『父子でお出かけや旅をしよう!』
秋田市在住の親子鉄マスター。パパサークル代表。父子・親子で楽しめる鉄道スポット、乗り鉄情報など(主に秋田地区中心)
<< 新潟の485系NODOKAも1月で運転終了へ : main : 今日から東北四大祭りモードの秋田車両センター >>
秋田地区新型気動車GV-E400登場とキハ40系回顧

GX-E400系

ネタが古いのですが・・・、いよいよ全国を走っているキハ40系列も終わりが見えてきましたね。

JR東日本でもたくさん走っているキハ40系の後継車両が発表されました(約1か月ほど前に・・・)

秋田地区にも2020年度ころに投入されるそうです。

リゾートしらかみの実績もあるのでハイブリッド車が来るのかな?と思ってましたが、電気式ディーゼルカーですね。ディーゼルエンジンでモーターを回し駆動させるようです。詳しい仕様はプレスリリースをご覧になってください。

 

 

キハ40系

現在五能線を中心に運転されているタラコ編成。このように3両つながることは滅多にないのです。最後はこれがさよなら運転するのかな?秋田駅にて撮影。

 

 

キハ40系

そして今年の4月に蓄電池電車EV-E801系が投入された男鹿線。

今回対象区間には入っていませんが、蓄電池電車は物凄く高いという話なのでもしかしたら男鹿線にも新型のGV-E400系が走るかも?しれませんね。

 

 

キハ40

こちらは秋田地区ではないのですが八戸線のキハ40。

何が凄いっていまだに冷房がついてない車両があること。本当に原型に近いのでしょうね。

乗るお客さんは辛いかもしれませんが・・・・。

八戸線にはキハE130系が投入されるようです。

 

キハ40

いわゆる五能線カラーのキハ40。

エンジンなど各所がバージョンアップされて現在に至っていますが、でも見た目は国鉄車両。

ボックスシートに座れると旅をしてる気分になります。

 

あと数年でこれらも消えてしまうのでしょう。今のうちに五能線各駅停車の旅でもしてみようかなと思います。

そんな時間ないけど・・・。

 

【リンク】

JR東日本のプレスリリース

 

【親子鉄】秋田地区の鉄道(その他) : comments(0) : - : 親子鉄マスター(父子旅):本田正博 :


鉄道コム


コメント
コメントする