『父子でお出かけや旅をしよう!』
秋田市在住の親子鉄マスター。パパサークル代表。父子・親子で楽しめる鉄道スポット、乗り鉄情報など(主に秋田地区中心)
<< リゾートあすなろ使用の青森りんご酒シードル列車が運転(9/7) : main : 湯沢発カシオペア紀行がいた今朝の秋田車両センター >>
あきた鉄道フェア in 土崎2019 開催Vol.1【速報版】

秋田総合車両センター

本日8月17日に秋田総合車両センター一般公開「あきた鉄道フェアin土崎」が開催されています。ちょうど子供を塾に送ってきたので、その足で秋田駅から電車で行ってみました(いつもなら子供もいますし、自宅から近いので自転車か車なのですが子どもの塾が秋田駅近くなので)。

今回は展示されていた車両を中心に紹介します。まずはいろいろと場所が動いていたEF60-19。なんと「あさかぜ」のヘッドマークをつけて展示されていました。これは予告にもなかったので嬉しいですね。ただこのEF60も廃車かもしれないので見られるのは最期でしょうか・・・。

 

 

秋田総合車両センター

もう1両いました、予告にないものが。高崎から廃車回送されてきたDD51-897です。北斗星のヘッドマーク付き。これもなかなか粋な計らいですね。運転席に乗って警笛を鳴らすこともできるようでたくさんの親子連れが並んでいましたよ。

綺麗な姿ですよね、でも廃車なんですよねぇ。

 

 

秋田総合車両センター

こちらは予告にあった通り衣浦臨海鉄道のKE65(旧DE10)ディーゼル機関車。今回は秋田総合車両センターにて修繕ということで初の受注のようですね。説明書きに書かれていましたよ。今後は秋田で検査をするのかな?

 

秋田総合車両センター

なにげなくマニ50も置かれていました。これも高崎から廃車回送されてきたはず。今回も廃車の展示車両が多いですね。最後にこのようにイベントで展示されるというのも悪くはないのかなぁ。

 

 

秋田総合車両センター

定番、地元代表はキハ48あきたクルーズ号です。リゾートしらかみブナ編成時代から休憩室代わりに使われていましたね。夏の暑い時期の開催なのでこのような冷房車がないと見に来てる人も辛いです(^^;

 

 

秋田総合車両センター

最後におまけ。

たまたまかもしれません、長岡のEF81-141がEL整備室で整備作業中でした。

このあとシャッターが閉まったのでほんの一瞬だけですが見ることができましたね。

 

今日の鉄道フェアは15時までです。まだやってますよ〜。

 

 

【親子鉄】車両センター一般公開 : comments(0) : - : 親子鉄マスター(父子旅):本田正博 :

鉄道コム

コメント
コメントする