『父子でお出かけや旅をしよう!』
秋田市在住の親子鉄マスター。パパサークル代表。父子・親子で楽しめる鉄道スポット、乗り鉄情報など(主に秋田地区中心)
<< EF60が秋田総合車両センターへ : main : 中古Nゲージ出品中【ヤフオクにて】 >>
EF60-19が秋田総合車両センターに留置されています

秋田総合車両センター

7月2日に秋田総合車両センターに入場?した高崎のEF60-19がどうなっているのか、昨日7月3日に確認してきました。いつもの秋田総合車両センターウォッチング、EF60編。と思ったら線路から丸見えのところに置かれていました。踏切からもはっきりわかりますね。ここにはDD51やクハネ583、EF81などが置かれていましたが別の場所に移動してEF60を置いたようです。

 

 

秋田総合車両センター

奥羽本線の線路からも見えることでしょう。普通検査入場であれば建屋に入るんですけどね、なぜここに置かれているのか?ちなみに周りの車両たちは廃車解体予定の八戸線キハ40、そして改造で余ったサハ209たちです。ここに置かれていることに危機感を覚えますね・・・。

 

 

秋田総合車両センター

そしてEF60が来る前に置かれていた車両たちは別の留置線へ。

左からEF81、DD51-897、クハネ583、キハ59系Kenjiと手前がサハ209だと思います。実は写真には写ってませんがKenjiの奥には同じく先日やってきたマニ50が置かれているようで。クハネを除き廃車となった車両が一気に集まった感じです。

このまま一般公開してくれてもいいですけどね。

 

それにしてもクハネ583ですが、綺麗になりましたね。いつ鉄道博物館へ運ばれてもおかしくないくらいです。

秋田総合車両センター : comments(0) : - : 親子鉄マスター(父子旅):本田正博 :

鉄道コム

コメント
コメントする