『父子でお出かけや旅をしよう!』
秋田市在住の親子鉄マスター。パパサークル代表。父子・親子で楽しめる鉄道スポット、乗り鉄情報など(主に秋田地区中心)
<< 鉄道博物館の新館レポート : main : 東京近辺で見かけた車両(新旧あずさ他) >>
鉄道博物館シリーズ車両ステーションその2

鉄道博物館

大宮の鉄道博物館は本当に広いですね。昔の交通博物館や大阪にあった交通科学博物館にも行ったことがありますが、やはりその集大成だけあって展示量が違います。車両ステーションのその2は昭和、国鉄時代の車両がメイン。僕らの世代にはドンピシャですね!特にここの485系、455系、181系あたりは小さいころによく本で見て絵を描いていた記憶があります。

 

鉄道博物館

181系特急ときには乗ったことはありませんが、ほぼ485系と同じかなと思ってました。よくよく見てみたら今の座席と違って個別にリクライニングしないんですね。とってもシンプルな車内だなと感じたのですが。

 

 

鉄道博物館

東北地方(秋田県)に住む僕としてはここらの車両に一番なじみがあります。いいですね、交流系車両の赤。

やっぱり赤や朱色(タラコも含む)が多かったので色に落ち着きます。ピカピカの車両たちを見ていると(現役車両のくたびれた感じもいいんですが)心が躍る感じですね。一人でテンション上がってしまいました(笑)。

 

 

鉄道博物館

0系新幹線のカットモデルもあったんですね、200系新幹線の奥にあって気が付きませんでした。

0系はJR東海のリニア鉄道館でゆっくり見ましたが、これもあまり乗ったことがないんですよね。僕が横浜に住んでいたころは既に東海道では見かけなくなっていましたし。

 

 

鉄道博物館

寝台特急あさかぜのナハネフ22。これトップナンバーなんですね!

3段式寝台も久しぶりにみましたが、この車両のいいところは展望デッキのような空間があるところ。ここから車窓を眺められると思うと乗りたくなりますね。こういう寝台列車があるといいなぁ。トワイライトエクスプレス瑞風もデッキはありますが。

 

 

鉄道博物館

ここが展望できる先頭車のスペース。前がよ〜く見えます。実際には機関車が連結されるので前は見にくかったかもしれませんが、最後部ならいいでしょうね。今でいうリゾート列車によくある展望スペースのはしりなのかもしれません。

 

 

鉄道博物館

お召し機の予備機だったと思いますがEF58-89も鉄道博物館に。お召し機のEF58-61はまだ田端?に保管されているようですがもう動かすことはないのでしょうね。いずれは鉄道博物館入りなのでしょうか。昭和の終わりころはまだ現役だったのに。もう30年も経ち平成も終わろうとしてる、それだけ時が過ぎたんですね・・・、早いなぁ。

 

 

鉄道博物館

こちらは国鉄省エネ電車の走り101系。今月のRailMagazineでも特集されていたと思いますが、僕のイメージだとオレンジ色の中央線沿線で走っていたという写真しか記憶になく。その後全国各地で走っていたんですね。

 

 

鉄道博物館

さてさて鉄道博物館のお楽しみ、HOゲージのジオラマ。10年前のものと違ってリニューアルしたと聞いていましたが、まあまあ大きいこと!はっきり言うと遠くが見えません(笑)

遠くの山の方でキハ58らしい車両が走っていたのは見えましたがどうしても目線が手前に行ってしまいます。

中でも四季島と583系が並んで置かれていた箇所にくぎ付けでした!

 

 

鉄道博物館

さいたま新都心駅ならぬ鉄博新都心駅。いいですね、このちょっとしたしゃれが。

JRでも鉄道博物館駅ができればより便利なんでしょうけどね。この日もたくさんの車両が走っていたので全部を記録することはできませんでした。時間をかけてゆっくり見て回らないとなぁ。

 

 

鉄道博物館

そしてなぜかシンカリオンまで(^^;

 

さて鉄道博物館シリーズはまだ続きます。お楽しみに!

【親子鉄】鉄道博物館やおススメ公園 : comments(0) : - : 親子鉄マスター(父子旅):本田正博 :

鉄道コム

コメント
コメントする