『父子でお出かけや旅をしよう!』
秋田市在住の親子鉄マスター。パパサークル代表。父子・親子で楽しめる鉄道スポット、乗り鉄情報など(主に秋田地区中心)
<< 秋田市で子供向け鉄道模型運転会とプラレール遊びをやりました(3/17) : main : 富士急のトーマスランド号も2代目へ(初代は来年まで?) >>
【親子鉄】蓄電池電車でミニ旅行?新旧男鹿線を体験

男鹿線キハ40

多分今年最初の親子鉄かな?21日のことですが長女を学校に迎えに行く前に少し時間ができたので塾が休みだった3番目と秋田〜追分までの往復旅行というたった40分ほどですがミニ旅行をしてきました。

特に目的はなかったんですが、男鹿線の新旧列車に乗れたのはラッキーだったかも。

 

 

男鹿線キハ40

まずはキハ40。平成28年の検査なので比較的新しいですね。男鹿線キハにもロングシートとボックスシートが混在していますが、やはり乗るならボックスシートがいいな。なんて思っていたら車内で偶然知り合いにも遭遇(^^)

どうしても普段車での移動がほとんどなので意識して乗らないと列車に乗る機会が少なくなってしまいます。

 

 

男鹿線キハ40

秋田地区のキハ40はシートもグレー。だからでしょうかね、なんとなく車内も暗い感じがするんです。

ちょうどディーゼルエンジンの真上に座っていたので音と感触がまたたまらない(僕にとっては)。

子どもは「凄い音がするね」「小坂の機関車みたい」なんて言ってました。原型エンジンだったらもっとすごい音だったんでしょうね。

 

 

追分駅

そして秋田から約20分。追分駅で下車。

よく見てみたらこの駅もリニューアルしていたんですね!ものすごいく綺麗になっていました。秋田地区の駅舎はどんどんリニューアルしていくなぁ。利用者にとっては駅が綺麗になる事は喜ばしいことでしょう。

半面国鉄時代からの駅舎がなくなる寂しさもありますが。

 

追分駅

こんな感じです。

前は駅名もよく読めなかったのに(^^;

 

 

蓄電池電車

近くのスーパーのフードコーナーで少し休憩したらまた駅にトンボ返り(本当はもう少し先にある卵やさんでシュークリームを買いたかった・・・)。30分もあれば余裕だと思ったのに。帰りに乗るのはこちら!

蓄電池電車のEV-E800系です。たった1編成しかないのに毎日3往復がんばってるこの電車。なかなかのお値段なので増産できないとか。

 

 

蓄電池電車

行きのキハ40とは違いとにかく音が静か。

子どもは蓄電中などを示すモニターやその仕組みが気になるようでいろいろと見ていました。男の子はやはり機械が気になりますよね。これも理科(再生エネルギー等)のいい勉強になると思います。

 

みなさんもよかったら蓄電池電車に親子で乗ってみて、そんな会話も楽しんでもらえると嬉しいですね。

 

【親子鉄】秋田地区の鉄道(その他) : comments(0) : - : 親子鉄マスター(父子旅):本田正博 :

鉄道コム

コメント
コメントする