『父子でお出かけや旅をしよう!』
秋田市在住の親子鉄マスター。パパサークル代表。父子・親子で楽しめる鉄道スポット、乗り鉄情報など(主に秋田地区中心)
<< 6年前は583系わくわくドリーム号がいた秋田車両センター : main : キハ48元うみねこ編成解体中ほか@秋田総合車両センターウォッチング >>
蓄電池電車が秋田に来て2年が過ぎましたね

 

EV-E801系

2年前の冬、12月11日にACCUMこと蓄電池電車EV-E801系が秋田に甲種回送されてきました。2両編成の新時代の電車。

奥羽本線ではパンタグラフを上げて架線から電気をとって走り、非電化区間の男鹿線内はパンタグラフを下げて、車体下にある蓄電池電車から電源を供給し走ります。今ではすっかり男鹿線の顔になったのかな?

 

 

EV-E801系

甲種回送されたときの写真です。

ベースはJR九州の車両ですが、色が違うとイメージもだいぶ違いますね。

男鹿といえばなまはげ。赤と青の色はなまはげからきているのでしょう。

 

EV-E801系

初年度は1日2往復の固定運用で、検査時にはキハ40系が入っていました。現在は1日3往復。ただ2両の1編成しかないので検査時は代走にキハ40系が入っています。これ以上増えないのでしょうか?

かなり値段が高い電車だとは聞いているのでこれから先増えるのかどうかが気になるところですね。

 

 

EV-E801系

気になるのは全部ロングシートだということ。

観光で男鹿に行く方もいると思うのでセミクロスシートにしてほしかったなぁ。テーブルがあるといいなぁ、などなど。

静かで乗り心地はとってもいいんですけどね。増備するなら観光にも使える車両にしてもらいたいなと思いますね。

 

【リンク】

車両紹介EV-E801系(Accum)

 

鉄道ニュース・写真(北海道・東北) : comments(0) : - : 親子鉄マスター(父子旅):本田正博 :

鉄道コム

コメント
コメントする