『父子でお出かけや旅をしよう!』
秋田市在住の親子鉄マスター。パパサークル代表。父子・親子で楽しめる鉄道スポット、乗り鉄情報など(主に秋田地区中心)
<< 国鉄色になったE653系が通電中@秋田総合車両センター : main : E653国鉄色はそろそろ出場?入れ替わりにE257系入場? >>
YR2001鳥海おもちゃ列車「なかよしこよし」号

鉄道車両紹介YR2001鳥海おもちゃ列車「なかよしこよし」号

2018年7月、由利高原鉄道の沿線にある鮎川小学校をリニューアルしてオープンした『鳥海山木のおもちゃ美術館』の開館に合わせて登場したのがYR2001鳥海おもちゃ列車「なかよしこよし」号。由利高原鉄道線では基本毎日運転されています(検査日などを除く)。その車内がすごい!これまでの車両にはない期のおもちゃで遊ぶスペースや木をふんだんに使ったデザイン。子どもだけじゃなく大人も乗って楽しい車両だと思いますよ。

おもちゃ列車
こちらがYR2001の前面。とってもかわいらしいカラーリングですよね。この日はアテンダントさんが乗車するまごころ列車にての登場。乗車券の他特にいらないというのがいいですね。


おもちゃ美術館
車内の座席もいろんなバリエーションがあります。窓に向かっての木の座席、子どもたちが遊ぶスペースをみるロングシートやボックスシートなどなど。

おもちゃ列車

木のぬくもりが伝わるいいデザインですよね。ずっと乗っていたくなります。

おもちゃ美術館

こちらが子どもたちの遊ぶスペース。うちの子、小学生ですが普通に遊んでました(^^;

おもちゃ列車
車内には売店のようなスペースも。ここにも木のおもちゃなどがありましたよ。由利高原鉄道ではいろんなタイプの車両がありますが、こちらのおもちゃ列車も是非乗っていただきたいですね。

YR2001鳥海おもちゃ列車「なかよしこよし」号の詳細は由利高原鉄道公式ホームページをご覧ください。

おもちゃ列車で行く鳥海山木のおもちゃ美術館への旅の記事はこちら。

秋田地区を走る・走った車両紹介 : comments(0) : - : 親子鉄マスター(父子旅):本田正博 :

鉄道コム

コメント
コメントする