席。東京までの4時間もゆっくり過ごすことができます。

E3系こまち

E3系普通車指定席の座座席。

ちなみに個人的にですが、E3系で使われていた運転席の座席を所有しています。
E3系座席
たまに子どもたち向けの親子鉄イベントで運転士体験として使っていますよ。


なおE3系は秋田新幹線からは秋田車両センター所属なので今でも交番検査などで秋田車両センターに訪れることがあります。
E3系こまち

赤いE6系こまち主流の現在においてE3系がたまに見られるとホッとするのはなぜでしょうかね。
ただしこのE3系の元秋田新幹線車両たちはイベント列車に改造されたり、山形新幹線へ転用改造されたりで残る編成もすくなくなりました。
E3系こまち


秋田車両センターでは量産試作者のR1編成の鼻が現在でも展示されていて、一般公開時に飾られています。
E3系こまち

 

ちなみにE3系こまち時代には様々なラッピングをされたことがありました。こちらは東日本大震災後に貼られた桜ラッピング車両。
白い車両に薄いピンクの桜は綺麗だったものの、写真に収めるのは大変でした。
E3系こまち

ポケモン新幹線ラッピングも数年間ありましたね。各車両のドアの間にたくさんのポケモンたちがラッピングされていました。
E3系こまち

ライオンキングのラッピング車もありましたね。
この時期は秋田の観光ラッピングもありましたが残念ながら写真が残っていません。
E3系こまち

E3系の詳細はこちらのJR東日本の車両紹介ページをご覧ください。

秋田地区を走る・走った車両紹介 : comments(0) : - : 親子鉄マスター(父子旅):本田正博 :


鉄道コム


鉄道車両紹介E751系特急つがる

鉄道車両紹介E751系特急つがる

2011年から秋田と青森を結ぶ特急つがるとして運転を始めたのがE751系特急つがる。
2010年の東北新幹線新青森開業にあわせて、青森と秋田、大館を1日5往復結んでいましたが、485系電車の引退とともに大館始発の列車がなくなり、現在は秋田と青森を1日3往復。
そしてE751系も青森配置から秋田車両センターへ転属しました。

E751系は元々、盛岡から青森を結ぶ特急スーパーはつかりとして登場し、その後東北新幹線の延伸とともに走行区間が変わってきました。
(東北新幹線が八戸開業とともに特急つがるとして八戸と弘前を結ぶ特急に変更)
基本4両編成で、半室グリーン車、指定席、自由席車両があります。

E751系特急つがるこまち
秋田駅で出発を待つ特急つがる。E751系特急つがる。



こちらはE751系特急つがるの座席(普通車指定席も自由席も同様)。
E751系特急つがるこまち

秋田と青森を1日3往復にも関わらず満席になる事がほとんどなく、残念ながら空席が目立つ列車です。
元々秋田と青森で交流人口が少ないからなのでしょうね。

E751系特急つがるこまち

 

こちらは16席しかありませんがグリーン車の座席。さすがに座り心地は最高です。
ただ
1両の半分だけなので比較的早く埋まることが多い席です。予約するならお早めに。
特急つがるグリーン車

室内のライトも落ち着いた感じで普通車とはまた雰囲気が違いますね。静かな旅行を楽しむならグリーン車がいいかもしれません。
特急つがるグリーン車

秋田から青森まで何度も乗車している特急つがるですが、残念ながらこれといった有名な景色があるわけでもなく、また車内販売もないので買い物等は事前に済ませておいてくださいね。
比較的長距離ですし、途中長時間停車することもありませんので。

E751系特急つがるの詳細はJR東日本の車両紹介ページをご覧ください。

秋田地区を走る・走った車両紹介 : comments(0) : - : 親子鉄マスター(父子旅):本田正博 :


鉄道コム


鉄道車両紹介485系特急つがる

鉄道車両紹介485系特急つがる

2010年12月の東北新幹線青森開業時から秋田と青森を結ぶ特急つがるとして運転を始めたのが485系特急つがる。

それまでの特急かもしかに変わり青森車両センターの485系リニューアル編成(3000番台)4両で運転されることとなります。しかし2011年春以降はE751系が主に走り、485系は2016年春のダイヤ改正をもって引退、その後廃車となりました。

485系特急つがるこまち
東能代駅に入線する485系特急つがる。




485系特急つがるこまち

秋田駅に到着する485系特急つがる。


 

485系特急つがるこまち

485系特急つがるの普通車座席。この他に半室グリーン車もあります。


485系




485系

 

特急つがるの詳細はJR東日本の車両紹介ページをご覧ください。

秋田地区を走る・走った車両紹介 : comments(0) : - : 親子鉄マスター(父子旅):本田正博 :


鉄道コム