秋田市在住の4児のパパ。親子鉄マスター。NPO法人ファザーリング・ジャパン。秋田・青森・岩手などの親子で楽しめる鉄道スポット、乗り鉄情報など発信中。親子鉄を広めて『家族みんなを幸せに』が活動の目標
<< ラストラン前日の583系と引退が決まったE4系2階建て新幹線 : main : 583系ラストラン「さようなら583系」号乗車記その2 >>
583系ラストラン「さようなら583系」号乗車記その1

さようなら583系

形のあるものはいつか最後の時を迎えます。

583系国鉄色寝台列車も今日4月8日がラストランとなりました。知人に切符を手配いただいて乗車することができた『さようなら583系』号のラストラン(秋田から弘前までの)往復。

朝7時半前に秋田を出発し一路弘前を目指します(本日2往復します)。

 

 

さようなら583系

秋田駅に入ってきた583系のその重厚感たるや何とも言えないオーラを感じます。

何だろう、自分が一番好きな車両だからなのかもしれませんがまだまだ引退なんて歳じゃないと言ってるようにも思えました。

全般検査を通して安泰だと思った583系ですがやはり時代には勝てなかったのでしょう。

(他にも会社としての事情もあったのでしょうが)

僕らはただそれを見送る事しかできません。

 

 

さようなら583系

ちなみにヘッドマークは「ありがとう583系号」ですが列車名は「さようなら583系」。

秋田駅の表示も「さようなら583系」になっていました。

 

 

さようなら583系

運よく購入できたサボタイプの記念品。

これは一生の宝物ですね。

 

 

さようなら583系

ちなみに裏面はこんな感じ。

特急型寝台電車583系です。

 

そして最終運行と書いてあります。この時点でうるうるきてるのは歳のせいでしょうか。

 

 

 

さようなら583系

定刻の7時過ぎに秋田駅2番線に入線した583系。

いつも以上にゆっくりとそして汽笛をたくさん鳴らしながらの入線。

それは警告ではなく感謝の汽笛にしか聞こえません。

 

 

さようなら583系

最終運行は座席のみ。でも満席。

そして切符を購入できなかったたちもたくさんホームから沿線から見送ってくれました。

それだけたくさんの人に愛された583系だったんだなと改めて思いました。

それを思うだけでもまた涙が・・・。

 

 

さようなら583系

秋田支社名物のなまはげさんも朝から常務。

いろいろなおもてなしをしてくれました。

 

乗車記はまだまだ続きます。

【親子鉄】秋田地区の鉄道(その他) : comments(3) : - : 親子鉄マスター(父子旅):本田正博 :


鉄道コム


コメント
本当はこのイベントに行く予定だったのだが、予算が無いのとサロンカーなにわの和歌山運行に行く予定だったのだが、結局今日はいけませんでした。でもこちらでは東武634形スカイツリートレインの大宮発の最終運行を見てました。
| godzilla | 2017/04/08 11:18 PM |
乗車お疲れ様でした。初めまして。自分も乗ることを考えましたがスケジュール上どうしても乗ることが難しく、撮影だけすることにしまして北海道から遠征しました。北海道新幹線乗り継いで弘前入りしてこの列車みてきました。ブルートレインでないけど青とクリーム色がいいコントラストでした
| 梨田ヒカリ | 2017/04/12 4:39 PM |
godzillaさま、ヒカリさまコメントありがとうございました。

何とか友人に切符を取ってもらいましたが、正直最初は諦めていました。
でも最後に乗れて本当に良かったと思います。沿線で手を振っている人が多くてそれにも感動しましたね。

そして東武の634形も終了したのですね!登場したばかりだと思っていたのですが驚きました。サロンカーなにわもいつまで走ってくれるか気になりますね。
| 本田正博 | 2017/04/21 5:33 PM |
コメントする