『父子でお出かけや旅をしよう!』
秋田市在住の親子鉄マスター。パパサークル代表。父子・親子で楽しめる鉄道スポット、乗り鉄情報など(主に秋田地区中心)
<< 2017年の親子鉄まとめ(親子で乗り鉄したところ) : main : なかなかハマナス色はやってこない?特急いなほ秋田運用 >>
2018年最初は2冬を越した秋田港の24系から

24系客車

2018年もわくわく親子鉄ブログをよろしくお願いします。

元日の更新は青森から海外譲渡のために送られてきた24系客車の現状から。
見た目はあれから2年経ちますが全く変わりありません。ただ置かれている場所が・・・。

 

 

24系客車

いわゆる税関の外、日本国内ではない場所でしかも港。真冬には日本海からの荒波と雪、北風をもろに受ける場所です。

劣化しないはずがありませんよね。近くで見ると確実に錆は増えていますし、もう2年も動いていないのだからエアコンなどの機器類ももう動かないのでは?と思います。

 

 

24系客車

現実的に海外譲渡は不可能に近いと思われるのでもう考えらえるのは2つ。

現地で解体、もしくは有志による保存活動のいずれか。小坂鉄道レールパークでも部品取りの予備車として欲しいところですよね。

 

 

秋田港駅

ちなみに秋田港駅にもJR貨物各地から送られてきたDE10が数両置かれたまま。

こちらもエンジンはかからないでしょうね。そして同じく送られる予定のコキ車。

コンテナは使えるかもしれませんがいずれこの冬も秋田で越すことは間違いないでしょう。

 

鉄道ニュース・写真(北海道・東北) : comments(3) : - : 親子鉄マスター(父子旅):本田正博 :


鉄道コム


コメント
私の予想では、国鉄 型 DE10形式ディ-ゼル機関車から数年後には、JR貨物型 HD300形式ハイブリット機関車に全て置き換えの予想です。また、国鉄型 コキ50000形式貨車も平成30年中に全車廃車予定です。
| 仁部 正紀 | 2018/01/02 7:58 PM |
仁部さま、コメントありがとうございます!

どうも今の流れを見ると近いうちにそうなりそうですよね。
コキ50000も廃車のようですね、先日秋田駅で見かけて検査日が随分前だったのを覚えています。
貨物もだいぶ様変わりしてきそうですね。
| 本田正博 | 2018/01/03 9:51 AM |
こんにちは。富山の鉄道ファンです。大浜埠頭には、一昨年(平成28年)の冬と春、急行「はまなす」にお別れに行った帰りに立ち寄ったのですが、それからも変わらずに放置されたままのようで…(;o;)
寝台特急「日本海」として富山を走っていた縁のある客車たち。何とか救い出したいものですが…。
| 急行立山 | 2018/01/26 10:19 AM |
コメントする