『父子でお出かけや旅をしよう!』
秋田市在住の親子鉄マスター。パパサークル代表。父子・親子で楽しめる鉄道スポット、乗り鉄情報など(主に秋田地区中心)
<< 5月5日なので55が付く機関車を : main : JR東日本秋田支社のstayhome特集ページ >>
DD51が3両揃った秋田総合車両センターウォッチング5/3

秋田総合車両センター

ステイホーム期間ですが、銀行に寄ったついでに秋田総合車両センターウォッチング。5月3日の1枚です。DD51が一か所に集まってきました。一番手前が842号機、その後ろが恐らく897号機?そしてさらに後ろの方には888号機がいます。昔の秋田機関区を彷彿させる1枚になりましたね。897はエンジン等を抜かれたようですが、その姿でもいいのでどこかに静態保存してほしいなぁ。

 

秋田総合車両センター

そして踊り子号向けのE257系がまた1編成。NA-05編成と書いてありますね。こちらも出来上がってるようなので近く送られるのかな?ただE257系を使用した踊り子号自体が運休中なのでしばらくは待機でしょう。神奈川も含め早くコロナが収束してほしい。そのためには今が最後の我慢のしどころでしょうか。

 

秋田総合車両センター

クハネ583もまだ同じ場所に置いてありますね。そして幕が抜かれた元八戸線のキハ40?。柵が閉まっているので見えませんでした・・・。

 

 

秋田総合車両センター

引退したきらきらうえつもまだ現状維持。GWが明けたらこれらの解体作業も進むのでしょうか?先頭車両だけでも残ってくれるといいのになぁ。全国にある車両センターの一角を使って常時一般開放しても面白いと思いますけどね。

 

 

秋田総合車両センター

キハ58-75もそのままです。ポツンと1両。

 

秋田総合車両センターに置かれていて将来鉄道博物館に行くと噂されているのがクハネ583とキハ58。

現在解体されずに残っている希少な車両はEF60-19(ライトなどはありませんが)、きらきらうえつ、DD51、マニ50、Kenji、EF81(ライトはありませんが)など。これらを何とか保存できないものでしょうかね?

秋田総合車両センター : comments(0) : - : 親子鉄マスター:本田将大 :

鉄道コム

コメント
コメントする