『父子でお出かけや旅をしよう!』
秋田市在住の親子鉄マスター。パパサークル代表。父子・親子で楽しめる鉄道スポット、乗り鉄情報など(主に秋田地区中心)
<< 9/17 小坂鉄道レールパークでプラレール遊び開催! : main : かつての寝台特急あけぼの牽引機プラスおまけ >>
ブルートレインあけぼのB個室(上段)に泊まってきました

ブルートレインあけぼの

不定期ですが毎月開催している小坂鉄道レールパークでのプラレール遊びボランティアのために、久しぶりに子どもを連れてブルートレインあけぼのに宿泊してきました。今回はB個室の上段。下段はあったけど上段は初めてということでかなりテンションを上げていた3番目。結局のところ夜中まで一人でゲームができるから楽しいということが後から判明しました(笑)

 

ブルートレインあけぼの

上野と青森を結んでいたころは好んで利用していたB個室ソロの上段。本当に狭いんです。例えるとカプセルホテルのような感じ。また形がいびつなのでなかなか着替えなども大変。でもこの景色がいいんです!

なのでどうしてもここに乗りたくて東京へのいき帰りにはよく利用していましたね。

 

ブルートレインあけぼの

小坂鉄道レールパークにて動態保存されているブルートレインあけぼのは個室での飲食が厳禁のため、1号車のオハネフ(開放式B寝台車)にて飲食をしていただきます。子どもたちにとってはここの上段もまたいい遊び場ですね。寝台列車って秘密基地みたいで男の子にとっては最高の遊び場になるんですよ。これが3段式寝台ならなおさらでしょう。

 

 

ブルートレインあけぼの

そして今にして気が付いた栓抜き。しっかり当時のまま残っていました。B開放の各テーブルについてました。でも今の時代瓶の飲み物自体少ないですからね。今でも使ってる人はいるのかなぁ??

 

 

ブルートレインあけぼの

こんな小坂鉄道レールパークでのブルートレインあけぼのに宿泊すると駅構内だけですが、ディーゼル機関車牽引で1往復の体験運転を楽しめます。この間は1号車のオハネフに座っていただきますが、この赤い機関車が引いて走る姿はJR線を走っていたころを思い出させてくれますね。

 

 

ブルートレインあけぼの

宿泊前は16時半に出発(機関車との連結は16時20分)、そして明朝9時には出発していつもの停泊先に移動します。この2回の乗車を体験できるというわけ。今でも実際に動いているブルートレインはもうここだけですからとても貴重な体験だと思いますよ。

連結が完了したら出発!駅のベルが鳴りゆっくりとホームを離れます。

 

ブルートレインあけぼの

JR時代は電気機関車けん引でしたからちょっと様子は違いますがミニ版でもブルートレインはブルートレイン。なかなかのものです。

 

ブルートレインあけぼの

そしてホームへ戻ってきてそこから各個室へ移動し今夜の宿に変身。列車を停めるのも手旗ですよ!手旗信号の合図とともにぴったりと停車位置へ到着。

夜間は動いたりしないものの小坂鉄道保存会メンバーがいたら、21時前後と朝の7時前後に懐かしの車内放送がかかります。

 

ブルートレインあけぼの

構内にはこんな腕木式信号機も。こちらもちゃんと動くように復活しました!ただ使ってはいないのでイベントがある時だけ青信号などを見ることができます。直近のイベントだと10月7日〜8日の小坂鉄道まつりでしょうかね。

 

プラレール遊び

翌17日は朝から好天に恵まれ(ちょっとだけ小雨が降りましたが)無事にプラレール遊びを開催することもできました。多分今まで一番長く遊んでくれたお子さんがいて、4時間近くここで遊んでもらいました。やってる方としては嬉しいなぁ。

今度は親御さんたちがもっと飽きない工夫もしないとなと改めて感じたボランティアの一日でした。

 

次回は9月30日にプラレール遊びを開催しますよ!

 

【リンク】

小坂鉄道レールパーク公式ホームページ

 

ブルートレイン
ブルートレインあけぼのB個室に泊ってきました(小坂町)(2017年)

 


ブルートレインあけぼの宿泊体験(小坂町)(2016年)

 

小坂鉄道レールパーク
小坂鉄道レールパーク(2013年・2014年・2016年)

 

【親子鉄】小坂鉄道レールパーク : comments(0) : - : 親子鉄マスター(父子旅):本田正博 :

鉄道コム

コメント
コメントする