『父子でお出かけや旅をしよう!』
秋田市在住の親子鉄マスター。パパサークル代表。父子・親子で楽しめる鉄道スポット、乗り鉄情報など(主に秋田地区中心)
<< 明日運転の旧型客車、スタンバイOK!とあきた大鉄道展の図録通販のお知らせ : main : 旧型客車『男鹿なまはげ号』を撮る@上飯島駅 >>
旧型客車『快速あきた犬号』乗車記2018/9/1

快速あきた犬号

2018年9月1日、秋田ディスティネーションキャンペーンのオープニングを飾る臨時列車として旧型客車を使用した『快速あきた犬号』(横手〜大館を1往復)『快速男鹿なまはげ号』(象潟と男鹿を1往復)が運転されました。高崎の旧型客車を使用した臨時列車はそれほど珍しくはないのですが、今回はその2列車が2か所で並走するというのがポイント。

 

切符発売前にえきねっとで事前予約したものの完売だったのですが、前夜に調べたらED75牽引のあきた犬号の窓側に1席だけ空きが!しかも秋田から乗って東能代までという中途半端さ(笑)

でもせっかくなので午前中久しぶりに一人旅をしてきました。ちなみに子どもを塾へ送って秋田駅に着いたらすでに列車が並走しながらホームへ。こんな感じで2本の旧型客車に秋田新幹線こまちも並んで秋田駅へ到着しました。

 

 

快速あきた犬号

秋田駅からはDE10けん引の男鹿なまはげ号が一足先に出発。それを追いかけてあきた犬号も出発。

いつかオハニ36に座りたいと思っているのですがいつもオハ47。今回もでした、残念。

 

快速あきた犬号

僕がホームに入ると男鹿なまはげ号が出発、これはやばいと思い急いで機関車だけ撮影して車内へ。

なかなかかわいいヘッドマークですね。

 

ちなみにサボもこんな感じでイラスト入り。こちらもかわいいですよね。

 

快速あきた犬号

やはりザギトワ選手へ贈呈されたマサルちゃん以降あきた犬押しは凄い秋田県。どこにいってもあきた犬ばかりといいたくなるほど増えてきた気がします。本場大館駅ではどんな感じだったのでしょうかね?

 

快速あきた犬号

さて車内です。この手の臨時列車の場合指定席券が売り切れていても席がガラガラだったりするものですが今回は結構埋まっていました。僕も1席だけ取れましたがたまたま知人の近くで少し話もできました。

 

 

快速あきた犬号

僕は現役時代の旧型客車に乗った記憶がほとんどないのですが(小学生の時には既に50系客車になっていたので)、でも醸し出す昭和レトロ感が何とも言えません。これだから何度も乗りたくなるんでしょうね。でもそろそろオハニに乗りたい・・・。

 

 

快速あきた犬号

今回の目玉の二つ目は先に出発した男鹿なまはげ号と後から出発したあきた犬号が追分駅から同時発車をするというもの。

この動画や写真を撮影した方はたくさんいたことでしょう。僕らは車内なのでそれは撮れませんでしたが、追分駅で並んだ時に撮ったのがこの写真。これは2編成に分けないと撮られない絵ですよね。秋田での運用ならではかも?

 

快速あきた犬号

東能代へはあっという間に到着。

旧型客車は手動ドアでしたが走行中に開けられるなど危険なのでロックがかかるように改造されています。そして各ドアに必ず職員が立って開閉をしてくれるんですね。これは人の配置から何まで大変だ。

1回運転するだけでもかなりの人を割かなければいけませんからJRさんの苦労もわかる気がします。

 

短い間でしたが昭和レトロを堪能できました。今度はSLと旧型客車で乗ってみたいなぁ。

 

【親子鉄】イベント情報など : comments(0) : - : 親子鉄マスター(父子旅):本田正博 :

鉄道コム

コメント
コメントする