『父子でお出かけや旅をしよう!』
秋田市在住の親子鉄マスター。パパサークル代表。父子・親子で楽しめる鉄道スポット、乗り鉄情報など(主に秋田地区中心)
E3系やまびこ(元こまち)乗車記。これが最後かな?

E3系やまびこ

今年最初の乗り鉄のもう一つの目的はこちら、E3系で運転されているやまびこ45号に乗車すること。仙台にある新幹線総合車両センターに転属してもう秋田で見ることが無くなった、元秋田新幹線こまちのE3系R編成。今でも2編成が残っていて盛岡では見かけることができるんですね。東京発やまびこ45号と盛岡発やまびこ50号だったと思います。

東京口では新幹線なすのでも利用されているのでもう少し見られるかもしれませんね。

 

 

E3系やまびこ

そして恐らく今回が最後のE3系R編成の乗車になると思ったので40分のミニ旅行ではありますが、グリーン車に。お客さんは僕ともう1人、そしてもう1名の方は水沢江刺で降りたのでほぼ独占状態でした。帰省ラッシュの最終日に反対方面に乗る人なんていないですものね。

 

 

E3系やまびこ

たった40分ではありましたが懐かしい気持ちで乗車することができましたよ。そういえばこのグリーン車の座席が一時オークションに出ていたことがありました。あの時財政的に余裕があれば欲しかった・・・。今でもE3系の運転席は所有していますが、一般座席は持っていないので。こんなに座り心地のいい座席はないですよね。

 

 

E3系やまびこ

そして一ノ関から盛岡までの40分はあっという間に終了。盛岡駅に到着してからゆっくりと撮影タイム。ちなみにこの日はR22編成でしたね。盛岡駅には臨時列車も多くE3系だけを撮るのは難しかった。

 

 

E3系やまびこ

数年前までは当たり前だったこの連結風景。E3系は最高時速275km/hなのではやぶさ・こまちの320kmとは大きく異なりますものね。スピードの面でも他の面でもやはり古さは否めません。でもかわいいデザインが好きなんですよね。

 

 

E3系やまびこ

いつ検査期限が来るのかわかりませんが薄汚れてますね。白いボディもやや黒ずんで見えました。暗いからかな?そして扉の下にはしっかりとステップが出ています。これがミニ新幹線の証ですね!今のE6系にもついてますが、到着するときは両側がこのように降りるのかな?片側だけなのでしょうか?

 

E3系やまびこ

ここではE5系が3編成並んでいたので思わずパチリ。さすがに全部の先頭部分は一部しか映りませんでした・・・。鼻が長いですよね、E5系とE3系を比べると一目瞭然。ここだけで時代の違いを感じますね。

 

 

E3系やまびこ

最後に盛岡駅を出発する秋田新幹線こまち(E6系)との並び?を。と思ったらピントが甘かった・・・。この2編成を同時に撮れるのはもう盛岡駅くらいしかないのかもしれませんね、しかも青森側というか秋田側。このE3系もいつまで走るかわかりませんが、最後は秋田まで来てほしいなぁ。

 

【リンク】

E3系こまち
E3系こまち(引退)時代の紹介ページ

 

臨時快速ジパング平泉 乗車記(令和2年1月5日) (01/06)

親子鉄じゃない乗り鉄 : comments(0) : - : 親子鉄マスター:本田将大 :

鉄道コム

臨時快速ジパング平泉 乗車記(令和2年1月5日)

ジパング平泉

もはや数編成しかなくなった485系ジョイフルトレインの一つ、臨時快速ジパング平泉に乗車するため盛岡へ行ってきました。前回は2年前に長男と乗ったのですが、全国的に485系もどんどん減ってきている中、もう乗れるチャンスは少ないかもしれません。このジパング平泉も年に数回しか運転されなくなりました。今回は年末年始の最後の運転です。

 

 

ジパング平泉

ジパング平泉号に使われているジパング編成の特長は両先頭車にあります。入り口を入ってすぐにあるのがこの豪華絢爛なスペース。岩手県の観光PRビデオが流れ、平泉・中尊寺などの歴史なども解説、ここにいるだけで奥州藤原氏の歴史から現在の観光まで全てがわかるのかもしれません。僕は早々に車内へと移りましたが(^^;

