『父子でお出かけや旅をしよう!』
秋田市在住の親子鉄マスター。パパサークル代表。父子・親子で楽しめる鉄道スポット、乗り鉄情報など(主に秋田地区中心)
<< 583系3両は確認できた秋田総合車両センターウォッチング : main : 秋田港駅留置の赤いディーゼル機関車たちウォッチング >>
秋田車両センターの一般公開は10月14日鉄道の日

あきた鉄道ふれあいフェスタ 2017

あきた鉄道ふれあいフェスタ 2017in秋田車両センターこと、秋田車両センター(秋アキ)の一般公開は10月14日鉄道の日になることがわかりました。10月14日に被るのも久しぶりな気が。

そしてJR秋田支社がイベントにしっかり絡むようになったためか、秋田車両センターも秋田総合車両センター(ATもしくは土崎工場)の一般公開も「あきた鉄道ふれあいフェスタ」と呼ばれるようになりました。

 

さてさて気になる内容ですが、

 

 

あきた鉄道ふれあいフェスタ 2017

 

プレスリリースを見る限り例年と変わりありません(笑)

違うとすれば男鹿線に導入されたACCUMこと交流蓄電池電車EV-E801系も展示されるということでしょうかね。

あとはおそらくこれまでのものと同じかと思われます。

 

 

 

あきた鉄道ふれあいフェスタ 2017

ちなみに同日こんなツアーも設定されました。

秋田駅から秋田車両センターまで回送のE6系こまちに乗車し「あきた鉄道ふれあいフェスタ 2017」に参加、その後バスで大森山動物園とガラス工房での体験を行うというもの。これは初めての試みですね。

そして昼食は秋田の駅弁と言えば大館花善の「鶏めし」。

 

鶏めし

↑↑↑こちらは「あけぼの」パッケージなので今回の懸け紙とは異なると思います。

 

 

あきた鉄道ふれあいフェスタ 2017

男鹿線で毎日のように運用されてもう半年も経ってますからあまり新鮮味はありませんが・・・(^^;

でも他に展示する車両もないですから仕方ないでしょうかね。

ED75、EF81あたりにヘッドマークをつけて展示するのかな?それはそれで期待したいところですが。

 

【リンク】

JR東日本秋田支社のプレスリリース(PDFファイル)

 

【親子鉄】車両センター一般公開 : comments(0) : - : 親子鉄マスター(父子旅):本田正博 :


鉄道コム


コメント
コメントする