『父子でお出かけや旅をしよう!』
秋田市在住の親子鉄マスター。パパサークル代表。父子・親子で楽しめる鉄道スポット、乗り鉄情報など(主に秋田地区中心)
<< 電車から蓄電池運転へ変身@追分駅 : main : 鉄道車両紹介EV-E801系電車 >>
【親子鉄おススメ】由利鉄こいのぼり列車

こいのぼり列車

5月5日こどもの日。今日までは全国的にも天気がよいそうで絶好の行楽日和になりました。我が家は由利高原鉄道の『こいのぼり列車(いつもの「まごころ列車」)』に友達家族と乗車して親子鉄してきました!

ちなみにまごころ列車は矢島駅9時56分発、羽後本荘駅折り返し10時46分発の1往復で、アテンダントさんが乗り込み周辺案内などのサービスをしてくれるんです。

 

実は初めて乗りました(^^;

 

こいのぼり列車

今回のスタートは矢島駅。

今までは羽後本荘駅に車を停めて(土日は駅周辺の道路に駐車可能)乗っていたのですが、矢島駅前にも広い駐車場があることがわかったので、こいのぼり列車に往復乗車することに。

 

しかも!この日はこどもの日ということもあり小学生以下は運賃無料!

なんとも太っ腹(^^;

改札前にはずらっと乗車するお客さんも並びほぼほぼ満員の状態で発車!

 

こいのぼり列車

こいのぼり列車の車内はこんな感じです。

羽後本荘までは車窓を楽しんだり、友達と話したり、アテンダントのえりさんとお話したりであっという間に到着。

 

 

こいのぼり列車

このエボルタラッピングになってからは初めて乗ったYR-2002。手すりなどところどころ以前の色が残っていて懐かしく思いましたね。後ろの(車体に描かれた)メンバーも揃って大勢で記念撮影!

顔がたくさん描かれた車体ってのも珍しいですね。

 

 

こいのぼり列車

羽後本荘から矢島までの帰りは「こいのぼり」の製作タイム。

最初にアテンダントのえりさんが作り方を説明してくれて、子どもたちにこいのぼりが配られます。

ちなみにこいのぼりはえりさんの手作りだとか!ものすごい数を作ってましたよ。

 

こいのぼり列車

子供たちも思い思いの色とデザインでこいのぼりを仕上げてゆきます。

できたら、持ち帰るか車内に飾ってもOKだとか。ただ今日までのイベントなので明日以降外されるようです。

(由利高原鉄道の車両すべてにこいのぼりが飾られてるようですよ)

 

 

こいのぼり列車

我が家の作品はこちら。

小学生になってだいぶ描き方もよくなってきましたね。こんなところでも成長を感じられますねぇ。

 

 

こいのぼり列車

ちなみにこの日のまごころ列車は2両編成で反対側は池田修三ラッピング車でした。

この車両(YR-2001)もゆりてつラッピング以来乗ってないのでまたよくよくみてみたいものですね。

 

 この日かかった料金

・フリーきっぷ(土日祝日利用可)・・・大人1枚1,100円

・駅で売っていたお菓子・・・400円

 

以上だけでした!

午前中で往復できるので、このあと鳥海山や周辺へ遊びに行くこともできますよ。おススメです。

 

 

 

【リンク】

由利高原鉄道おばこ号の旅【公式ホームページ】

 

由利高原鉄道アテンダントブログ【公式ブログ】

 

由利高原鉄道おばこ号でいく由利高原鉄道満喫の旅(2015年)

 

由利高原鉄道おばこ号でいく貸切バイキング列車の旅(2017年)

【親子鉄】第3セクター・私鉄 : comments(0) : - : 親子鉄マスター(父子旅):本田正博 :


鉄道コム


コメント
コメントする