 

 

ジパング平泉

先頭車両の座席はこんな感じで窓側に向いた木を基調にしたデザインのシートが並んでいます。グループ旅行などでは会話もはずむでしょうね、こういう車両は車窓のステキな海岸線などを走る車両にはよく見られますが、内陸を走る東北本線では珍しいかも。

この日は僕を含めて鉄道ファンの姿が多く観光客と思われる方々はほぼ中間車両である自由席に座ってました。

 

 

ジパング平泉

そしてここが自由席である2号車、3号車。シートのカバーは変わってますがほとんど485系の時とほぼかわらない原型に近い形を保っているのがこの中間車両。元々は青森車両センター所属で特急つがる、特急白鳥などに使用されていました。その頃はよく子どもたちを連れて青森や弘前にいってましたね、懐かしいな。

 

 

ジパング平泉

シートはもちろんですが、ここに座ると床下からのモーターの音や荷物棚など全てが懐かしい。485系そのままの雰囲気を出しているのはもはやこの2両だけかもしれませんね。乗るなら今のうちかと思いますよ。

 

 

ジパング平泉

このややくたびれた感じの色合いが素敵です(笑)自由席という札もいいですね。

 

ジパング平泉

中間車(左側)と先頭車(右側)の違いがこれでわかりますでしょうか?左が原型に近い485系、右は大幅に改造された485系。凸凹編成ですね。

 

ジパング平泉

一ノ関駅の新幹線ホームから留置中のジパング編成を撮ってみました。ここで見ると先頭車両と中間車の違いがよくわかりますね。元々先頭車は高崎で運転されていてたジョイフルトレインを再改造したもの、中間車は先ほど書いたように青森で特急として使われていたものです。それを組み合わせたからこんな感じになってますが、色合いが素敵なのでそれほど違和感は感じませんでしたよ。

ただせっかくだから中間車ももう少し手を加えればよかったのになぁと思ったものの。

 

 

ジパング平泉

平泉は世界文化遺産です、できればこんな素敵な列車に乗って平泉まで行ってもらいたいと思うもののとくにかく年に何度かしか運転されない。それがもったいないですね。でも老体に鞭を打って走ってるので仕方ないのか。いずれそれほど遠くない先にこの車両も引退することと思います。それまであと何回見ることができるかな?

 

 

【リンク】

 

ジパング平泉
ジパング平泉でいく中尊寺、平泉の旅(2018年)

親子鉄じゃない乗り鉄 : comments(0) : - : 親子鉄マスター:本田将大 :

鉄道コム

冬の花輪線全線走破の旅

花輪線のキハ110

秋田県内に住んでいながら実は全線乗ったことがなかった唯一の路線、それが花輪線でした。12月某日リフレッシュを兼ねて一人で大館から盛岡まで乗ってきました。平日の日中なのでそれほどお客さんもいないだろうと思っていたのですが思いのほか乗ってましたね。2両編成のキハ111+キハ112に大館始発時点では20人くらいいたのではないでしょうか?

 

 

花輪線のキハ110

大館駅のホームにはこんなものが。ハチ公神社だそう、初めて見ましたね。大館市は今、秋田犬、ハチ公で売り出し中なんです!ここれお参りすればなにかご利益があるのかも?ワンちゃん好きにはたまらないでしょうね。大館駅は駅の外にコンビニ(ニューデイズ)がありますが、待合室内ではありません、一度外に出ないといけないので買い物などをされる方はご注意を。

 

 

花輪線のキハ110

僕は先頭車(途中の十和田南まで)に乗車し、いざ出発!さすがキハ110系は力強い走りですね。実は幼い頃(多分小学校入学の前後?)に一度祖母とおばさんと十和田南までは乗車した覚えがあるのです。恐らく急行列車だったような。国鉄時代なのでキハ58ですかね。そのまま十和田南駅で国鉄バスに乗り換えて十和田湖へいった記憶がかすかにあります。

