『父子でお出かけや旅をしよう!』
秋田市在住の親子鉄マスター。パパサークル代表。父子・親子で楽しめる鉄道スポット、乗り鉄情報など(主に秋田地区中心)
<< 想い出のキハ22たち : main : 最後のキハ58、盛岡のKenjiも廃車、土崎へ >>
秋田内陸線急行もりよしAN8901のラストラン乗車記

AN8901ラストラン

秋田内陸縦貫鉄道。JR角館駅とJR鷹巣駅を結ぶ約100劼梁荵哀札ター。毎年2億近い赤字を出しているローカル線です。

ここの全線開業から約30年、当時急行もりよし号として導入された急行用豪華車両のうち初号機であるAN8901号がこの9月23日・24日の運転をもってラストランとなりました。

 

AN8901ラストラン

ちなみにAN8901の由来ですが、秋田のA、内陸のNに1989年導入なので89が付けられてると聞いてます。そんなラストランに乗りたくて朝一の阿仁合発角館行き急行もりよし1号と往復で急行もりよし2号に乗車してお別れをしてきました。

 

AN8901ラストラン

秋田県内に住んでいながらなかなか乗る機会がない秋田内陸縦貫鉄道。2年に1度くらいしか乗れていませんが、その中でもこのAN89形が運転されるときは好んで乗ってました。その初号機が引退・・・。勿体ないと思いつつ当日阿仁合駅で出会った車両。

 

AN8901ラストラン

たしかに外観は錆も浮いてるしたまにしか運転されていないのでなかなか管理も大変なのでしょうね。ちなみに内装はこんな感じで第三セクター路線で急行料金をとるだけのグレードはあると思います。展望もできるし、転換シートだし、

 

AN8901ラストラン

なにせ車両の中央部分にはサロンスペースもあるんです!ここがまたいい!

 

AN8901ラストラン

こちらは数年前に子どもたちと乗りに来た真冬の急行もりよしですが、サロンスペースは我が家で独占してしまってました。それくらいのびのびできるんですよね。

 

AN8901ラストラン

車両の両端にはテレビ映像が流れるモニターも。カラオケでも備えていたのでしょうか?それとも紹介ビデオのようなものを流していたのかな?30年前なので確かに設備は古めかしいですが、でも走りはしっかりしたものでした。

比立内を過ぎてから角館まで飛ばすこと飛ばすこと!

 

秋田内陸線沿線

ちなみに沿線の風景です。当日は秋田内陸チャレンジマラソンも行われており沿線は角館から鷹巣へ向けて走るランナーがたくさん!そして沿線から手を振る人、車内からも手を振る人、人と人の繋がりが感じられてとても感動しました。

田舎ってこういう繋がりがあるからいいんですよね。

 

秋田内陸線沿線

秋田内陸線沿線の風景と言えば山、川、そして田んぼ。たまに民家と国道が見えるくらいでほぼほぼ自然の中を走り抜けます。

 

秋田内陸線沿線

そして沿線5か所ではこのような田んぼアートも。こちらは秋田犬と紙風船ですね。上桧木内地区というところの冬のお祭りです。

 

秋田内陸線沿線

そして田沢湖が近いところでは幻の魚(絶滅したと思われていた)クニマスとクニマスが発見された西湖がある山梨県の象徴富士山が。

 

秋田内陸線沿線

田んぼも稲刈り真っ最中。田んぼアートも今シーズンは間もなく見納めですね。

秋の連休の素晴らしい日にラストランに乗車することができて本当に楽しい2時間ちょっとでした。この車両は解体されるかもしれませんが、まだAN8904号が残っています。車検が切れるまで運転されると思うのでまた機会を見つけて子どもたちと乗りに来たいですね。

 

【リンク】

秋田内陸縦貫鉄道公式ホームページ

 

鉄道ニュース・写真(北海道・東北) : comments(0) : - : 親子鉄マスター(父子旅):本田正博 :

鉄道コム

コメント
コメントする