『父子でお出かけや旅をしよう!』
秋田市在住の親子鉄マスター。パパサークル代表。父子・親子で楽しめる鉄道スポット、乗り鉄情報など(主に秋田地区中心)
<< JR男鹿駅がリニューアル&移転するそうです : main : 秋田機関区があった頃(S60年ころ?)の写真 >>
485系の解体が加速してきた?秋田総合車両センター

485系解体中

この3連休初日だけ予定のあった我が家ですが、ミニバスの試合も模試も午前で終わったので久しぶりに日中の秋田総合車両センターウォッチング。そしたら作業をしている音が。

 

あれ?今日は祝日だから休みのはずでは?近づいてみると以前と比べて485系の姿が減った気がします。

どうやら一気に解体が進んでいる様子。今日も解体作業をしているようでした。

ここから見る限りではT18編成の残りが1両、新潟のR編成が4両、青森の3000番台が1両だけ見えました(他にもまだ残っているかもしれませんが)

 

 

485系解体中

この扉は青森車ですね。

この解体された部品の山が前よりも高くなったように思われます。

 

 

485系解体中

秋田総合車両センター一般公開の時に見えたキハ40(盛岡色赤鬼タイプ)と485系3000番台青森車。

新潟車が終わればこちらが解体でしょうか、それともその前かな?

 

 

415系

最近運び込まれた415系。土崎に来たのはこれで3編成目になると思います。

 

 

415系

こちらは多分2回目に来た415系。

よく見ると一部のガラス窓、車内、銘板などがなくなっていますね。まさに解体待ちといった感じが。

ちなみに右奥にはDE10らしき機関車の姿も。でもはっきりとは見えませんでした。

 

冬を前に一気に解体が進み始めたのか、それとも他に車両が来るから急いでいるのか。

真意はわかりませんが485系の姿もだいぶ少なくなってきました。

 

秋田総合車両センター : comments(0) : - : 親子鉄マスター(父子旅):本田正博 :


鉄道コム


コメント
コメントする