『父子でお出かけや旅をしよう!』
秋田市在住の親子鉄マスター。パパサークル代表。父子・親子で楽しめる鉄道スポット、乗り鉄情報など(主に秋田地区中心)
Rしらかみ旧ブナ編成はあきたクルーズ号へリニューアル!?

旧ブナ編成

JR東日本秋田支社からプレスリリースのあった秋田港へ接岸する大型客船専用列車『あきたクルーズ号』。

どうやらこの種車にリゾートしらかみ旧ブナ編成が活用されるようですね。一時は譲渡先を探したり模索していたようですが、活用先がこんな身近にあったとは!

まずは廃車されなくて一安心なのと、秋田港から秋田県内各地へ新たな観光ルートが開発されるということでとても嬉しい発表でした。

 

あきたクルーズ号

こちらがプレスリリースにあるイメージ図。

リゾートしらかみ旧ブナ編成(キハ48系)の写真と比べてもわかると思いますが、そのままです(笑)

色合いが旧青池編成のクルージングトレインっぽくなりますね。内装まで手を入れるかどうかはわかりません。

(ただリゾートしらかみから引退する前に結構車内も手を入れて直しているのでそのままな気もしますが)

 

いずれにしても秋田での列車旅がまたひとつ楽しくなりそうですね。

ただ豪華客船のお客様専用列車だと思うので僕らは乗る機会がないと思いますが・・・。

 

 

【リンク】

リゾートしらかみの車内紹介

 

JR東日本秋田支社のプレスリリース(PDFファイル)

【親子鉄】秋田地区の鉄道(その他) : comments(0) : - : 親子鉄マスター(父子旅):本田正博 :


鉄道コム


キハ48系クルージングトレイン5月に復活!

クルージングトレイン

 

1月13日の臨時列車にてしばらく運転予定がなくなった秋田車両センター所属のキハ48系クルージングトレイン。

車両も古いのでもしかしたら世代交代かな?と思って記事を書いていましたが、先週金曜日に発表された春の臨時列車に掲載されていました!

みごと5月19日に復活です。それまでに検査に入るのでしょうかね。

 

 

クルージングトレイン

6月にも運用があるのでまだしばらく活躍は見られそう。

使い勝手のよいキハ48系ですから秋田支社としても残しておきたいですよね。

 

では旧ブナ編成の4両はどうするのでしょう???

なかなか次の引き取り手がみつからないんですね。2両でもいいので使ってくれるところが見つかればいいのに。

ボックスシート車両でレストランやカフェなど開いてもいいですよね。

窓が開かないし、消防設備などの小改造は必要でしょうけども。

 

【リンク】

JR東日本秋田支社の春の臨時列車プレスリリース(PDFファイル)

 

【親子鉄】秋田地区の鉄道(その他) : comments(1) : - : 親子鉄マスター(父子旅):本田正博 :


鉄道コム


キハ48クルージングトレインも世代交代?

クルージングトレイン

あくまでも推測ですので決定事項ではないことを先に書きますね。

秋田地区の団臨等で大活躍のキハ48クルージングトレイン。

元々は初代リゾートしらかみ青池編成の両先頭車両です。青池編成が現在のHB-E300系に変わった後も名称を変えて2両編成でいろいろと活躍していました。

 

前にも当ブログでも書きましたが先週末の臨時列車を最後にこの冬は運転が設定されていません。

例年はこれからの冬まつりに向けて活躍の場が増えるのに今年はリゾートあすなろが呼ばれたりと出番なし。

検査を受けるには車齢も古いのでもしかして車両交代かな?なんて思ってました。

 

旧ブナ編成

候補はこちら。リゾートしらかみ旧ブナ編成の4両。

こちらも青池編成同様にHB-E300系と入れ替わり現在は用途なし。でも引退する前の冬場にリニューアルしてるんですよね。なのでまだまだ使えると思っていました。

 

 

 

旧ブナ編成

昨年12月末頃は秋田総合車両センターの一番奥羽本線寄りに置かれていた旧ブナ編成がどうやら庫内に入った?ようで外から見えなくなりました。もしかしてクルージングトレイン供焚松痢砲里燭瓩離螢縫紂璽▲觝邏箸な?なんて思っている今日この頃です。

普通座席車が2両、ボックスシート車が2両もあるのでなかなか面白い使い方ができるのでは?

 

 

クルージングトレイン

一方の現行クルージングトレインは秋田車両センターの留置線に置かれっぱなし。

検査を受ける様子も今のところは見られません。さてさてこれら2つの元リゾートしらかみ車両はいったいどうなるのでしょう?

ちょっと気になりますね。

 

 

【車両紹介】

キハ48系クルージングトレイン

 

【親子鉄】秋田地区の鉄道(その他) : comments(0) : - : 親子鉄マスター(父子旅):本田正博 :


鉄道コム


キハ58Kenjiと由利高原鉄道の夢のコラボ企画

由利鉄とKenji

JR東日本秋田支社のページにはありませんが地元紙に広告として掲載されていました。

2018年2月17日に盛岡所属のキハ58Kenjiと由利高原鉄道のコラボレーション企画旅行が実施されるそうです!

この時期なのでしぼりたての新酒(日本酒)を酒蔵で味わい、そしてホテルで温泉&昼食というプランでしょう。

物凄い雪の多い地域ですが、内容が面白そうなので行く価値あるかも!?

 

 

 

というのも噂ですが盛岡のキハ58(唯一の生き残り)Kenjiの検査期限が近づいてるとか。

来年どれだけ走らせられるかわかりませんからね。

乗るなら今のうちかもしれません。

 

Kenji

一度でいいからハイデッカー展望室に乗ってみたいなぁ。

冬に秋田を走ることなど今までなかったと思うので子どもたちと温泉三昧ということで久々に乗り鉄してきたいと思います。

まだ切符を買っていないので売り切れになってないことを祈ります(^^;

 

皆さんもキハ58、キハ28の走りを感じに冬の秋田へいらしてみませんか?

 

【親子鉄】秋田地区の鉄道(その他) : comments(0) : - : 親子鉄マスター(父子旅):本田正博 :


鉄道コム


来春のダイヤ改正、秋田地区は地味〜な動きだけ(笑)

ダイヤ改正

毎年春にダイヤ改正するJR各社ですがその概要が先週金曜日に発表されました。

秋田支社管内のみに限定してピックアップしてみました。

まずは特急つがるが青森県内の「浪岡駅」にも停車。地元の人にとっては便利になるでしょうね。

ただ1日3往復だけなのでどれほど便利になるかはなんともわかりません。

ダイヤ改正

男鹿線で現在走っているACCUMこと蓄電池電車EV-E801系が1日3往復運転となるそうです。

でもこれって増備じゃないですよね??多分現在の1編成が3往復走るということでしょう。

1編成だけで大丈夫でしょうかね?気になります。これで男鹿線に興味を持って乗る人が増えるといいのですが。

ダイヤ改正

新潟駅の改良工事のため、新幹線への乗り換えが非常に便利になるそうです。

同じホームで乗り換えができるのはいいですね。

でも!!

よく見ると秋田〜新潟の特急いなほが1日3往復から2往復に減便されてませんか??

と思ったら新幹線接続する列車だけが書かれているようです。

そして北上線でも朝の一本がなくなるそうで、各地で減便が増えてきている気がします。

住む人も減ってるので仕方ないのでしょうか。これも東京一極集中の表れですね。

【親子鉄】秋田地区の鉄道(その他) : comments(1) : - : 親子鉄マスター(父子旅):本田正博 :


鉄道コム