『父子でお出かけや旅をしよう!』
秋田市在住の親子鉄マスター。パパサークル代表。父子・親子で楽しめる鉄道スポット、乗り鉄情報など(主に秋田地区中心)
<< 15年前のキハ58たち。当時でも「快速なつかしの横黒号」 : main : YR2001鳥海おもちゃ列車「なかよしこよし」号 >>
国鉄色になったE653系が通電中@秋田総合車両センター

E653系特急色

そろそろ出場が噂されている国鉄特急色に塗り替えられて新潟から水戸(勝田)へ転属が発表されたE653系。何編成でしたっけ?を見に秋田総合車両センターにいってみました。するといましたいました、顔を少しだけ出して。

「いなほ」ヘッドマークも光っていて通電中ですね。本線試運転も近いのか、それとも終わって帰ってきたのかはわかりませんが。

 

 

E653系特急色

運転席に人が乗ってますね。いろいろと検査、確認をしているのでしょうか。フェンスにピントが当たってしまいはっきりしませんが・・・。

 

 

キハ58

ちなみに国鉄色といえば国鉄急行色(ほとんど同じようなものですが)のキハ58-75。こちらもいつもの場所で留置中。

こちらに場所が移動になってから顔を見ることができなくなり残念ですね。ただ遠くから見る限り錆はだんだんと酷くなってきているような・・・。貴重な車両だけに庫内で保管してもらいたいものですが、場所がないのでしょうね。

 

 

Kenji

廃車となったKenji(キハ59でしたっけ?)もそのままです。

変わらず置かれています。このまま冬を越すのかな?今朝の秋田は5℃でした。寒くなってきました。

 

 

秋田総合車両センター : comments(1) : - : 親子鉄マスター(父子旅):本田正博 :

鉄道コム

コメント
こんばんは。
E653系の国鉄色ですね、出場が近く、勝田に転属になり、イベントや臨時のひたち号で使うと思いますし、再来年2020年度に最後の富岡〜浪江間が復旧するので通しで上野〜仙台で走るのかな?と思います。キハ58―75で思い出しましたが、九州で最後まで残っていた、あそ1962が、今年3月末に小倉総合車両センターに回送されて、先月の工場まつりで展示されてましたが、かなり外板がぼろぼろになってました、エンジンが原型なので、キハ58―75のエンジンを原型戻すのなら、JR九州から貰えればいいのですが。キハ58は2エンジンなので。

ここに載ってました。
https://mobile.twitter.com/hashtag/JR小倉工場まつり?src=hashtag_click

Kenjiはキハ58改造のジョイフルトレインでしたよ。
元々は新潟のサロンエクスプレス・アルカディアで、1987年3月にキハ58を3両を改造して登場しましたが、1988年3月に上越線で火災事故を起こして、焼失を免れた2両を盛岡に転属し、もう1両のキハ58を改造して、1992年に再登場してます。アルカディアの火災を期に、1989年頃から東日本のキハ58系列のエンジンを新潟鐵工所・コマツ・カミンズのエンジンに交換してます。
秋田にエレガンスアッキーとこまち(のちのおばこ)、盛岡にはKenji以外にエーデルワイスもあり、これらはキハ58改造でしたね。
| 夢空間 はくつる | 2018/11/02 8:16 PM |
コメントする