『父子でお出かけや旅をしよう!』
秋田市在住の親子鉄マスター。パパサークル代表。父子・親子で楽しめる鉄道スポット、乗り鉄情報など(主に秋田地区中心)
あきたクルーズ号運行初日ウォッチング

あきたクルーズ号

4月18日、秋田地区に新しい?クルーズ列車が誕生しました。

旧リゾートしらかみブナ編成をリニューアルした『あきたクルーズ号』。基本的には秋田港に来る大型クルーズ客船のお客さまを秋田駅、もしくは秋田県内各地へ輸送する団体専用列車なので、一般の方の乗車は今のところできないそうです。

昨日は3往復(実際には秋田港発が午前中、秋田駅発が午後なので6往復くらい?)しました。

 

お昼頃までは晴れていましたが、午後からは雨になりました。

 

秋田港駅

新設された秋田港駅のプラットフォームは4両編成用、しかも屋根がないので雨だと大変だなぁと思っていたのですが・・・・、初日から雨。でも小雨だったのでまだよかったかもしれません。これからは屋根の設置もしてあげるといいのではと思いますね。

 

 

あきたクルーズ号

さて話は戻って秋田駅発17:14のあきたクルーズ号をアルヴェ屋上から狙ってみました。

秋田車両センターからの送り込みです。駅に着く前に一旦停止、そしてこの日は4番線へ。

 

 

あきたクルーズ号

真横のデザインはこちら。車内を見る限りリゾートしらかみブナ編成時代と変わりないようですね。

でも男鹿線のキハ40に比べると格段の差があります。なのでお客さんも喜んでくれることでしょう!

 

 

あきたクルーズ号

秋田新幹線こまちとのツーショット。

残念ながら進む方角が違うのでこの2列車が同時出発することはほとんどないと思います。

(でも五能線や男鹿線、奥羽本線に入線する計画もあるようなのでそれはそれで楽しみですね)

 

 

あきたクルーズ号

秋田駅を出発したところを撮ってみました・・・、がブレブレ。

暗くなって雨も降ってきたのにシャッタースピードを変えてませんでした・・・。

 

 

 

あきたクルーズ号

こちらは秋田港駅(土崎〜秋田港)から土崎駅に入線してくる様子を撮ったもの。

土崎駅にて。

 

 

あきたクルーズ号

土崎駅にて上からも撮ってみました。さすがに塗りなおしたばかりなのでまだまだ綺麗!

白ベースなので今後汚れが目立たなければいいですね。

 

 

 

あきたクルーズ号

次の秋田駅発秋田港駅行きのために18時前に土崎を出発、秋田駅方面へ向かいました。

(この時は土崎に停車しましたが、ドア扱いはないようなので実際の運転でも同じでしょう)

 

まずまずの船出を飾ったあきたクルーズ号。

今年は全部で12回〜14回ほど出番があるようなのでこれからもたくさんのお客さんに喜んでもらえるよう秋田県民一同おもてなしの心で対応したいですね。

 

【親子鉄】秋田地区の鉄道(その他) : comments(0) : - : 親子鉄マスター(父子旅):本田正博 :


鉄道コム


あきたクルーズ号本日より運転開始!

あきたクルーズ号

いよいよ本日4月18により旧リゾートしらかみブナ編成をリニューアルした『あきたクルーズ号』が運転されます。

これは秋田港にくる大型クルーズ船のお客さまの秋田県内各地への移動をスムーズにしようと昨年よりJRも試験を行っていたもので、今年は計12回運転されるそうです。

それに抜擢された車両が旧リゾートしらかみブナ編成。男鹿線用のキハじゃなくてよかった(^^♪

 

 

あきたクルーズ号 4月20日  4月21日  4月22日

ヘッドマークも変わりましたね。

こちらは昨日17日の秋田車両センターでの写真です。結局本番まで秋田港駅までの試運転はしなかったのでしょうか?

(先日男鹿線のキハ40形でハンドル訓練はしていたようですが)

 

昨日の秋田魁新報に掲載されていました。この中の秋田港に入港するクルーズ客船の際に運転されるものと思われます。

専用列車なので一般客は乗れないと思いますが、機会があれば別の列車として運転する時にでも乗ってみたいものですね。

いずれにしても今日は午後から雨の予報。

 

屋根のないホームでお客さまたちが濡れなければいいのですが・・・。

 

 

【親子鉄】秋田地区の鉄道(その他) : comments(2) : - : 親子鉄マスター(父子旅):本田正博 :


鉄道コム


【親子鉄】蓄電池電車でミニ旅行?新旧男鹿線を体験

男鹿線キハ40

多分今年最初の親子鉄かな?21日のことですが長女を学校に迎えに行く前に少し時間ができたので塾が休みだった3番目と秋田〜追分までの往復旅行というたった40分ほどですがミニ旅行をしてきました。

特に目的はなかったんですが、男鹿線の新旧列車に乗れたのはラッキーだったかも。

 

 