その時以来なんですよね、花輪線。

 

花輪線のキハ110

キハ110のシートはロングシートとボックスタイプ。ローカル線らしくゆっくり座ることができていいですね。ただもう少し背もたれに角度があってもいいかなと。直角すぎてちょっと辛かった、なにせ大館から盛岡まで3時間ですからね。僕の他にも鉄道ファンらしい方が2名ほどおりましたよ。

 

ちなみに10数年前はこんな感じでキハ58やキハ52が現役で走っていました。このころが懐かしい・・・。これらの車両も盛岡地区での活躍が終わったら海外へ譲渡されましたからね。

 

花輪線

大館市内はさほど雪もなかったのですが、先に進むにつれて雪も多くなり。

大館駅から乗車した方の半分くらいはここ大滝温泉で下車していきました。旅行というよりは日帰りの温泉入浴でしょうかね。

 

 

花輪線

こちらは鹿角花輪の先の景色ですが、どこだったかはっきり覚えていません(^^;

多分湯瀬温泉のあたりかと・・・。この辺は県境になるのでお客さんも減るものだと思っていたのですが鹿角花輪からも乗車する方もいましたし、結構利用客は多いなというのが印象。もちろんご高齢の方が多いのですが。

 

 

花輪線

何駅ですか??(笑)

 

このあと好摩からIGRいわて銀河鉄道線に入るのですが、好摩からは一気に乗客も増え盛岡圏だなという感じがしました。IGRいわて銀河鉄道の乗車率がいいのも納得ですね。列車は定刻に盛岡駅に入線し、たくさんのお客さんが改札へと流れていきました。

これにて3時間の花輪線全線走破は終了。ようやく秋田県内の鉄道路線全線に乗ることができました、この歳になって(^^;

 

盛岡駅の新幹線

盛岡市内を散策した後、帰りはこまちで一気に秋田へ。帰りの秋田新幹線内ではぐっすりと寝てしまい、日ごろの疲れも少しはとれたのかも?まだどこかにぶらっと乗り鉄しに行きたいものです。

 

親子鉄じゃない乗り鉄 : comments(0) : - : 親子鉄マスター:本田将大 :

鉄道コム

リゾートしらかみブナの旅(一人旅)

リゾートしらかみブナ編成

ふと思い立ってといいますか、仕事で疲れたので旅に出てみました(笑)

どこに行くあてもなかったのですが、リゾートしらかみ1号にブナ編成が走るということで久しぶりに乗ってみました!やっぱりハイブリッド車は静かでいいですね。

 

 

リゾートしらかみブナ編成

ブナ編成はデザインもいいですね。乗車口にはブナの木が描かれてるのと全体の緑の色合いが素敵です。

 

 

リゾートしらかみブナ編成

車内の座席はなかなか派手ですよね。ちなみにここは3号車、ORAHOカウンターという売店があるのが特徴です。リゾートしらかみブナ編成は車内販売でもワゴン販売がなく代わりにカウンターでいろいろなものが売られています。

僕はそのカウンターの目の前の席でしたのでいろいろなお客さんの買い物風景も見ることができました(^^;

人間観察もなかなか楽しいものです。

 

リゾートしらかみブナ編成

ここが僕が座った座席。1A席です。売店では日本酒の量り売りなんかもありました!

(僕は日本酒がダメなので飲みませんでしたが・・・)

 

リゾートしらかみブナ編成

代わりにというわけではないですが僕が好きなのは青森りんごを使ったシードル!これがおいしいんです!ついつい飲みすぎないように少量での販売?なのでしょうか。日本海を見ながらシードルを飲む、しかも天気もいい。贅沢な1日ですね。冬でもこんなに晴れるなんてめったにないのでラッキーでした。

 

リゾートしらかみブナ編成

深浦名物のマグロステーキも食べたいけど時間がないのでそのまま乗車。いつもならここで秋田行きのリゾートしらかみと交換するようですね。

 

 

リゾートしらかみブナ編成

先頭車にあるイベント&展望スペース。ここでは鰺ヶ沢から五所川原間で津軽三味線の生演奏が行われます。他のリゾートしらかみと比べても座席が違いますね。

 

日本海の車窓

この日は本当にいい天気!

