『父子でお出かけや旅をしよう!』
秋田市在住の親子鉄マスター。パパサークル代表。父子・親子で楽しめる鉄道スポット、乗り鉄情報など(主に秋田地区中心)
<< 青い森鉄道『あさむし水族館トレイン』運転 : main : 青森発「風っこ津軽」号運転@今朝の秋田車両センター >>
きらきらしらかみリレー号乗車記(きらきらうえつ)

きらきらうえつ

秋田ディスティネーションキャンペーンの最後に走った快速きらきらうえつを使用した「きらきらしらかみリレー号」に秋田から象潟まで往復で乗車しましたのでその乗車記をアップします。

きらきらうえつ

毎週末の金曜〜日曜日までは新潟と酒田を結んでいる快速きらきらうえつ。ところが年に何回だけか秋田まで延長運転されます。

その名が『きらきらしらかみリレー号』。これは新潟からきらきらうえつで秋田までくると、青森行きの快速リゾートしらかみに接続できるから。

さすがに通して新潟から青森まで乗車するとなると9時間近くになるので体力的には厳しいかもしれませんが・・・(^^;

でもリゾート列車の乗り継ぎってのもいいですよね。

きらきらうえつ

きらきらうえつは485系の改造車。ただハイテッガーになっているので眺めは最高にいいですよ。

海側は日本海、山側は鳥海山などの緑の自然を見ることができるリゾート列車。

名前の通りきらきらしたカラフルな車体でわくわくしますね。

きらきらうえつ

一番のおススメは2号車の売店&飲食コーナー。

酒田から新潟までの営業となるので秋田〜酒田間はフリースペースです。

通常は売店で何か買ったら40分だけ座ることができるところ。和風の座席がいいですね。

きらきらうえつ

その2号車の端には沿線に見どころ紹介コーナーも。

初めて観光に使った方はここでいろいろ調べることができますよ。

映像でも楽しめます。

きらきらうえつ

両先頭車は展望室を兼ね備えた座席車両。シートは485系からの流用ですかね?

シートピッチはやや狭いものの座り心地は最高でした。

リゾートしらかみくらい広ければなお嬉しいんですけど、そこは仕方がないのかも。

きらきらうえつ

こちらが先頭車の展望スペース。

JR東日本のリゾート列車にはこの手の展望スペースが多いですね。ゆっくりと車窓を楽しむことができます。

特に指定席ではないのでできるだけ交代交代で座ってくださいね。

きらきらうえつ

その展望スペースからすれ違うDLあきた号を見ることができました。

でも草がぼうぼうで・・・。ま、記録程度に(^^;

今回は秋田から象潟までと短い距離だったので今度は子どもたちと酒田から新潟まで乗車してみたいものです。

その翌日はSLばんえつ物語かな〜。会津若松からの帰りはどうしようかなぁ、フルーティアとかに乗れたら嬉しいなぁ・・・、と妄想が膨らみますね(^^;

【リンク】

(親子鉄おススメ)快速きらきらうえつ号〜リゾート鳥海号(2010年)

【親子鉄】きらきらうえつ・特急いなほ : comments(0) : - : 親子鉄マスター(父子旅):本田正博 :

鉄道コム

コメント
コメントする