『父子でお出かけや旅をしよう!』
秋田市在住の親子鉄マスター。パパサークル代表。父子・親子で楽しめる鉄道スポット、乗り鉄情報など(主に秋田地区中心)
<< 今週の秋田車両センターは羽越線の運休のため2日連続で瑠璃色 : main : 久しぶりに新型GV-E400がいた秋田車両センター >>
秋田総合車両センターウォッチング(きらきらうえつ、E257系、キハ58、583系ほか)

秋田総合車両センター

先日廃車回送(自力走行)されてきた、きらきらうえつ。その後何度か置き場所が変わり現在はこちらへ。ちょうど門が開いていたのでよく見えました。しばらくはここに置かれるのでしょうかね。冬は終わったのでこの綺麗な姿は当面見られそうな気がします。

 

 

秋田総合車両センター

そんなきらきらうえつの奥にも廃車解体待ちの719系秋田色が。結局この冬はほぼ雪が降らなかったので走らせてもよかったような気がしますが、それも後の祭りですね。まさかこんな暖冬になるとは思ってもみませんでしたから。いろいろな意味でこの冬は想定外のことが起きている気がします。ちなみにその右奥にはクハネ583の姿も。DE10はなんでしょう??

 

秋田総合車両センター

置き場所が変わったキハ58−75。こちらも留置(放置)されて約10年がたちかなり錆びてます。それでも引っ張れば動くというのが凄いですね。客車替わりではないですがキハ40と組み合わせてどこかで動態保存してくれれば面白いのに。いすみ鉄道みたいにお客を呼べますよね。

 

秋田総合車両センター

また別の場所です。こちらは絶賛改造中のE257系。このあとモーターカーに引き出されて場所を移動していました。こちらの改造工事も終了が近いのでしょうかね?3月14日のダイヤ改正ではいよいよ特急踊り子として活躍が始まるE257系。最終的に全編成が揃うのはいつなんでしたっけ?

 

秋田総合車両センター

転用工事といえば恐らく武蔵野線への転用改造が終わったとみられるこちら。先日試運転もしていたようなので出場も近いでしょうかね。新天地での活躍に向けて改造されるものもあれば、活躍を終えて解体を待つ車両も。記録として残しておくのも重要ですが、できれば車両自体を残してほしいなぁ。古い車両であれば償却も終わってるでしょうし。

 

秋田総合車両センター : comments(0) : - : 親子鉄マスター:本田将大 :

鉄道コム

コメント
コメントする