五能線から望む日本海もとてもきれいに見られました。またこんな日にふらっと列車旅してみたいなぁ。

 

【親子鉄】リゾートしらかみ 

 

親子鉄じゃない乗り鉄 : comments(0) : - : 親子鉄マスター:本田将大 :

鉄道コム

きらきらうえつ最前列と特急いなほ豪華グリーン車の旅

きらきらうえつ

無計画の旅シリーズ(笑)。今年中の引退・廃車が決まっている485系「きらきらうえつ」。

もう何度か乗りたいなと思っていたのですが、たまたま最前列の席を取ることができたので鶴岡から酒田まで20分ですが堪能してきました。秋田からきらきらうえつを利用するのはやっぱり難しく(ダイヤ上、逆方向なので)、秋田延長運転の際にゆっくり乗ってみたいな。

 

きらきらうえつ

さすがに遠目で見るときらきらしてますが、近くでは汚れが目立ってきました。先に引退したNODOKAも最後のころはボロボロでしたもんね。

 

きらきらうえつ

ここが最前列の指定席。もちろんその前に展望室がありますが、この席でも十分に堪能できますね。

リゾートあすなろに続いて2回目です、最前列。たった20分しか乗れなかったのが残念・・・。

大人でももちろん子どもたちはここから見る風景は楽しいでしょうね。ずっと運転士さんの後ろから前を見ていた子もいましたよ。

 

特急いなほ

話が前後しますが、今回のもう一つの目的は特急いなほ豪華グリーン車に乗ること。

これまでも何度か乗ってますが、やっぱり1車両に18席しかないグリーン車は豪華ですよ。これにアテンダントさんがいればグランクラスみたいですよね。

 

 

特急いなほ

ちょっと暗いですが、一人用でもこんなに広いスペース。ゆっくり座ることもできるし、前後を気にすることはありません。

他の特急もこのグリーン車になれば乗車率が上がりそうな気がしますが。

 

特急いなほ

グリーン車にもちょっとした展望スペースがあります。なので座席に座ってるだけじゃなく、展望スペースから日本海や鳥海山などを見ることもできるんですよ。この空間は贅沢ですねぇ。

 

酒田駅

秋田を出発し、鶴岡で10分後に折り返し酒田へ。

さてここで時間が余ります。次の電車まで1時間50分あるのでお昼でも・・・と思ったけどなかなか見つからず、

 

八雲神社

まずは酒田駅近くの神社でお参りを。

その土地に来たらまずは挨拶と感謝、そしてこれからの良縁を祈願してご飯を食べに歩き出しました(でもなかなか見つからず1時間近くうろうろと・・・)。

 

酒田駅

酒田駅構内を見ると先ほど乗車してきたきらきらうえつ、特急いなほ(ハマナス色)そして陸羽西線のキハ110などなど。

秋田では見ることができない車両ばかりで新鮮な感じになりますね。

で、肝心のお昼ご飯は駅東口の三日月軒でワンタンメンを食べて、お腹を満たしました。酒田はラーメン屋さんが多いしはずれが少ないのでいいですね。

 

キハ110

帰りに見かけた羽越本線を走るキハ110。これも秋田では花輪線以外では見ることができませんね。

昨年夏に釜石線で快速はまゆりに乗って以来でした。羽越本線は電化されているのに普通列車の新潟方面行きはみな気動車なんですよね。不思議ですね。村上から直流になるから?

 

特急いなほ

この日の秋田方面行き特急いなほはすべてフルーツ牛乳色(とかってに呼んでますが)でした。

ハマナス(ピンク)か瑠璃色(青)だったらラッキーだったのになぁ。残念ですが、また機会に取っておきましょう。

でもこの乗車率の悪い酒田から秋田間の特急いなほ。いつまで走るんだろう?

特急つがるも然りですが・・・。

親子鉄じゃない乗り鉄 : comments(0) : - : 親子鉄マスター:本田将大 :

鉄道コム