『父子でお出かけや旅をしよう!』
秋田市在住の親子鉄マスター。パパサークル代表。父子・親子で楽しめる鉄道スポット、乗り鉄情報など(主に秋田地区中心)
<< 3/3にE653系特急いなほ3色が勢ぞろい@村上駅 : main : 由利高原鉄道のクラウドファンディングは残り180万(54日) >>
今春のダイヤ改正はなかなか地味目・・・@秋田地区

EV-E800系

以前JR東日本から今春のダイヤ改正について概要が発表されたときにも書きましたが、秋田地区のダイヤ改正では正直目玉がないものとなりました。でもせっかくなので紹介します(^^;

 

1.蓄電池電車が1日2往復⇒3往復へ増便

 

ということです。とはいっても現在1編成の車両が増えるわけではなさそうなので検査などがあれば従来のキハ40系を使うことになるのでしょう。

EV-E800系

確かにインパクトのある色合い、そして蓄電池電車という次世代システムを搭載した新型車両なので、男鹿駅周辺のリニューアルにも合わせて売り込みたいところ。ただオールロングシートだけはいただけませんね。あと混雑時に増結できないのも残念なところ。

 

2.快速列車が上飯島、羽後飯塚にも停車!

 

701系

上位に各駅、快速列車のネタがくるところが寂しいですが・・・、秋田と大館を結ぶ701系の快速列車。このところ乗降客が増えてきた秋田市内の上飯島駅と潟上市の羽後飯塚駅にも停車することになりました。

朝夕の1本ずつですが便利にはなるでしょうね。

 

その他。

3.特急つがるが浪岡駅(青森県)にも停車

4.五能線に快速列車を1往復運転

5.特急いなほの接続時間が変りより便利に(でも東京に着く時間が大幅に遅くなる)

 

という感じです。

以前のように寝台特急あけぼのや日本海などの話題がないのも残念ですが、在来線の各駅ばかりが上位を占めるとやはり寂しい気がします。

秋田港駅までのクルーズ列車「あきたクルーズ号」も一般客も乗れる定期列車になればいいのになぁ。

豪華客船以外にも毎日秋田港には新日本海フェリーが就航していますからね。

 

【リンク】

JR東日本秋田支社のプレスリリース(PDFファイル)

 

鉄道ニュース・写真(北海道・東北) : comments(0) : - : 親子鉄マスター(父子旅):本田正博 :

鉄道コム

コメント
コメントする