『父子でお出かけや旅をしよう!』
秋田市在住の親子鉄マスター。パパサークル代表。父子・親子で楽しめる鉄道スポット、乗り鉄情報など(主に秋田地区中心)
<< 28日からの新幹線減便ダイヤは中止となったようですね : main : 3年前の5/27に乗車した500系新幹線TypeEva >>
DD51とかEF65とかの動きがあったらしい秋田総合車両センターウォッチング

秋田総合車両センター

全国に出されていた緊急事態宣言も解除され徐々に日常が取り戻されていくかと思いますが、用心をしながら新しい生活スタイルを見つけていきたいですね。さて5月最後になるかもしれない秋田総合車両センターウォッチング。先週から今週にかけてはEF65-501の試運転や武蔵野線転用工事、五能線のキハ40などいろいろと動きがあったようです。が、日中は見ることができないので週末の落ち着いた様子を。先日はここに高崎のDD51が3両いましたが、2両しかいなくなりました(廃車予定の2両)。そして八戸線のキハ40形も段々と数が減ってきてます、解体が進んでいるのでしょうか?

 

 

秋田総合車両センター

そして踊り子号転用のE257系のNA-03編成もいました。他にもう1編成いるんじゃないでしたかね?伊豆方面の特急踊り子号も一部が運休になっていますが、6月あたりから徐々に観光される方も戻ってくるのでしょうか。そうしたらこのE257系も仕切り直しでいよいよ本格的な運用が始まりますね。

 

秋田総合車両センター

一方廃車になった車両です。485系きらきらうえつ、209系かな?の中間車両。こちらはいずれも解体待ち。しばらくはここに置かれたままになりそうですが。

 

秋田総合車両センター

そして左はいよいよ車籍がなくなり廃車となった719系秋田色の4両。解体も時間の問題ですね。一方右に置かれているクハネ583-17はまだ籍があります(鉄道ファンにも載っていました)。綺麗になったのだから鉄道博物館へ移動させればいいのになと思うものの、鉄道博物館の車両入れ替え予定がなければせっかくだから秋田で展示してほしいなとも思ったりして。

E3系のR21かR22編成が引退するときはどちらかの車両も秋田で保存してほしいですね。

 

秋田総合車両センター

そんなウォッチングをしていたらJR貨物のDE10-3001が単機で秋田港駅から秋田貨物駅へ。ちょうどDD51の横を通過したのでパチリ。これが当たり前だったのに、当たり前の風景、光景も今を逃せば見られなくなるのが世の常ですね。

 

 

秋田総合車両センター

廃車となったマニ50は未だにそのまま。意外と綺麗ですよね。現役の機関車を使って小坂鉄道レールパークのように牽引させれば面白いと思うのですが、JRではできないでしょうね。広い構内のある第3セクターでそんな運転体験とかやってもらえないかなぁ?

 

 

秋田総合車両センター

iPhoneなので画質は悪いですが、719系を別の角度から。その奥にE257系と廃車予定のサハ209?が見えました。

工場での修理や改造はどんどん進んでいるようですが、廃車車両の解体はまだなのでしょうかね。見られるうちに写真に収めていきたいと思います。

 

 

秋田総合車両センター : comments(0) : - : 親子鉄マスター:本田将大 :

鉄道コム

コメント
コメントする