『父子でお出かけや旅をしよう!』
秋田市在住の親子鉄マスター。パパサークル代表。父子・親子で楽しめる鉄道スポット、乗り鉄情報など(主に秋田地区中心)
<< 485系ジパング編成、秋田へ初見参! : main : 新しいポケモンウィズユートレインはピカチュウがメイン! >>
【親子鉄おススメ】500系TypeEVA エヴァンゲリオン新幹線を短時間で満喫!

500系TypeEVA
もう鉄道ファンだけじゃなく、エヴァンゲリオンファンだけでもなく広く知られるようになった山陽新幹線の500系TypeEVA。
毎日1往復博多と新大阪を走っています。しばらく検査で走っていませんでしたが2017年5月27日から復活!ということで早速初日に乗ってきました。

500系TypeEVA
エヴァンゲリオンとJR西日本のコラボ企画で来年2018年春までの限定企画となっています。乗るなら早めにどうぞ!ちなみに秋田に住んでる我が家は正直乗ることは諦めていました。
が、ここにきて岡山県の湯原温泉でちょっとした打合せがあったためそれに乗じて子どもと2人で乗車。僕も3番目の和くんもエヴァンゲリオンは数年前まで知らなかったもののDVDを借りてみてからハマりはじめ、いつか機会があれば乗りたいと思っていた時にこのチャンス!
チャンスは何度もありません、乗れる時に乗っておかないと!

500系TypeEVA
新大阪で出発を待つ間のワンショット。
博多発の500系TypeEVAは新大阪に11時14分に着き、折り返し11時29分発となります。その間は車内清掃があるため、車内に入れるのは出発の数分前。
なので本当は先頭車両で記念写真を撮りたいけど取れないんです。それには理由が。
というのも乗りたい車両は2号車の自由席車両。この車両だけがエヴァンゲリオン仕様になっているんだそうです(詳しくはページの下部をご覧ください。)
自由席だから並んでる必要があるので、記念写真は撮れない、何とももどかしい・・・。でも仕方ない・・・。

500系TypeEVA
博多からの500系TypeEVAが入線してきたところ。ホームはたくさんの人が写真を撮っているのでこんな一部しか撮れませんでしたが、俄然テンションは上がります。
やっぱりわくわくするっていいことですよね。親子の会話もさらに増えるってものです。ぜひ家族みんなで、できればお父さんとお子さんだけで親子鉄(父子旅)を楽しんでほしいと思います。
父親にしかできない話って必ずありますから。

 行程・ワンポイント


今回は新大阪から岡山まで500系TypeEVAに乗車、そこからレンタカーを借りて津山経由で湯原温泉へ。
岡山から湯原までは高速道路を使えは1時間20分ほど。そんなに遠くないので子どもたちもそんなに暇を持て余すことはないでしょう。
なお新幹線に乗ってる時間は約1時間。これもあっという間です。親子鉄の鉄則は子どもに飽きさせない時間帯で行程を考えることなのでベストバランスだったと思いますね。

ちなみに500系TypeEVAのワンポイント。乗るなら2号車が1番雰囲気もありおススメ。
そして新大阪から乗ってくるお客さんは比較的短距離で降りてゆきます。なので例えば姫路や岡山より以西から乗車をすればそんなに混んでないことがわかりました。事実1号車にあるエヴァンゲリオン初号機のコックピットですが、西に行けばいくほど体験予約数も減っていくようです。コックピット体験もしたいのであればできるだけ新大阪と広島の中間地点か広島と博多の中間地点を狙うといいと思いますよ。

 遊ぶところ・みどころ紹介

 かかった金額

この親子鉄旅でかかった費用内訳は次の通りです。

  • 切符代(こだま741号):新大阪〜岡山まで大人6,020円/小人3,000円(指定席料金)
  • 昼食と飲み物:1,500円くらい
  • その他レジャー:津山まなびの鉄道館入館料 大人300円/小人100円
  • レンタカー代:駅レンタカーで1日借りて約10,000円

 列車ガイド

500系TypeEVA
こちらが車内(2号車)の座席。一瞬にしてエヴァンゲリオンの世界観を体験できる車両になっています。3号車以降は一般の座席でところどころにNERV(ネルフ)シールが貼られてる程度です。
なので2号車には並んででも乗った方がよいかと。

そして1号車寄りの前から2列のカーテン?日よけには「碇指令(碇ゲンドウ)」と「AT FIELD」が描かれており、みな通りすがりに写真を撮ってきます。
ここに座るとゆっくりと落ち着いてはいられないかもしれませんね(^^;
僕らはたまたまその1つ後ろの席だったのでゆっくりと座っていることができました。

500系TypeEVA

こちらが碇指令とAT FIELDの日よけ。雰囲気ばっちりですね!

500系TypeEVA

このようなNERVのロゴマークもあちらこちらに。

500系TypeEVA

3列目以降の日よけはこんな感じで統一されているようです。
これも2号車だけなのかな?ほかの車両は確認していないのでわかりませんが。

500系TypeEVA

姫路も過ぎ空いてきたのでいざ1号車の展示室へ。
残念ながらコックピット体験は予約の時点で外れていたので見られないだろうなとこの時は諦めていました。

500系TypeEVA

展示室の中にはこのようなジオラマが。そこにはエヴァンゲリオン初号機の姿も。
そしてJR西日本らしく新幹線車両もたくさん。なかなか精巧に作られていますよ。

500系TypeEVA
その展示室には渚カオルくんが!
記念撮影コーナーになっていました。ちなみに車内放送の声を担当してるのも渚カオルくんです。
ファンには涙ものでしょうね。この奥が例のエヴァンゲリオン初号機のコックピットになっています。

500系TypeEVA
コックピットや500系新幹線の説明などの資料はもちろん、スタッフからパンフレットをもらってより詳しい世界観を楽しみ、

500系TypeEVA

エヴァンゲリオンのパイロットの紹介などなど。
ここまでくると凄い!
の一言ですね。

500系TypeEVA

たまたまコックピット体験をする方がいない区間だったようで特別に記念写真だけを撮らせてくれました。
(お願いしたわけではなくスタッフの方が中に入れてくれました)
まさにサプライズ!!これは僕だけじゃなく子どもも取っても喜んでくれました。

500系TypeEVA

岡山で降りる直前の一枚。
ここもこだわりを感じますね。たった1時間の500系TypeEVA体験でしたが、とっても濃い親子鉄ができたと思います。

やっぱり最後に『お父さん、楽しかったね!』この一言が最高に嬉しいですね。
ぜひ皆さんもお子さんと一緒に500系TypeEVAを楽しんでみてください。

 地図・アクセス方法

 関連記事など

  • 津山まなびの鉄道館で親子鉄してきました

 車両ガイドへのリンク

【親子鉄】東北以外のおススメ列車旅 : comments(0) : - : 親子鉄マスター(父子旅):本田正博 :


鉄道コム


コメント
コメントする