『父子でお出かけや旅をしよう!』
秋田市在住の親子鉄マスター。パパサークル代表。父子・親子で楽しめる鉄道スポット、乗り鉄情報など(主に秋田地区中心)
<< 鉄道車両紹介24系寝台特急日本海 : main : 鉄道車両紹介485系特急いなほ >>
鉄道車両紹介24系寝台特急あけぼの

鉄道車両紹介24系寝台特急あけぼの

今ではいわゆるブルートレインという純粋な寝台特急としては「北斗星」と「あけぼの」が最後となり、その北斗星も2015年8月を最後に運転を終了しました。

 

青森と上野を羽越線経由で結んでいる寝台特急あけぼの。山形新幹線や秋田新幹線開通前は奥羽線経由で運転されていました。

秋田地区から首都圏への移動に便利ということで比較的高い乗車率を誇っていました。
2014年3月のダイヤ改正で臨時列車に(編成はB個室1両、B寝台5両の6両編成)。最後はB寝台のみの6両編成でした。

24系寝台特急あけぼのこまち
上野駅で出発を待つ24系寝台特急あけぼの寝台特急あけぼの。上野から長岡まではEF64機関車が牽引します。(羽越本線経由になってから上野駅までEF81で運転された時期もありました)

 

24系寝台特急あけぼのこまち
24系寝台特急あけぼのの最後部。上野駅ではこの車両の前で記念撮影をする観光客がたくさんいました。

 

24系寝台特急あけぼのこまち
A個室シングルデラックスの通路。臨時化後は連結されませんでした。

 

24系寝台特急あけぼのこまち
A個室寝台シングルデラックスの室内。補助ベッドを使えば2名での利用も可能です。また2室を繋げて利用することもできるようです。

 

24系寝台特急あけぼのこまち
B個室寝台ソロの上段の車窓。シャッタースピードを遅くして流してみました。赤羽付近にて。
綺麗ですよね。

あけぼの
2014年-2015年の年末年始運転を最後に廃止。写真は2014年12月31日のもの。

 

ブルートレインあけぼの
なお一部車両は秋田県小坂町にある小坂鉄道レールパークに移設され「ブルートレインあけぼの」として宿泊施設に利用されています(写真上)
ブルートレインあけぼの宿泊体験(小坂町)(2016年)
【親子鉄おススメ】小坂鉄道レールパーク

 

2014年1月14日、秋田駅に進入する寝台特急あけぼのの様子

 

【リンク】

小坂鉄道レールパーク

秋田地区を走る・走った車両紹介 : comments(0) : - : 親子鉄マスター(父子旅):本田正博 :


鉄道コム


コメント
コメントする