『父子でお出かけや旅をしよう!』
秋田市在住の親子鉄マスター。パパサークル代表。父子・親子で楽しめる鉄道スポット、乗り鉄情報など(主に秋田地区中心)
<< 満開の桜と特急いなほ(ハマナス色)を撮る : main : 秋田内陸線のお座敷車両がリニューアル >>
春の恒例!小坂鉄道レールパークへブルートレインあけぼの回送

小坂鉄道レールパーク

4月22日(日)快晴の下、小坂鉄道レールパークにて春の恒例行事『あけぼの』の山おろしが行われました。

これは冬期間「あけぼの」を雪から守るために旧小坂鉄道の線路を使って1号トンネルまで移動、そこで保管しています。

そのトンネルから小坂鉄道レールパークまで数キロを約20分ほどかけてゆっくりと回送する行事に全国からたくさんの撮り鉄の方が集まりました。

 

 

小坂鉄道レールパーク

今年も迎えに行ったのはDD13-556。山から降ろすときは下り坂なので単機でもいいそうですが、逆にトンネルに運ぶときは重連でないと登れないとか。昨シーズンからの冬は営業していなかったので塗装もだいぶ剥げてきた感じがしますね。

 

 

小坂鉄道レールパーク

僕が初の踏切警備ということで、初めてこの場所に来ました。

普段は人が通れるだけの遮断機もない踏切。

 

 

小坂鉄道レールパーク

手前からカーブが続き見晴らしがいいため撮り鉄の方々が大勢登場!

そして地元ケーブルテレビのカメラマンも。でも都会と違ってみなさん穏やかに、地元の方々とも仲良くやってました。これぞ鉄道ファンですね。お互いに場所を譲ったり、心が通じ合っていたように思います。

 

 

小坂鉄道レールパーク

無事にブルートレインあけぼの4両が小坂駅へ到着。

今シーズンの宿泊営業は28日から開始となります。そして!今年の小坂鉄道レールパークには新入りが!

 

由利高原鉄道でギネス記録を出したもう1両のエボルタ電池電車。

初代エボルタ電池電車と合わせて2両が小坂鉄道レールパークに保管されることになりましたよ。いつかお披露目になるのかな?今は車庫の一番奥に置かれてます。

 

 

小坂鉄道レールパーク

昨年の入場者数は前年よりも減りました。

小坂鉄道レールパークの営業もなかなか厳しい状況です。是非ブルートレインあけぼのへの宿泊と共に小坂鉄道レールパークへ、そして小坂町、秋田県へ遊びにいらしてください。

みなさん懐かしさに満足して帰られていきますので。小坂鉄道保存会によるおもてなしのある週末の宿泊がおススメですよ。

 

 

【リンク】

【親子鉄】小坂鉄道レールパーク

小坂鉄道レールパーク公式ホームページ

 

【親子鉄】小坂鉄道レールパーク : comments(1) : - : 親子鉄マスター(父子旅):本田正博 :


鉄道コム


コメント
こんばんわ。


今年初めて、小坂鉄道レールパークへ行きました(5/4 6:30頃)。これから小学校・中学校の修学旅行の季節がやってきましたが、何故か小坂町の「康楽館」が非常に人気が高く、小坂鉄道「レールパーク」への関心が無いのが、とても残念に思われます。
せめて一度だけ、小坂鉄道「レールパーク」に訪れたら幸いです。
| 仁部 正紀 | 2018/05/04 8:51 PM |
コメントする