男鹿線キハ40

まずはキハ40。平成28年の検査なので比較的新しいですね。男鹿線キハにもロングシートとボックスシートが混在していますが、やはり乗るならボックスシートがいいな。なんて思っていたら車内で偶然知り合いにも遭遇(^^)

どうしても普段車での移動がほとんどなので意識して乗らないと列車に乗る機会が少なくなってしまいます。

 

 

男鹿線キハ40

秋田地区のキハ40はシートもグレー。だからでしょうかね、なんとなく車内も暗い感じがするんです。

ちょうどディーゼルエンジンの真上に座っていたので音と感触がまたたまらない(僕にとっては)。

子どもは「凄い音がするね」「小坂の機関車みたい」なんて言ってました。原型エンジンだったらもっとすごい音だったんでしょうね。

 

 

追分駅

そして秋田から約20分。追分駅で下車。

よく見てみたらこの駅もリニューアルしていたんですね!ものすごいく綺麗になっていました。秋田地区の駅舎はどんどんリニューアルしていくなぁ。利用者にとっては駅が綺麗になる事は喜ばしいことでしょう。

半面国鉄時代からの駅舎がなくなる寂しさもありますが。

 

追分駅

こんな感じです。

前は駅名もよく読めなかったのに(^^;

 

 

蓄電池電車

近くのスーパーのフードコーナーで少し休憩したらまた駅にトンボ返り(本当はもう少し先にある卵やさんでシュークリームを買いたかった・・・)。30分もあれば余裕だと思ったのに。帰りに乗るのはこちら!

蓄電池電車のEV-E800系です。たった1編成しかないのに毎日3往復がんばってるこの電車。なかなかのお値段なので増産できないとか。

 

 

蓄電池電車

行きのキハ40とは違いとにかく音が静か。

子どもは蓄電中などを示すモニターやその仕組みが気になるようでいろいろと見ていました。男の子はやはり機械が気になりますよね。これも理科(再生エネルギー等)のいい勉強になると思います。

 

みなさんもよかったら蓄電池電車に親子で乗ってみて、そんな会話も楽しんでもらえると嬉しいですね。

 

【親子鉄】秋田地区の鉄道(その他) : comments(0) : - : 親子鉄マスター(父子旅):本田正博 :


鉄道コム


リニューアル直前の土崎駅の「駅そば屋」が火事に・・・。

駅そば屋

先日JR花輪線にある鹿角花輪駅のそば屋が3月末で閉店すると書きました。

そのこともあり24日に残り少なくなったJR土崎駅の駅そば屋に食べに行ってきました。

 

 

駅そば屋

実は土崎駅は待合室等内部をリニューアル工事中で、26日にリニューアルオープンする予定だったんです。

土崎駅の駅そばは立ち食いなので本当に国鉄時代からよくあった駅のそば屋さん。実は結構お客さんで賑わっているんですよ。

 

リニューアルオープンのプレスリリースはこちら(JR東日本秋田支社)

 

ところが!

 

火事

リニューアルオープン前日の午前5時頃に恐らくそば屋さんあたりから出火、駅の一部を焼く火事となりました。

朝から消防車がかけつけ周囲は騒然としたとか?また待合室を含め出火直後は電気も消え、列車の運休などもあったそうです(僕は仕事のためまったくわかりませんでしたが)。

 

結局リニューアルオープンは延期され、駅そばの営業は中止中。再開がいつになるのか、待合室等もまだ使えないのでいつから使えるのか。気になるところです。

【親子鉄】秋田地区の鉄道(その他) : comments(0) : - : 親子鉄マスター(父子旅):本田正博 :


鉄道コム


Rしらかみ旧ブナ編成はあきたクルーズ号へリニューアル!?

旧ブナ編成

JR東日本秋田支社からプレスリリースのあった秋田港へ接岸する大型客船専用列車『あきたクルーズ号』。

どうやらこの種車にリゾートしらかみ旧ブナ編成が活用されるようですね。一時は譲渡先を探したり模索していたようですが、活用先がこんな身近にあったとは!

まずは廃車されなくて一安心なのと、秋田港から秋田県内各地へ新たな観光ルートが開発されるということでとても嬉しい発表でした。

 

あきたクルーズ号

こちらがプレスリリースにあるイメージ図。

リゾートしらかみ旧ブナ編成(キハ48系)の写真と比べてもわかると思いますが、そのままです(笑)

色合いが旧青池編成のクルージングトレインっぽくなりますね。内装まで手を入れるかどうかはわかりません。

(ただリゾートしらかみから引退する前に結構車内も手を入れて直しているのでそのままな気もしますが)

 

いずれにしても秋田での列車旅がまたひとつ楽しくなりそうですね。

ただ豪華客船のお客様専用列車だと思うので僕らは乗る機会がないと思いますが・・・。

 

 

【リンク】

リゾートしらかみの車内紹介

 

JR東日本秋田支社のプレスリリース(PDFファイル)

【親子鉄】秋田地区の鉄道(その他) : comments(2) : - : 親子鉄マスター(父子旅):本田正博 :


鉄道コム