『父子でお出かけや旅をしよう!』
秋田市在住の親子鉄マスター。パパサークル代表。父子・親子で楽しめる鉄道スポット、乗り鉄情報など(主に秋田地区中心)
<< リゾートしらかみ橅&キハ40タラコ編成のミニ旅行 : main : 今朝の秋田車両センターは583系準備中 >>
本田正博が考える親子鉄とは

 親子鉄・父子旅の重要性

親子鉄。

小さい子どもたちは鉄道好きが多いですよね。
特に男の子はプラレールやきかんしゃトーマス、トミカなどなど。乗り物に興味を示す時期が必ずありますよね。
実はお父さんたちの中にも鉄道好き、小さい頃は鉄道が好きだったという人も多いでしょう。

プラレールあそび
↑↑↑写真は秋田県児童会館で行ったイク鉄・プラレールあそびの様子(イベントの様子はこちらのブログをご覧ください

男の子に限らず小さな女の子もプラレールなどで遊ぶ姿をよくみます。
そんな子どもたちとお父さんが一緒に遊び、一緒の時間を過ごす、これは父親ならではだと思います。
そんなイクメンパパや鉄子ママと子どもたちで鉄道を楽しむことを僕は親子鉄(それが乗り鉄なら父子旅)と定義します。

 

プラレール遊び
写真は小坂鉄道レールパークでのプラレール遊びの様子。
イベントの様子はこちらをご覧ください

小坂鉄道レールパークでのプラレール遊びは、完全自由型。
レールも列車も建物もすべて好きなようにつなげて自分で作るのが基本です。親子で作ってもよいし、子どもが一人で創造力を働かせて作ってもいい。
ただ親が一人で作って子どもに遊ばせるのだけはNG。それでは子どもの創造力、知らないこと協力をして何かを作るというコミュニケーションがうまれないから。
プラレール遊びもりっぱな遊び。そして遊びは生きるための様々な知恵を授けてくれます。だから僕はあえてレイアウトを作らないで子どもの好きなように遊んでもらう形をとっています。

プラレールを投げてもいい。壊れたら次に壊さないように気を付けるようになります。喧嘩をしたら次から仲良く一緒に遊べばいい。
遊びを通じて学ぶことはたくさんあります。

 

 親子鉄を勧めたいきっかけ

うちの子どもたちがまだ1歳、3歳の時、秋田駅でとある列車の前で写真を撮りたく順番待ちをして並んでいました。
そして順番が来て子どもたちを列車の前に並ばせて写真を撮ろうとしたときに2つの出来事がありました。

 

 

「子どもなんかいいから早くどけよ」という後ろからの声(恐らく大人の声)
横入りして車体を取ろうとした中高生

 

 

自分たちさえよければいい、いわゆるマナー違反の人たちが鉄道ファンに増えてきたと感じました。
この時に親子で鉄道を楽しむをことが何が悪い?何がおかしい?
自分たちだって小さかったころに必ず通った道なのに、大人になったら自分のことしか考えない

これっておかしくないですか?
これが下記の親子鉄の目的につながり、この活動をはじめました。

 

 親子鉄・父子旅の目的

本田正博が考える親子鉄・父子旅とは、親子が共に鉄道という共通の趣味を楽しみ、家族みんながHappyな時間を過ごすこと。

僕が考えるパパとママのそれぞれのメリットを書きました。

最終的には子どもたちが鉄道を通じて喜んでくれる、そしてそれを見守るパパもママも喜びを感じ家族みんながハッピーになる!!

これが親子鉄の理想の姿だと思います。

 

 親子鉄のパパのメリット

check01子どもと鉄道を楽しめる

check01子どもと同じ時間同じ空間を共有することで絆がより深くなり思い出がたくさん作れる

check01パパが子育てへの興味関心を高めることができる

 

 

 親子鉄のママのメリット

check01パパと子どもたちで遊びに行くことにより、普段子育てや家事に忙しいママに自由な時間ができる

check01その自由時間を使って好きなことをやりストレス解消が図れる

check01子どもとパパがさらに仲良くなり、家庭がよりハッピーになる

 

 

 鉄道ファンを育てるメリット

check01小さなころから鉄道を通して様々なルール、マナーを覚えること。

check01同じ鉄道ファン同士と関わることで、人とのコミュニケーション能力を小さなころから育てる。

これも鉄道ファンとして大事なことだと思います。

 

 

パパがイクメンになるきっかけはいろいろありますが、親子鉄もイクメンパパを育てるための一つだと思います。

ちなみに親子鉄マスターの本田正博のプロフィールはこちらのページをご覧ください。

プラレールの事例


下は我が家の親子鉄・父子旅の写真です。

oyakotetsu.jpg
これは2012年にSLあきた路号に乗った時の写真。

 

oyakotetsu.jpg
これは2011年にSL函館大沼号に乗った時の写真。

 

oyakotetsu.jpg
2016年583系わくわくドリーム号に乗車する前の一コマ。これが最後の583系になりそう。

ちなみに私、本田正博はイクメンパパサークルの代表として活動をし、秋田県内外でイクメンに関する講演活動もしております。

活動内容についてはあきたイクメンネットワークのホームページをご覧ください。プロフィールは合同会社あきたこまちネットのページをご覧ください。

親子鉄・父子旅マニュアル : comments(0) : - : 親子鉄マスター(父子旅):本田正博 :


鉄道コム


コメント
コメントする