秋田市在住の4児のパパ。親子鉄マスター。NPO法人ファザーリング・ジャパン。秋田・青森・岩手などの親子で楽しめる鉄道スポット、乗り鉄情報など発信中。親子鉄を広めて『家族みんなを幸せに』が活動の目標
<< 12日は小坂鉄道のラッセル車見学ができます : main : 485系R編成(新潟車)さよならツアー3/18と3/19 >>
小坂鉄道レールパークでのラッセル体験レポート

小坂鉄道ラッセル体験

2017年2回目のラッセル車運転体験が小坂鉄道レールパークで行われました!

絶好のラッセル日和(前日まで雪のなかった秋田県北部ですが、未明に重たい雪がずっしり積もりあちこちで除雪風景が見られました)にも恵まれ?無事にラッセル車運転体験ができました。

 

 

小坂鉄道ラッセル体験

まずは運転体験をする3名の運転士さんに操作説明を。

小坂鉄道保存会の千葉会長が正面から旗でウィングの状態を指示、確認を行いいざ雪の中へ!

 

 

小坂鉄道ラッセル体験

の前に記念撮影タイム。

初めての方は緊張していたようでこの時点では笑顔もあまりなく(ベテランの方は余裕でした)、雪もそれほど降っていなくて順調にスタートの予感。

 

 

小坂鉄道ラッセル体験

ちなみにこのラッセル車は国鉄のキ100形貨車(除雪車)。

小坂鉄道ではキ115とつけられました(新潟から来たので越後にちなんで115=エィチゴとしたとか。ややなまった感じで越後と言えばイチゴに聞こえます(笑))

自走はできないので後ろから機関車に押してもらうタイプ。

詳しくは下のリンクからWikipediaをご覧ください。

 

小坂鉄道ラッセル体験

車内に運転体験の方が3名、元運転士が1名、そしてテレビ取材がありカメラマンが1名の計5名が乗車。

旋回窓を操作したりいろいろしていたのは、車内の窓ガラスが曇っていたからのようです。

家に戻ってからテレビニュースで映像を見たら曇らないように窓を開けながら運転していましたね。

 

 

小坂鉄道ラッセル体験

舞台はこちら。旧小坂駅構内。現在の小坂鉄道レールパーク構内です。

奥から3本引き込み線があり、それぞれを1人ずつ体験します。

最後はホームに直接入ってくるので、その迫力を間近で見られるようですよ。

 

 

小坂鉄道ラッセル体験

遠くからDD13-556がキ115を押してやってきます。

真正面にいるのは小坂鉄道保存会の撮影班。たま〜にオーバーランすることもあるようなので安全なところから撮影していますよ。

機関車も雪で滑るのと除雪車にエアーを送りすぎるとブレーキの利きに違いが出てくるそうです。

 

動画で撮ってみましたのでその迫力をご覧ください!

 

 

小坂鉄道ラッセル体験

運転体験が終わって機関車も除雪車も無事に車庫へ。

 

次回は3月5日(日)に今シーズン最後のラッセル車運転体験です!

見学はできますのでぜひ間近でその迫力をご覧ください。

 

【リンク】

親子鉄おススメ!小坂鉄道レールパーク

 

キ100形貨車(Wikipedia)

 

【親子鉄】小坂鉄道レールパーク : comments(0) : - : 親子鉄マスター(父子旅):本田正博 :


鉄道コム


コメント
コメントする