秋田市在住の4児のパパ。親子鉄マスター。NPO法人ファザーリング・ジャパン。秋田・青森・岩手などの親子で楽しめる鉄道スポット、乗り鉄情報など発信中。親子鉄を広めて『家族みんなを幸せに』が活動の目標
<< 鉄道車両紹介キハ48系クルージングトレイン : main : 鉄道車両紹介24系寝台特急鳥海 >>
鉄道車両紹介701系電車

鉄道車両紹介701系電車

秋田地区の客車列車の電車化を目指して1993年から製造されたのがこの701系電車。秋田地区では0番台、100番台が在来線用、5000番台が改軌された田沢湖線用として活躍しています。
一部車両は地元である土崎工場(現在の秋田総合車両センター)で製造、奥羽本線は青森から新庄まで、羽越本線は秋田から酒田まで運転されています。ワンマン運転対応で、乗車の際は整理券を取り、後者の際に一番前の運賃箱に料金を入れる個所もあります。

701系電車

701系基本番台の秋田地区色車。羽後飯塚付近にて。
リゾートしらかみ

標準軌(田沢湖線)用の5000番台。前面とカラーリングが若干異なります。四ツ小屋付近にて。

秋田車両センターに所属しているため、秋田から大曲までは新幹線の線路を回送されることがあります。

リゾートしらかみ

こちらは登場時のカラーリング。土崎付近にて。

 

701系電車の詳細はJR東日本の車両紹介をご覧ください。

ウィキペディアの701系電車のページはこちらへ。

秋田地区を走る・走った車両紹介 : comments(0) : - : 親子鉄マスター(父子旅):本田正博 :


鉄道コム


コメント
コメントする